伴侶犬のために体面しわに息子の配慮

<我が家の末っ子コミ>

朝起きて一番最初に伴侶犬糞を打ちます。昼には  チョロに   トイレに 夜にはムソウンジトイレの前にある用事を見たよ。 排泄パッドを敷いて置きます。ほとんど照準をよくするために、時々 半外れても周辺が漢江になります。片付けながら、習慣的に恐ろしい声でコミ(伴侶犬)に小言をします。

  どの週末の朝、地雷原リビングを片付けながらコミを木育った。 コミは 気づい 見こそこそ 後ずさりを仮定 。完了起こった10歳の息子がその姿を見守っているいきなり一言をしました。

私すごく急いでズボンを下げる前に尿が出てきたことがあります。コミもとても急でそんなことがないでしょうか?」ちょっとモムチュドニ「あ、1年生の時は お腹が とても 痛く て服ネリダがXも安いことがあります。 "

  笑いがタました。 「自慢の 」と言いながらも、自ら壊れる子供の純粋な心に感動しました。 6年目伴侶犬を飼っています。私は帰宅したときに最も熱く歓迎しは末娘です。妻は手たくさん行く末まで だけ子供たちにはかけがえのない友人であり、心強い保護者です。 「家に誰もいないときコミがあっない怖い」という言葉も何度聞きました。ペットが子供情緒安定と発展に役立つということを経験的に学んでいます。

<画像ソース:https://raysoda.com/images/103008>

  

伴侶犬風呂を終えて果敢なブラッシングを披露自分の姿を見ながら、息子が「私パーマしたとき強く櫛たら髪がかかっ病気という、コミも毛曲がりくねっ距離のにそう櫛たら痛いようです」と言いました。

   伴侶 ナット住みながら、子供たちが   誰かの境遇を理解することを学んでいます。息子の言葉で平凡でも、見知らぬ温もりが感じられました。その温もりはお父さんが取得し、相手の立場を 考えて いる配慮でした。 清掃考えに不平て、早めに終わらせたいの配慮のないブラッシングを乱発したからです。息子のように暖か子供心は全くなかったんです。

   熾烈な競争、厳しい生活を生きて、他人の立場をディーにも慣れ ます。常に「私はまず'、'私はなぜ損を見て」という考えに細目開け相手を見て見てき 。きっと私も 相手を 先に考えて配慮した時があっ た。 今そんな余裕は贅沢だと思って生きていました。

   妻の境遇を理解できず、配慮していない争っ、後輩の状況を無視して傷を与えます。子供の 立場を 疑うときないか、息子の不満な行動に事情が なかったのか、一度振り返ってみます。誰かをゆったり心にためにいつなのか、自分を振り返ってみました。

  相手の立場を指小さな心、適当笑顔、 暖か子供一言だけ相手に十分な配慮がされていないでしょうか。お金は一銭 かからない配慮をポンポンと書くと、 私の心も相手の心も暖かくなることができるということを、純粋な息子に学びました

   排泄パッドが小さくそうたい大型犬パッドに交換した。さらに、尿が出あふれないんですよ。やはり第配慮が不足していたようですね。

おかげ 。息子。お父さんはまだ大人になっていく中か を見て

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.