オボがあるた

2018年3月19日、米国アリゾナ州で自転車に乗っていた女性がオボ自律走行車にひかれて死亡したニュースが全世界に伝えられた。自律走行車にバラ色の未来だけ描い業界は衝撃に包まれた。オボは1年近く行ってきた北米圏の自律走行車試験運行を全面中断した。アップル、グーグルなどIT業界だけでなく、GM、ボルボ、メルセデスベンツなど自動車業界も自律走行車の技術開発に非常にかかった状況である。自律走行車による死亡事故は今回が初めてではない。 2016年5月に米国フロリダ州でテスラSが自律走行中のトラックと衝突する事故が発生した。

自律走行車の傲慢


このような事件を介して近づく自律走行車の時代には、次のような部分をもう一度考えてみする必要がある。

機械がすべての変数を制御することができるという傲慢を捨てなければならない。機械も100%完璧なことができない。不良あるいは予期せぬ状況が生じるものだ。しかし、ほとんどの自律走行車の会社は、これを認めず。自律走行が商用化されると、交通事故はほとんど発生していないと広報する。もちろん機械に依存した運転は、人間の運転よりもはるかに洗練された完璧なので間違ってはいない。しかし、すべての変数を完全に制御することができない。

突然車が故障した場合は?

誰かが車をハッキングするなら?

私の車が故障していないれたが周りの車が故障して事故が起きたら?

自律走行中、運転者が居眠りがボタンを誤って押して、事故が起きた場合は?

気象悪化で事故が起きた場合は?

このように、運転中に発生する事故のすべての変数は、制御が不可能である。次に、自律走行車の商用化のためには、自律走行車の事故の可能性を認知して、事故後の対策の議論が活発に行われることがある。

事故について誰に責任があるかが最大のカギになるだろう。事故の責任の所在は、次の事項に基づいて決定されるものである。

自律走行車会社:機械の故障かどうか

ドライバー:運転関与と車両管理するかどうか

歩行者:交通法規の遵守

状況ごとに異なる順しれませんが、これらの事項は、明確に判断する難しさが存在するため、どのような判決が下さ負ける釈然としない方が生まれるしかない。結局、自律走行お茶は新産業の成長を阻害する結果を招くしかないだろう。このような事態を未然に防止するためにも、技術を100%完全にすることも重要だが、もしかしたら分からない事件事故に備えて、 責任の所在の明確化、補償システムの構築、今後の措置などの対策樹立が必要である。


マトリックスというアニメで見ると、人間が人工知能機械のミスに対して裁判をする場面が出てくる。この話が決して遠い未来の話だけではないということを最近になって切実に感じている。

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.