レポートさっさと書く方法

会社員がなければならない業務はあまりにも多い。日時間忙しく働かなければ「夜勤」というありがたくないゲストが許さもなく強制的に訪ねてくる。これらの貴重な日の時間を食う最大こと」報告」だ。 「レポート」は、会社員であれば、誰も避けることができない、必ず経なければなら業務だ。最終意思決定者に報告をするためには、空の手に入ることができないので、レポートを作成する必要があり、報告する過程で変更が発生した場合、再編集して見なければならずしてみると、時間はいつのまにかふわり夜になる。これらの悪循環を繰り返さないためには、レポートをさっと作って、迅速かつ正確なコミュニケーションが行われるようにしなければならない。それではレポートはどのようにさっと書くか?下の内容を使用してレポートを作成する時間を大幅節約し業務の生産性を向上させることができる方法を調べてみよう。


レポートをなぜ作成するか?

レポートをなぜ作成するか?の質問を先に考えた方が良い。レポートを作成するタイプは、通常、2種類だ。

説明を通じた事実伝達:現状、問題、結果などを客観的に作成

説得を通じた論理伝達:計画、プロジェクトなどを主観的に作成

この2つのタイプに応じて区分した場合は、内容を誰に伝えていることを需要者を明確に定義するプロセスが必要である。需要者に応じて、レポートに入れなければならない内容は千差万別異なる可能性があるからだ。需要者が必要な部分を正確かつ直接的に提示することができるかどうか、まず考えなければならない。この部分だけ正確によく取っても、レポートの作成の半分は成功であるわけだ。


レポートすぐに書く魔法のレシピ

完成度の高いレポートを簡単に作成する人は、報告内容に応じてどのようにレポートを構成するかの流れと形をすぐに描き出すことが可能である。レポートの作成経験が多ければ自然に身につけることができますが、レポートの作成経験があまりない新入社員やレポートの作成経験が少ない人が作成すると、開始から、途方もなく、Googleに検索のみ、または白いページに最初の文を書いた消し繰り返しがちである。しかし、これらの報告書は初心者にもいくつかのパターンが、理解すればさっとレポートを作成することができる。

レポートをさっと使える魔法のレシピはうんざりして教育課程で学んだ「期- W -前-接続」である。すごいか、新しいものではない。ただし、ここでレポート好みでソースだけ少し根に完成される。

(期)の推進の背景- (勝)の現状と問題点- (前)主な内容- (接続)今後の計画と期待効果

表示は簡単に見えますが、各パートの内容が自然に連携することができるように文章を作成することは決して簡単なタスクではない。この流れが、自然に接続されると、既に打撃以上のレポートだ。各パートごとに詳細な内容を設定する方法は、以下の通りである。


(期)の推進の背景

推進背景では、前述した理由のレポートを作成することにされたことについて、需要者が明確に認識することができるよう説明することが最も重要である。また、なぜこの事案が問題になっているか?を説明して事案について知りたい事を催すことができる条件または問題、環境の変化などを提示し、適切な措置がない場合は、起こることがある副作用と波及効果について説明するとなお良いです。

推進背景で最も陥りやすいエラーは、冗長統計を一覧表示するものである。これはむしろ伝えるメッセージを曇っだけだ。その間進行経過を説明することができますがある場合はそれで十分である。


(勝)の現状と問題点

現在どのような状態なのかだから何が問題なのかを明確に提示しなければならない。この部分を作成する方法は、2つの方法がある。作成しようとするレポートの特性に合わせて、この方法を利用して作成すればよい。

デジュジェ、シングル主題、新しい問題を扱う場合:問題点と対策が1:1マッチングになるように接続できるように表示されように問題を記述する

複合的な問題を扱う場合:全体の問題を包括的にご与える個々の事案別アクセスする方式である。様々な主題、単一のテーマで性格が他の問題は、一般的に理解する複雑な問題である場合に使用


(前)対策と代案の提示

レポートの重要な部分である。問題の認識が代替発掘の出発点である。 To beからas isでいく段階で発生するgap部分を作成する必要がある。

gap部分を作成するときに重要なのはグループ化である。需要者の頭の中に膨大な内容がより簡単に刻印されるようにグループ分けを介して画像を描画するプロセスである。この部分では、この報告書がシステムがあるのか、完成度の高いかどうかを明確にさらすことができる。グルーピングをするとき、同様の内容の単純一覧は絶対禁物である。まず重要なトピックをとった後、グループ化をする。(内部 – 外部/短期 – 中期 – 長期/ハードウェア – ソフトウェア)。グループごとに詳細につき肉をつけて効果的に内容を伝達するためのキャッチフレージング(英語最初のスペルをとって戦略を作成することなど)とされる。

この時、最も重要なポイントは、問題の分析と対策と代替の連携がポイントだ。提示された問題を、このような代替的解決というストーリーでなければならない。


(接続)今後の計画と対策

このためどのような措置が伴わなければ実現可能なのか?について色々と提示しなければならない。定性的、定量的期待効果を作成すればよい。


表示きれいレポートがコンフォーム出もいい

レポートの内容は、ほとんど完成したら、きれいに作る過程を経なければならない。レポートは見る文だ。一目で直感的にコンテンツを配信するためには、視覚的にきれいに作って可読性を高めなければならない。そのためには

まず、一主題は、ページに入れなければならない。 1ページに複数のトピック含まれている場合は、転送しようとするメッセージがぼやけて分散される。普通の人が一度に集中する時間は2.8秒とする。この短い時間の間に、一目で内容を伝えるようにしたページに入る内容の量や構成を適切に調整する必要がある。

第二に、目に慣らさなければならない。レポート終了の前提条件は、最終的な意思決定の承認である。そのためには、最終的意思決定の目に慣れレポートを作成する。最終意思決定者の業務傾斜、好ましい単語や構成などを把握した後、これを反映するなら、目に慣れて伝達をさらに高めることができる。

第三に、重要な内容は必ず文字サイズ、太さ、色などを活用して、強調しなければならない。目にぱっと見え作るなら視線はまずそこに向け、そこに対してより重点的に見るようになり、意図した内容を歪みなく渡すことができるようにする。いらいらすることができるプロセスであるが、常にディテールが結果を分け目ということを覚えておかなければならない。

最後に、セクシーなタイトルを選んで内面レポート作成が終わる。タイトルを作成するために最も多くの心血を傾けなければならない。優先的にタイトルを抜いた後、単語の位置と調査を修正し、口にチョワᆨチョワᆨしがみつくことができる最適なタイトルを作成する。また、タイトルをレポートの作成する前に、定めることはなく、完成された後、レポートのタイトルを抜く見れば内容を貫通することができるが、はるかに容易になる。

レポートをさっと作成する理由は、私が作成したレポートを、最終意思決定者が一度に承認する場合は極めてまれである。その理由は、まず、最終意思決定者が、中報告者、専門家は仕事をする視点が完全に異なっているからである。したがって、最終意思決定者本人が意図が100%反映満足のいく報告書を作成することはほとんど不可能である。また、悪い上司たちに会えば、わざわざ難癖をとる場合もあり、様々な人々が存在する。したがって、絶対一度にレポートを通過するという考えは捨てなければならない。だから業務をより早く処理するためには、一度さっとレポートを作成し迅速にフィードバックを受けることが業務の生産性を向上することができるコアコンピタンスである。さっとレポートを作成することができます練習を怠っていないように。

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.