し差引に苦しむ現代人の生活

タクシーで不快なラジオニュースを聞きました。内容は外車シェアがますます高まっているということでした。要旨は、自動車選ぶ基準が「乗り心地」から「し差し引か」に変わったからだと。下車感車から降りるときに感じる他人の視線を意味します。うらやましい目が集中するときに感じる一種の喜びです。つまり下車感私の満足度を超えて他の人に満足しまで満たすとき完成されています。

私たちは、合理的な人になりなさいという話を聞きながら生きていて、そのように生きるのが合理的な人生とはガール否定しません。しかし、我々はすでに虚勢な生活に慣れたし、乗り心地より下車感選択する現実を生きていきます。

   大きな心を食べ名品バックを買っ、周囲からあまりといえば何となく不機嫌になります。私好き決定し大金を支払うにもかかわらず、他人を満たしていない罪悪感に悩まされている格好だ。所得に比べて高価な外車に乗って生活苦に悩まされているカプ語族が社会問題として台頭したりしました。 「相手に無視されるの嫌」、「周辺人たちが気になっ」というインタビューの内容が苦々しを残します。

<画像ソース:伊藤レンタル>

母の友人は、 江南某百貨店で別名「国会議員奥様」と呼ばれました。会社員だった夫と死別してから久しく、オフィステルで一人で買ったのにね。頻繁にデパートに出かけ、高級百科様々な服、高級毛皮のコート、百万ウォンを超えるメガネを買い、狭いスペースに高級大理石のテーブルをかけました。後には家も売り、私の母にお金を借りてショッピングする状況まで至りました。同窓会で は名品を誇って友人視線を楽しみました。同窓である母は、会議でその姿を切なく見守ってみました。

  母の友人の方が急に亡くなった後、母が友人のオフィスを整理しました。ラベルがその通りついた新しい服が大型封筒に10個出ました。ショッピング中毒だったんです。結局、この無意味なショッピングは、本満足度、 家族の満足度はなく、他人の満足のために結果であるだけでした。

  一ヶ月の給料超える名品バッグを持って外国車から降りるし差し引かが与える幸福の賞味期限が果たしてどれくらいでしょうか?真の幸福でしょうか?恵まれない富を無理に追う見ると、最終的に空虚だけ残ってでしょうか? SNSに虚勢認証残しのに、自分の生活の中で意味のある痕跡を残さないのはないでしょうか?疑問に疑問だけ残ります。

   物質的に 用いることがない母親が友人よりもはるかに幸せに暮らす姿を見ながら幸せは遠くていないことを学んだ。子供の頃おしゃれおばさんが私の母だったらいいなと思ったことがあります。私も他人の視線を意識したのでしょう。ありのままの自分の姿よりも見せたい途方もない猫かぶりが蔓延し、世界です。

「少し考えを変えて他人にジャルナ示すためではなく、、自分自身 にジャルナ見えるという考えを抱いてみてはいかがでしょう。」 小さな実践が他の人々の意識する生活を私を愛する生活に してくれ ないでしょう。

PSブランチ文のほか、さらに多様な内容が盛り込まれた本を読み になりたい方は、 メール(hanee1977@hanmail.net)でアドレスと連絡先   教え てください。


あなたの関心と応援を介して誕生した本「勘違いは自由だが、単独でお楽しみください>をお送り ゲトスプ ます   幸せしてください。^^


*適用期間:4月25日まで

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.