お父さんを凌駕する近所型の鋭い警句

<画像ソース:https://pixabay.com/>

男は競争心が強いです。小学生の子供と運動やゲームしていたお父さんが勝負欲に発動かかっ息子をあると言っ死ぬ力を尽くしたりしましょう。 10歳の息子も勝負欲が 南異なります。ボードゲームをはじめ、色々なゲームするとき、運動するときも、くぼみ、チェギチャギやユンノリをする時もなる騒動がされます。 てくれれば、なぜわざわざそうなと化をネジョ。 約困り果て。特に世界で一番好きなサッカーをするとき 、勝負欲が極に達します。 おかげで 、和気あいあいとしていた遊びの雰囲気を台無しにするのはいつも息子の分け前 。毎回同じ小言が続きます。

勝ち負けが重要 なことではない   一緒に似合って 楽しむ ならいいん だよ。 楽しく が、あなた化を出せば 、他の人 気持ち 上下じゃないか。」

もちろん、このように両班のように話をする時も時々あります。しかし、ほとんどの'再は何ものようでください 「とか」しきりにこれにより、友人が嫌い。誰もお前とならない遊ぶ 」という醜い言葉をするのが常でしょう。 それでも子の教育のために両班ふりを しようとの努力します。感情調節教え 親の役割ですからね。しかし、 繰り返される母の恐ろしい、お父さんの両班のようなしつこいにも息子の敗北の怒りは 収まらなかった。 心配思いをした。

そんなある日、驚くべきことが起こってしまった。一緒にゲームをして  イライラ出す姉にお父さんがいた両班のような小言 スローします 

ゲームはすべてのようにしていけば、なるため嫌だとすると、他の 気持ちも悪くじゃないか。楽しくすればよ。」  

突然 も息子が立派して聞きました。 「そのような言葉は、誰がくれた?だコトネ!私たちの息子」当然「お父さんがくれじゃないですか」とする思いましたよ。ところが、帰ってきた言葉は、「ソンスンヨン型であり」

  

   知ってみると、その型は息子がサッカー選手ソン・フンミン次に好きなサッカー上手近所型でした。サッカー選手が夢の息子は午後5ばアパートサッカー場に走っていきます。自然近所型らと付き合うサッカーをして、自分をリオネル・メッシと呼ぶ型にすっぽり抜けたんです。 サッカーしていた中、8:2でられていた相手チームの友人がイライラ出しないもの だソンスンヨン型が友人に明け渡したアドバイスと呼ばれます。 息子がビューにお父さんの小言とは比較にならないほど素晴らしい達者だったんです。 型のおかげで、息子はサッカーの試合をはじめ、他のゲームで負けてももう怒らない。

週末に息子とサッカー場に出たが、その型に会った。良い気運漂う型と付き合うサッカーの息子を見て、満足しました。サッカーのスキルとリーダーシップ、靭性に備えた素晴らしい5年生型でした。子供は親の鏡とでしょう。顔も知らないソンスンヨン学生の両親の姿を想像して、「息子本当によくキー泣い 」という独り言をしました。  加えて「私はこれまでパパ内面が少し不足したんだな」という反省もしましたよ。サッカー好きの息子のおかげで、 お父さんより師匠のような   型を出会い、そのおかげで、豊かな(父子)が悟りを獲得しました。

   何よりも嬉しくだったのは、あまりにも苦労せなくても子供は親の心配を凌駕する生活を生きて出すということです。だからあまり焦らなくてもされていないでしょうか。そば見守り、時には親指一度上げてくれれば十分ではないでしょうか。

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.