2016年12月1日。

プランナーや開発者二人きりの一ヶ月間サイトを作成してみることに計画して28日が過ぎた今日、2017バケットリストサービスをオープンしました。このサービスは、 あなたの新年の目標を簡単に計画してフェイスブックに   共有 できるように支援するサービスです。

今回投稿は一ヶ月間のサービスの制作過程をまとめたもので関連業種従事者の方々が参考に見れば良さそうです。文もおもしろく読みいただきサービスも積極的に使用していただければ本当にありがたいです。


サイトリンク: http://2017things.com >>> http://wishub.meに変更。

2017年だけで光沢の使用と期待して2017thingsというドメインを使用したが、サイト利用者が着実にあり、ドメインをwishubに変更しました。 (襟ハブから借用)ところが..ところが..ドメインを変更してからこそ、Google SEOがすべて初期化され、上位ランクの両方が運ば感ㅜ。ㅜ


#。 プロジェクトの開始の動機

既存の通っていた会社の経営悪化により、今年12月まで勤務している条件で会社を退職しました。当時は11月末だったが一ヶ月程度の時間的余裕が生じ、何を見ようか悩んでiPhoneの開発言語である「スイフト」を勉強してみることに決めました。だから、オンライン講座も2つ購入して始まったばかりしようとしましたね。

そんなある日、以前の職場で一緒に働いていた開発者型、友人と一緒にコーヒーを飲んだ開発者型も12月末に退社するとします。この型は、私がこれまで経験した開発者の中で最も優れた開発者なのにちょうどタイミングが合って、12月の一ヶ月間、簡単なサイトを一つ作ってみることにしました。私は企画とデザインを担当し、この型が開発全体を担当することにしたんです。今後、この型をチェヒョンと呼ばせていただきます。

この日は2016.11.30でした。 12月中にサイトを作ることにした適当なアイテムはありませんでした。だから、私は家に帰る途中にアイデアを悩んで決定することにしました。私は企画者ですからね^^

サービスアイテムは、このように即興的に決定された。


1. サービスのコンセプト確定とFront UI設計(1日目)

サービスアイテムは、決定されたがどのようなサービスを作成について、具体的な計画が必要でした。だから次の日の午前全体Flowが込められたFront設計文書を企画して共有した。

設計文書を迅速に作成し、共有した理由は、①私たちは作ろうとするサービスの具体的な配信との協議が必要としており、②一ヶ月以内に実装可能であること、開発範囲を把握するためにでした。

幸いなことにチェヒョンがクールにOKしてくれて、次のステップに移ることができました。

上記の設計文書は、プロトタイピングツールAxureで製作しました。設計ドキュメントを直接確認することができるようにリンクを共有します。

– Front企画書リンク: http://bit.ly/2i5InPR (PC上で確認してください)


2. Admin 設計(2日目)

それでは、どのようなサービスを作成確定になったので、すぐAdmin設計作業を開始しました。理由は、Frontサービスが戻るためには、Adminが必要であり、Adminを開発するためには、DB設計が必要となるからです。

Admin設計時に一番最初に気を使った部分は、 目標を作成し、外部APIを連動して1つのコンテンツを完成するプロセスです。重要なロジックを先に設計し、全体のサイトマップを完成させました。

Admin企画書は、オープンするのは難しいの関係でスクリーンショット一枚あげます。

Adminコアプロセスを設計し、機能の実装について議論をした私は提案したロジックで開発するときの操作期間が増えることがあり、速度も遅くなることができてAPI検討した後の方向を決定することにする。結果はチェヒョンが分かっよく作らズーム。


3.企画書レビューと協議

これまでのメッセンジャーのみ話を交わしがAdmin / Front企画書がどの程度完成してカフェでミーティングする。レビューとそういえば何をしてコーヒーを飲みながら軽く話を交わしたがチェヒョンが私の設計した方向より良いアイデアをたくさん提案してくれて企画書に反映することにする。やはり素晴らしい開発者と再び感じ。

ネイティブアプリとモバイルウェブのどのような技術に基づいてサービスを作成も悩みみたPCとMobileなど、すべてのデバイスに軽く共有されることが重要な関係で、モバイルウェブで構築することを決定する。

サービス名、ドメイン名も悩み試みる

– 仮称:2017バケットリスト

– ドメイン:2017things.com


4. Admin構築とテスト(8日目)

チェヒョンこの週末にさっと作業してAdminを作成くれたら。異形は、本当に最高だ。 2日後にサーバの設定、DBセッティング、パブリッシング、主要な機能を実装まですべて完了!私は機能検査のためにGoogleスプレッドシートでのテストシートを作成する。


5.コンテンツリストアップおよび登録

私たちのサービスは、コンテンツがサービスの成否を左右する。したがって、人々が関心があるかもしれコンテンツを十分に蓄積するのが重要だから<オンライン検索、バケットリスト関連書籍、バケットリストアプリ>の目標を収集して、約200個の目標を作成した。次に、目標とマッチングされるAPIのコンテンツを登録する必要がする広報文が多くて、コンテンツを収集する時間が長くかかった。

