「現代人は、強制力があるんだって。何しなければどんどん遅れをとるはないかという… "

偶然平凡機会に、最近2年間で2冊の本をピョネトた。現在は、モバイルコンテンツプラットフォームでも連載を準備しながら、ブランチにも熱心に文を書いています。会社員に与えられる仕事の後明らか時間を裂き分けながら生きているんですよ。しかし、忙しい中でも、家庭に忠実にしたい気持ちは変わっていない。そのため、十分ではない時間は綿密な計画の下で流れていきます。

平日会社で夕食予定がなければ、すぐに帰宅している子供との時間を費やして、9時頃、誰もが眠りに落ちる11時まで文を書きます。一日一時間でもフリックゴリョヤ心が置かれてたんですよ。土曜日昼間はペンを置いて完全に子供との時間を送信します。代わりに、土曜の夜と日曜昼には文章を書くことに没頭ね。

同様の生活を2年以上繰り返した。だれでもうんざりどのように購入するかし、また誰かがひどくとしましたよ。ところが、本を準備中うんざりも苦にならなかった。幸せなことをすると思ったので、何の休みなく楽しんだことでしょう。むしろ本を書きながらひどく壊さ大変だったタバコもやめるから。

<私は発売した、誰も使用しないのライン絵文字>

本が出版されて余裕がある場合は絵文字描くことに没頭しました。本書くときと同様のパターンの日常を続けて行った。子供たちが眠りに落ちる絵を描き、週末に家族が教会に行けば再び絵を描く生活を繰り返しています。実力が不足カカオトークは発売していなかったが、ネイバーラインに合間に6種の絵文字を発表しました。もちろん絵文字描くことも私には楽しい趣味です。

そんなある日ひどいインフルエンザにかかりました。飛び石連休を満喫することもできず、寝たきりだった。すぐ治ると思った、2週間以上ゴルゴルたて何もすることができませんでした。年次と番茶を交互に使いながら、病院を三箇所や踏みつけつかむ。

心待ちに待っていた払金はムルグムになり、わずかな飲み会や会社協会も参加することができませんでした。体の病気はともかく、金のような休日に死体のように一人で横になって、何もしていないのが不安でした。イライラして無気力になる気持ちと言えよう。

友達とトークを交わしました。早く起きて文も書いて、顔文字もまた、お酒も飲んで、ダンスも踊ってたい愚痴をしましたよ。友人は待っていたかのように答えを日ました。

「君はじっとしているの練習を見てみよう。現代人は、強制力があるんだって。何しなければどんどん遅れをとるはないかという…ぴったりお前だ」

短いこの言葉瞬間胸にクック打ち込また。いつか何と言ってもないしているなぜか不安という言葉に姉も似たような話をしてくれたことがあります。 「一人暮らしでもなく、適度にしながら生きています」と。瞬間どの週末の妻の言葉連鎖的に浮かびました。 「今日は何もしない、それだけで子供たちと寝転がっゴリミョンいけないの?」という。

近い人々のアドバイスを振り返って、このような考えをしました。

より幸せになりたくて一生懸命生きようとする心が不安に変質されて幸せ強迫観念に悩まされているではないか?

あくせく生きながら肝心のことを逃しているではないか?

 

思わず家族を不快にさせているではないか?

友達の言葉、姉の言葉、妻の言葉だフィットします。時々、人生の足跡を振り返って息選ぶ練習をするように巨大でしょう。あまりにもあくせく生きず休む練習では、次のステップにジャンプするためのドゥルスムを取りまとめるという末日てね。

激しく生きるのが現代人の宿命であっても、しばらく空を見上げ余裕を見つけるのは選択します。懸命に生きるサラリーマンがバーンアウト症候群にマックができない踊るのも、現代人が幸せ強迫観念に悩まされているのも多分少しの「休止」が不足してはないでしょうか。強迫という呼吸困難を避けるために、現代人に必要なのは、しばらく休んで行くの練習である。よう選んだ息を長く長くネスィルことができるから。

現代人が日常で必要な最も普通の「休止」は、手で、スマートフォンをはじめとするすべての足かせをしばらく下に置く号機、時には何もせず一日を丸ごと返却する余裕、他人の後ろ姿を見ながらイライラしていない容器ではないかと思います。このような些細な決心がもう少しよく生きるための「休止」という隙を探し始めるがないでしょうか。

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.