イムアセンブリが言う「単独着「本当に顧客のためだろうか?

東大門市場に基づいて始め

約2千億ウォンに近い企業に成長したブゴンエプエン氏(株)(イムブリ、モトナム)

ところが、彼らの口から、最近、「 過去から東大門円以上の答えがないという考えをたくさんした。」 という話が出た。

中央日報の記事をキャプチャ

このように、最近のメディアのインタビューを通じ、

過去から東大門円以上の答えがないという考えをたくさんした。」 と言ったブゴンエプエンさんにもかかわらず   皮肉に最近まで メイン市場を利用して「 単独着 」というサービスを強化してきた。  下の写真に示すように、そのショッピングモールは、独自の製作商品を除くほとんどの商品が「単独着」と言っても過言ではない。

イムアセンブリモールホップページ画面

東大門で答えを見つけることができない 」と東大門市場と決別を話した会社で最もよい積極的に実施している東大門店を活用した 単独着 」…これは何であり、また、どのくらいの良いというので?

この単独着の

お客様の疑問提起に対し、当該ショッピングモールは、以下のように説明している。

イムアセンブリウェブサイト

このショッピングモールの話を要約してみると、

巨大 レチョ商品の「単独販売権」を得てあるアセンブリモールを介してのみ販売される。このようにすると、あるブリのショッピングモールは、商品の数量確保を容易にすることができるようになるので、お客様に、より高速 配送が可能となる! このため、これを積極的に進めているという話 。( 現在イムブリモールほとんどが 「単独着+自主制作商品」 で構成されていても過言ではない。)

「単独着」は、多くのオンラインショッピングモールで、消費者が得ることができる利点。

「単独着」を強化して運営している、その「あるブリ」ショッピングモールを見ると、実際に他のショッピングモールに比べてお客様に、より高速配送が可能と思われる。この部分は、短納期をご希望のお客様のためのサービス強化のための措置として見ることができる。

ここまで
イムアセンブリモールが
「単独着」サービスをする
理由を聞いて見た
利点も調べた。

イムアセンブリモール話はここで仕上げて、これから? 「単独着」というサービスを利用すると、何が発生するか調べてみよう。

実際は誰のための「単独着」なのか?

このサービスは、実際には、オンラインストアの利益最大化のためのヒントやトリックであるだけ、最大の被害者は 、消費者がされているシステムであると考えてみたことないのか?この不便なオンラインショッピングモール「単独着」サービスについて話してみよう

売上高は、多くの有名なショッピングモールの中には、自分たちの「販売力」を前面に出して 、本人のショッピングモールだけで単独販売することができるよう卸売業者に商品の「単独着」を要求する。

このようにすると、どのようなことが起こるだろうか?

配達をする卸売業者の立場 」本殿死守!

単独着(販売)の商品の販売が低調ても、そのショッピングモールでの販売の保全などを求めることができません。残りの在庫も他の所で流通してコスト回収も難しい。このように、商品の在庫をほとんどすべて引き受けるしかない構造であるため、これを考慮して、配信がを上げたり、逆に生産コストを削減するために生地、副資材、工賃などの要素から、品質を落とすしかなくなる。このような複雑な状況が絡んリオドが進むほど、製品の一定の品質を維持また、保証ができなくなる。

ショッピングモールの立場」より良いことができない!」

価格暴利を取ることができる理想的な装置が設けられ、時間が経つにつれ、単独の商品を見再び訪問する顧客が増え、広告費の節約が可能である。また、独自の製作商品とは異なり、在庫負担を取引先に押し付けることができるので、販売低調によるリスクもほとんどアンジてもよい。また、線着させた製品も不明な不良やその他の返品規定を口実に、その製品の取引先に返品をしちゃうことができるので、気になれば、在庫負担をほとんど持たなくても近道が存在する。それこそ単独着販売はショッピングモールの立場では、これより良いことができないシステムである。

最終消費者は? 「ホゲン様になる丁度良い日」

この「単独着」ショッピングモールでコスト(配信は)10,000ウォン服を40,000ウォンで販売しても、消費者の立場では、他のショッピングモールの価格と比較して購入することができる選択が剥奪されるため、その製品が漠然と価格だけまともな品質であることが道期待し、そのショッピングモールで購入するしかない。当然、上記のショッピングモールと卸売業者間の利害関係がもつれた状況で、あなたが与えて購入した価格だけの品質を期待するのは難しいのは多分当然だ。

唯一の受益者は、

「ベンダー」も「消費者」もない、

気軽に「消費者」と「納品業者」の両方に暴利を取ることができる「Key」を握っている「単独着」進行モールぴったりしたところ である。  

今でもあなたがよく利用するショッピングモールに「単独着」、「単独販売」のアイコンがどのくらいいるかどうか、一度見てほしい。  

「単独着」を多く進行するほとんどのショッピングモールでは、いろいろな理由を作って、まるで消費者のために「単独着販売」をすると話すが、最終的には、ショッピングモールが消費者と取引先からの利益を最大限に残すための手段に過ぎない。 結局、最終的な被害は、ショッピングモールが好きでよく利用する常連消費者だ。

「甲」の位置を悪用する、いくつかのショッピングモールがある場合は必ず記憶して欲しい。東大門という素晴らしい市場があった今、皆さんのショッピングモールが存在するのだ。今、非常に少しよくしていくことによって東大門市場を眺める視点が変わらない事を願う心である。

「みんなでよくなければならない本当の良いものである。誰かの血の涙からなる富と名誉は砂の城を積むことと同じくらい一瞬にして消える。 "

真正性がダプイン時代だ。

単独着の追加については「 消費者が知っておくべき、衣類ショッピングモール「単独着(販売) 」を書き込み

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.