偽りの人生生きる友人の一針

一瞬にして十年若返る方法があります。多くの人が愛用するカメラアプリ。過剰なポシャシ効果を遺憾なく発揮し、現代版デジタル不老草の役割を正確にやり遂げてのです。 SNSやカカオトークのプロフィール写真だけを見て合コンに出て行けば斡旋者が人をすり替えた誤解を受けることできている。現代医学の発展とともにアプリの技術も日増しに進化しています。一度写真補正の沼に陥る抜け出せない理由でしょう。

小学校5年生の時からの最高の別名親友。強酸が3回変わった30年以上の友情を誇るが、忙しい日常のおかげで、一年に一度会おう末ます。それでも疎通は着実に続けてのです。主にカカオトークやSNSを活用ね。 SNSにはハメ撮りが欠かせない関門。年齢が聞いた不老草アプリで歳月の流れを忘却してました。たまに他人の正直なカメラで撮影した写真が非表示のない歳月の跡をそのまま見せてくれたりも。不惑を越えなんて急激に増えてしわや顔の陰が馴染ま写真をよく撮るん。時々次第よく出思われる写真が生じた場合に、近況のためにSNSに載せたりするだけ。もちろん魔法のカメラアプリで撮影した写真です。

冷たい風が冷たくても吹いていたある日、30年来の友人とほぼ2年ぶりに会った。数十年をついて通ったが見られない山の歳月が長いと、見知らぬ気持ちで待ち合わせ場所に顔を出しました。嬉しい気持ちもつかの間。天気のように冷たいお友達の暴言があふれました。

と〜 詐欺はい」

どうし なぜかあなただけならヌルナた。」

「完全偽りの人生じゃない ?」

インスタグラムで見顔ではない言葉でした。ドキッもつかの間。正しい言葉だしばらく笑いました。正直なカメラだけに固執する友人に補正の世界は奇妙な場所でした。

祝日に来ら母スマートフォンを整理して ハメ撮り写真一枚を発見した。 70年以上の歳月をそっくり入れた顔。母に10年若返るプレゼントを差し上げたいポシャシカメラアプリを敷いてました。

今後これ写真を撮る。さて、この写真より、10年は若く出てくるんです」

「まあ、それ他の人ではナニャ?」

知ってみると母ハメ撮りは事情がありました。電話で老いた憂うつする 親しいに 私もこのように老けた。 "と化粧をすべて消去送ってくれたすっぴん写真でした。 「お前も老けて見える」という友人のフレンドリー答えがきたそうです。

「年齢食べれば不変ない老け。ただ楽しく生きていくんだ」

淡々とたくましく歳月を受け入れるお母さんを見て、私はまだ遠かったと思いました。私たちは、私のものそのままの自分を見せオフします。いつでもどこでも、実際の私より少しでも良く見せたいですね。そして、よくパッケージされたギフトボックスのような見栄えの良い姿を実際ナインよう言い張っ生きていきます。顎をギャルムハゲ 、目を大きく 、シワを消して丁寧に加工したその姿を言葉です。

学歴を偽り、キャリアをだまし、成績を騙し、外観を騙しながらありのままの自分を受け入れられない人生。何の意味があるのでしょ。ありのままの自分の姿を私でさえ気が、誰が私を認めて与えることができますか。母の言葉そして友人が笑い話で投げ嘘人生という言葉には、深い人生哲学が込められていました。

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.