「差別」と「違い」の区別の練習が必要な世界

5年生の 娘と映画「証人」を見ました。映画を見ながら娘がどのように受け入れるだろうか?隠れ意味を理解 することができますか?を考えました。映画を見て尋ねた。

「映画どうだった?」

「楽しかった」

「お父さんも楽しかったです。涙もたよ。ところで何の話 だと思う?」

「…自閉症と編 であり」

娘は自閉症とは何なのかよく分からないとしている。 「体の不自由な人がいるように、心や精神が不自由な人もいるだろう。」 と言って私の後、私も正確に知りたい辞書を発見した。

   「「自分自身の異常に没入した状態を言い、これは他の人との関係を結んで維持することの難しさを有することを意味する」と記載されているのね。」

先に言った言葉に少し付け加えました。 「ところが、その不具合は、私たちが見たときにかかると考えであって、自閉症を持つ人々が本当に火やすいれるわからないことだ。」

<証人>は「自閉症」そして「偏見」を殺人事件との接続建て冗長に解放された映画です。 映画には、 自分の内面世界に閉じこもっ て、他の人々との関係結ん維持することに困難を経験する複数部類の人間が登場ですよね。 <証人> で「自閉症」は、一人だけ を意味ないことを示しています 。これにより、自分を振り返るように作成し、悟りをプレゼントします。

映画見る終始浮上13年前に、現実的な経験を娘に聞かくれました。短かったが、決して忘れられない大切な思い出であり、大きな学びの瞬間だったその時。大学院生時代偶然学校のトイレについた教師募集を見ました。一般の教師ではなく、障害児のための特別な教師でした。 「先生?魅惑のに?」という軽い心惹かれるに参加しました。一ヶ月間の教育を受けた後、西大門地域の発達障害の子供の週末学校1期の教師がなったんです。

週末の学校では、障害と貧困に 教育で疎外された子どもたちのための放課後のプログラムを運営している。意味のある大学生が集まって週末ごとに子供の学習指導をしてくれて、さらに共同体形成と社会性の向上をもました。忙しい時期だったが、子供たちと1学期間の授業、ゲーム、運動もして、MTもながら貴重な時間を見ました。

とても短い時間でした。しかし、その期間が色あせるほどゆったり悟りを獲得しました。ダウン症候群、言語障害、不快なボディ、自閉症の子供が毎週集まりました。この子供たちの兄弟姉妹だけでなく、一般的な子供たちも一緒に授業に参加しました。趣旨は、これらとは単に時間を間に合わせて遊んでくれるのがありませんでした。 非障害の子供たちと障害児童の自然な「調和」でした。子供たちが「違い」を「差別」として理解する偏見を持たないように言葉です。

一ヶ月間教師教育を受けた初めて会う見知らぬ子供を知るには、非常に不足し時間でした。やはり経験が師匠でした。非障害の子供たちとは異なるだろうと思っていた子供たちは、平凡で、優しく、愛でした。私たちと変わらない息子、娘であり、隣人であり、弟であり、友人であり、家族でした。子供と一緒に喜び、悲しみ、幸福という複合的な感情を共有した。 歳月が流れ 、子供育てる親の立場になったらなおさら深く 理解することができる感情でした。

子供を教える先生だったが、むしろ学んだより多かった。貧しい子供たちを助ける奉仕と思っていた自分が恥ずかしかった。子供たちにしてくれたことも、子供たちが私に教えてくれた方がはるかに多かったからです。偏見という薄っぺらな枠組みから抜け出し、世界をより多めに眺める機会を与えた子供たちと、これらの両親に本当に感謝の気持ちです。

流水のような時間ははかなく流れ子供は男の子、女の子にそして大人になるでしょう。その時「この子供たちが大人になる頃、私たちの社会は、これら温かく包容してくれるほど寛大に変わっている か? という疑問を抱きました。 13年という時間が流れ 、<証人>が封切りました。映画の中の弁護士の呼出しは、時代に向けた、社会に向けた、差別との違いを区別できないのこれら向かって絶叫でした。まだ私たちの社会は大きく変化しなかったことを明確に探ってくれた。

これらのこれらの家族が夢見る世界は地上の楽園がありません。平等な人間としてお互いの心を開いて、その心を共有し、お互いの存在を尊重してくれるような世界です。子供の頃から自分イラン他の人と共存する方法を事前に学習することはできないでしょうか?大人間違っていると思います。 他人を意識して、いつも口だけ繰り返してからね。それとともに彼らと違うよう 行動し、 そのような考えを強要作っています  幼い頃から礼儀作法を教えたように出て少し他の人の接し方を教えるのが困難ででしょうか?

結局、<証人>の主人公は、一般的な学校を離れ特殊学校に転校を行く。そして言います。 「みんなとても以上ですので良い。  健常者のように行動することを練習していなくていいから」 このセリフは、私たちに重いメッセージを伝えてくれます。

「生涯大事にしなければならないことは、相手と私の区別がないことを意味の無物我(無物我)の三文字だけだ。」正祖大王語録を盛り込んだイルドゥクロックに出てきた文です。

  私たちは、これらのためにできることは絶対に難しいことではありません。 「違い」を「差別」ではない「違い」に受け入れ、これらの存在をありのまま尊重してくれることです。励ましの一言、同情子供の目は必要ありません。 「偏見を持って見ていないこと」 これ で十分です。

映画「証人」に出てくる「自閉症児を法廷に立てるとゲーム終了」という言葉は、偏見のために私たちの目を圧縮して表示します。この子供たちは、小さな障害を持って世に出、我々はそれを持たない非障害者です。だから彼らと私たちは大きく変わりません。

偏見、障害者、非障害者の両方に真の 不必要な視線 です。

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.