先生が胸に刻んだ消えない傷

娘の小学校4年生の時の担任は「くそ塗装」と「ポイントシール」で子供たちを治めました。下手糞塗装を数百個撮って、よくやったことがあればポイントをいくつか撮ってくれました。ポイントで糞塗装を消去することができて、おやつや学用品を買うことができていた。糞塗装に敏感な娘を見ながら「しつけ」というよりは「統制」 と思ったよ。しかし、子供に教師の否定的な考えを植えたくない先生に教育方式がある違う。特別な経験に思わ しよう。」と言ってくれました。子供がご飯をゆっくり食べてうんち塗装数百個を与えた先生心境をすべて理解することは持っていなかったが。

子供を見てふと、高校1年生のとき担任が浮かびました。消去可能なたわごと塗装ではなく、胸に一生消えない傷を残した。

中学時代の3年にわたって書記であり、奨学金受けるほどの勉強もよくしました。それなり先生様にきれいされる模範生でした。高校非平準化時代、試験を受けて高校に入学しました。学校は全校50などまで選別して優れた半を運営したました 。その半分に入ると同時に、不幸ジャクドゥェでした。

誇りを持って、夢に向かって第一歩を踏み出し登校初日。教官のような姿の担任が登場しました。険悪な顔と艶話し方、ギャングを連想させるジェスチャー。 たて赴任した27歳の彼の第一印象でした。  白骨団出身ながら初対面から暴力性を明らかにしました。時間が経つにつれて乱暴はさらに進化しました。黒板からロッカーまでの友人を 運転しながら ビートペトゴ、モップ袋折れるのは日常でした。ともすると個人攻撃と両親云々し公開的な侮辱を与えたりしたんです。

美しい中学校時代とは全く異なる軍隊生活が始まったのです。無条件答えは「多、私、か」と。軍人のように復唱して服従しました。家が遠い人以外の例外なく登校時間6時30分、下校時間午後10時。英語の教科書を丸暗記させるのは基本的な、釘覚え面殴るのは日常。無慈悲な教育方針に苦しかった。

男女共学と自然女学生たちと交わることが多かったです。学期の初め、学校の外で女子学生たちと道をすぎる担任と何度走ったました。担任はそのような私をあまり気に入らないよう考えました。脱線をしたわけでもなく、同じ教会に通う小学校の同級生との付き合いリョトウルだけなのに。女子学生と似合わず勉強やしろ指摘を受けると同時に、学校生活は狂い始めました。

<画像ソース:映画ワンドゥギスチールカット>

入学後の最初の試み。半から37など、全校47など。 「女の子と遊びながら勉強する時間がだろうか?私の両親苦労のに、上手おろか」と教壇に立って言いました。刺激され勉強しましたよ。 2番目のテストで全校11など。性的た日先生はすべて目を閉じとしました。そして「自分の成績に満足している人の手入り! "としましたよ。 「誰が手挙げましょ語?」と思っていた刹那」の章 XX、あなたの手はないドゥニャ?」としました。そして半最下位のJも手を上げるとしましたよ。 17歳年下の心に乱切りを開始しました。生涯選ばない 短剣を挿したよ。

「章 XX のような子供たちは、最終的には失敗する。しかし、Jのような子供たちは大器晩成型だと、最終的に成功するだろう。」

さらにソロだったのは最下位の愛のためでした。昼と夜のも足りなくて、休み時間まで熱心に勉強していた友人のだが、成績はいつも最下位でした。 Jの努力を知る先生は励ましと愛を浴びせた。私は甘い富でした。女の子たちと一致遊び人のような私の性的上がったのが不満だったんです。

薄氷を歩くように一年を送った。 「いよいよ別れなんだ」という考えに幸せました。ところが恐ろしいことが起こった。担任割り当て前に、3.1節の行事で学校に集まりました。スワイプ私近づき耳 "お前、昨日女の子して通り過ぎて私見たの?」と言った。 「私はまた、あなたの担任である」という言葉でした。生涯最悪の2年を過ごした。

「最良の教師と子供たちと一緒に笑う教師である。最も良くない教師は子供をずっと先の教師である。」英国の教育学者アレクサンダーニールの名言を先生に伝えてたい。

しばらく経った今までずっと先無視させられた瞬間をくっきり覚えています。弱い芽を無惨に踏みにじったその言葉を、その人を。最近のような世界では想像できないことです。先生の権威を別名愛の毎という暴力に無心表出していたその時、その頃。もちろん良い先生も多かったです。私は他の半先生、他のグレードの先生のおかげで、耐えることができていた。

偏見の犠牲にされたと思います。女の子たちと交わる姿として評価受けたから。中学3年生のとき担任は自転車後部座席に女性の卒業生を乗せ通る私の手を振ってくれました。のような姿の相反評価であるわけでした。高校の時の担任はどんな機会も与えず、私はただその問題児扱いをされました。

先生は生徒を評価する人ではなく正しい道を行くように努力している人がでしょうか。自分の偏見をも信頼していない場合は、と思います。小学生の甥担任は公然と学生に「サナプダ」、「できないになった」という言葉をするとします。友人に聞いても寂しいし言葉です。 子供の心をもう少しヘアラング風です。 誰かが一生消えない傷を受けないように、生徒が学校で挫折ない夢を育てることができますように。

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.