人間関係ブルーオーシャン開拓、奇数配慮する

<画像ソース:https://www.dispatch.co.kr/953424>

職場生活をしてみるとお互いによく知っているAとB、Cが一緒に会うことが続けるから呼ば れます。もちろん三人が同等の業務的な関係でね。ところが、 会話が久しぶりに会ったA、B、二人だけが知っている話で流れてしまう時があります。最初はCも微笑んで聞くします。しかし、時間が経てば表情が徐々に固まってなりますよね。抑止笑顔さえ床私の瞬間 になると 、A、Bは感じられないミンマンハムを一人トアンダず、 何とか会話に参加しようと口を離します。ほんの少し会話の中に足を浸けだけすぐ引き潮のように再び押されます

似たような場合は、頻繁に発生します。互いに見知らぬ三人に会ったとき学縁、遅延などの共通点を発見し、会話が出会いの目的とは別の方法で三千浦に陥ることもね。両方の共通の何と言ってもつかけない一人自然疎外されます。見知らぬ人と共通の関心事 雰囲気を導くことも会話スキルです。しかし、これは疎外されている人が生じないときに効果的だと言えます。

親しい後輩は参加人数が4人以上のお酒の席には参加しません。会話に集中することも難しく、人が多いと知らず知らず疎外されている歯起こる理由である。大勢が集まった席には、主導権を握って騒ぐ人がいる一方、ほとんど話をしない人もいます。 聞くことが好きなのでか、話す機会をつかめず疎外されたのかは、当事者のみ知ること ができるでしょう。

会社のワークショップの参加者の中会議するとき、食事のとき、ディナー酒の席で有毒静かな人がいました。 数ヶ月後、業務に戻って会って昼食を食べました。言葉多く、かなり愉快な人がですよ。静かな人だと知っていたところ、多少意外な答えをくれました。

   「部門が違って知っている人もいないのに、自分たちが知っている話だけだけど。会話に挟まもないでしょうし、後は楽しいなくただ静かだった」

会社では友達同士は奇数が集まれば、疎外されている人が生まれ、奇数が一緒に旅行に行っても同じという話があります。だから奇数を孤独数字というかもしれません。 このような似たような悩みがインターネットに たくさん出てくるています。 よく知らない会社の業務については、見ていないドラマのために、知らない人のために、関係のない学研、遅延について二人 だけ傾倒するのは  残りの人を 孤独にすることかもしれません。  

必ず奇数でなくても、私たちが日常で人に接するとき知らず知らず逃す部分です。これは雰囲気掌握力や愛想など対人関係能力とはまた別の問題だと思います。人や状況に応じて誰でも経験することができることですからね。いじめとは 違う感じですね。私を除いた偶数はわざわざ誰かを疎外させようとではなく、本人同士のコードが合致楽しく楽しむだけですからね。

それでも好ましく三々五々集まって話を交わすとき、誰かが疎外感を感じはないか一度巡るもの、「人間関係ブルーオーシャン開拓」の開始でしょうか。

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.