時々誰かの一言が大きな負担に近づくことがあります。特に私を信じて、信頼してくれる人ならなおさら。

「お前らしくないなぜそう?」

初めてこの言葉を聞いた理由は、文書上に犯した間違いのためでした。スペルや数字来るなど単純なものでした。長表情や話し方で乾燥が感じられたほど非難するのがないということを知ることができていた。むしろはいそれだけわたしを信じるゴゲトか」という良い意味で受け入れた。

ところが、第二になるから戸惑いの顔がつけ上がりました。信じてくれる人の期待に及ばなかった自らの失望から言えよう。上司の意向は確実に知ることができなかったが、その瞬間、なぜか足りないような自分 に腹がわかった。   他の人がぷつんと吐き出す「君らしく」という言葉に簡単に揺れるのは、多分   他人所望 方向に 人生をこの 抗力 からかもしれません。

いくつかのチーム長は、従業員を呼ぶとき、職級や名前の代わりに「プロ」という言葉を使用します。新入とき私を」の章プロ」と呼ばれました。別の意味なく受け入れた、ある日思わず「プロ」の意味を思い出すなんてとても負担でした。プロは、専門家を意味し、専門家は、「どのような分野を研究したり、その仕事に従事し、その分野でかなりの知識と経験を持った人」を意味します。新入とは距離が遠い話でしょう。それでも根拠のない「プロ」の修飾語をつけたのは「 早くプロがなれ」は期待を逆に表現したのがなかったでしょうか。

トルトルハン小学生の娘に密かに多くのことを期待します。常にバック点正しいが時々した両方の問題も間違っていれば「大丈夫、なぜ間違ったか知っているしからない間違っていればいい。」とクールなように言うが、中には「私の娘らしくないなぜなのか?」という醜い考えをしたりします。

相手の意志とは関係なく、誰かにかける漠然とした期待と希望は、個人の欲であり、盲目的風だけです。上司が組織員に、組織員が上司に、甲が乙に、親が子供に、子が親に期待すべて同じです。誰かを裁断して規定にする目に見えない基準は、相手の行動を制約するシャックルです 。だから上司が負担になって、乙が甲に怒って、親子間で失望するのがないでしょうか?みんなそれぞれの基準で相手に「君らしい何」を期待していですからね。

酒の席でいつもより口数が少ない場合の友人が私にハンマーディゴンネプです。

「何の?お前らしくないなぜそう?」

私は何もなく、 友人思い 聞くために、より集中することだけなのに言葉です。 普段親しい友人の間でおしゃべりらしく、雰囲気浮かせる人で規定建てられたからでいただきでしょう。だから時には私をたくさん知っているような相手の一言がとても苦くに感じられることもあります。 「お前らしくないように」という言葉には、「私はあなたをよく知っている」という意味が込められています。私でさえ、私の中の無数の私をよく知らないのに、他人がどのように私について知っていると言うことができますか?見方をすれば、この言葉は、利己心が込められた恐ろしい末日かもしれません。一人の無限の可能性とそのだけの世界を「君らしく」という一言で規定建て閉じ込めることですからね。

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.