私が直接登録するには、時間的限界があっ妊婦の妻にSOSを打った。 Google AdSenseので収益が発生した場合、すべての周期で…!もしかしたら、この記事を見た場合、好みの広告は一度クリックしてください! (笑)


6.企画書の最終完了

Admin重要な機能も実装されてない。妻がコンテンツの登録もしてくれる。今日程にチョイムがないチンガチンガ余暇時間を楽しむ不足しているUI設計と記述を追加して企画書の作業を最終完了した。


7.スケッチツールを設計する

生き生き私はデザインをするとは夢にも思ってなかった。私はデザインのセンスがないと判断したので、デザインしてみるつもりは全くなかった状況が状況なので、スケッチツールのデザインをすることになった。ツールの多くを使用試みることによって認知スケッチツールは、最初に使用するのにも全く問題がなかった。

複数のアプリを使用してみて、 ドリブルスケッチリソースサイトを見回してデザインを完成した。そして気づいた。私…デザイン感覚がなくはないな! (上作成した画面設計書と比べてみて!)

全体のデザインを公開していないが、合計20pageのデザインを完成した。


8.ツェッペリン にスタイルガイド共有

デザインの仕事を完了したので今のコーディングと開発を担当するチェヒョンにスタイルガイドを渡す必要があります。スケッチプラグインツェッペリンをインストールして、Exportしたところ、次のようなスタイルガイドがさっと作ら!オー~~新世界!


9.ロゴ作成

デザインを終えてみると、テキストに入れたロゴがとても地味だった。だからロゴデザインをしようとするどのように始めるべきか感がないてきた。

だからきれいフォントを探してみようという考えで検索をヘボダガ著作権の心配のない無料ハングルフォントポスティングを見て紹介されたフォントを一つずつ適用してみた。引き続き適用みても確実に好みのフォントがなかったティモン運転音体を適用してみるとよく合っているのを感じを受けた。そう君決めた!

次に、外部に共有したり、ネイティブアプリを作成するときに利用するシンボルを作成したかった。いくつかのシンボルを使用するかをしばらく悩んみた面白く見たアップ(up)という映画のアドバルーンが適当であると考えられてアイコン共有サイトであるドヌンプロジェクトで好みアドバルーンを検索し、スケッチからペンツールで描いた。

はい〜ロゴはこう完成した。胸がいっぱい満たさ!

ロゴとは別にサービスの基本フォントはスポカーたサンスフォントを適用する。


10.グーグル・アナリティクスとGoogle AdSenseの適用

サイトがほとんどだ完成して、ログを分析するためのGoogleアナリティクスのスクリプトを挿入し、収益創出のためのGoogle AdSenseの審査を依頼して、プロジェクトのオープン準備を終えた。 (オープン後に、検索エンジン最適化のためのメタタグタスクの追加)


整理して

これまでエージェンシー、中堅企業、スタートアップ創業メンバー(2回)、フリーランスのなどで働きながらすることができず、多くのサイトを作成してみたが、ひたすら自分のサイトを作ってみたのは初めてだと私には、今回のプロジェクトの意味が大きい。

大したサービスはありませんがシニア級プランナー(デザイナー)と開発者2人だけあれば一ヶ月であれば大抵のサービスは作ることができることを検証する時間でした。実際に私が企画/デザインに投与した時間が約10日、開発者が全体の開発に投与した時間も10日ほどかかりました。

また、主催者は、企画だけしなければならないという境界線を、今回の経験を通じて打ち解けました。今プランナーも十分なデザインをすることができます。今後のプランナーとデザイナーのポジションは、海外と同様に一つに統合されて、戦略計画職群のみ別途抜けないかと思いますね。

最後に、今回のプロジェクトは、スペースの制約から完全に解放されたプロジェクトでした。私たちの家は、仁川忍苦チェヒョンは宣陵と必要な話はカトクで簡単に会話して企画書、QAシート、デザイン成果物はオンラインで共有した通信の難しさは全くありませんでした。カフェで2回会って短く話したのが全部ですね。だからといってない親しい間はありません(笑)

最も重要な話を忘れてしまった。

2017バケットリストは、あなたの新年の目標を簡単に選択し、共有することができるようにしました。周辺に多くの口コミお願いします。私たちのサービスは、あなたの参加が切実に必要とします! ^^サービスの残念な点もコメントに残してください積極的に対応するようにします。

占いサービスなどの広告の提携も可能です!ウフフふふ!

-サイトのショートカット: 2017バケットリスト

YouTubeの動画

ユーチューブに上げてみました。


10年目のウェブプランナーチョ・ヨンスです。

-ウェブプランナーのためのガイドブック」 最初から学ぶウェブ企画 」の共著者であり、

-ウェブプランナーとUXデザイナーを対象に「 AXUREプロトタイプ設計講座 」を進めています。

-フェイスブックで、Web /モバイル企画グループを運営しています。

メールアドレス:cysstory@naver.com

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.