私たちは何のためにこのようにあくせく生きるでしょうか?多くの人々の究極の目的は、経済的余裕をベースにした幸せである。しかし、幸せは追われるように生きる人生は絶対に発見することができない蜃気楼のようなものでしょうか。心に余裕が垂れたとき、初めて幸せを象徴する3つの葉のクローバーが目に入ってくるから。

常に笑いがあふれるビタミンのような高校時代の友人がいます。友達と糸なしで笑って噴出忙しかっ時代を後にした、今では19年目の専門職会社員です。結婚もして子供二人を育てる素晴らしいワーキングママです。家庭を築くながら各自表側してみると、自然に願いしました。そんなある日ヌトヅンイを置いた友人の息子初誕生日で数年ぶりに再会し、再び連絡になりました。長い友達としかトクバンを作成互いにどのように住んでいたのか気になる話をしました。長い時間が経っも幼いときに出会っ友人と昨日見たかのように身近た。すべて以前と同じ雰囲気と私だけの香りをプンギョトた。ところが、有毒な友達だけ前全く別の色に変わっていました。まさにビタミンのようだった友人。

「借金いくらですか?」

「家の?チャーターくらいですか?」

「いくら集めておいた?」

「他の人は、毎日、海外出うらやましいよ。」

「いくら努力してもできない上がる木もあるだろう。」

久しぶりに会った友人に尋ねた質問でした。友人は、若い頃の思い出の腕がに余念ないが、有毒友人だけは避けられない現実の重さをしっかりと実感していました。

「今の夫年齢XX歳だから、子供たちの大学まで卒業させるにはどの位集めて、その背後にあるパワーハウスでのんびり生きるため財テクも熱心に…」

<画像ソース:pixabay>

起こらなかった未来を不安でエネルギー注ぐ友人に不快感と切なさを感じました。まるで不幸を見つける没頭するようでした。都合が難しいこともないのに、他人の豊かにいらいらする様子。再開発マンションに投資するのにドラッグ書いローンの利子に焦って、住宅価格が上昇したと安心しながらも、不安な様子。欲が作る不幸のために手に負えなくしました。

「不幸な人は持っていないことを慕って幸せな人は、持っていることを愛する。」

心理学者ハワードガードナー言葉です。ギリギリの社会生活きつくない人がどこにいるでしょうか。大変な中で友達とお互いの上をやり取りしながら、元を得るでしょう。このような蜂蜜のような余裕すら享受できない友人が、そんな現実が薄情しました。もちろん、友人とのおしゃべりが、思い出召喚が私たちが望む幸せをもたらしてくれるのはありません。しかしながら、あえて特定の現実の反対側に陣取った影だけ見て人生暗いし、手に負えないと叫ぶ必要でしょうか。影を作るためには、裏面の明るい太陽が必要です。私たちはそのような事実を忘却したまま生きています。上り坂があれば下り坂があるという事実を要する。

友人に伝えたいです。聞きやすい言葉で慰めることができない申し訳ないと。そして一言付け加えたい。その苦労書かなくてもと。今十分に懸命に生きていると。焦りは置いて昔の華通した笑いまず取り戻すと。

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.