"映画の中で嫌いという言葉は非常に多く出てくる。型がサッカーするときに使う言葉じゃないか。ところでジャークが何を意味するだろう?」 様と   映画「極限の仕事>を見息子の友人と息子の会話です。

息子が「お父さん」バカ」が正確に何を意味するんですか?」と尋ねました。心ガトアソン「悪口だにしないで!」と言ってたかったが、真の教育のためにそんなことはなかったんです。妻が代わりにお答えします。

   「体の不自由な人を悪く言っている。友人同士必要ない悪口だ知っても使わないのがいい?」

  妻は、青少年心理カウンセリング消え子供の些細な言葉も丁寧に説明してくれます。横からギョトダリに 私も 学んでのです。

  子供が悪口をする親はパニックします。どこが悪い言葉を学んだのかと怒るのみ汲々ね。通常、親たちは、子供たちが悪い友達を付き合って不敬、アユ、悪口を習うことです。しかし、基本的な言語の基礎は、最も長い滞在の家で行われます。もちろん家族をはじめ、周囲の環境と人々言動を 続いて、TV、映画、YouTubeなどのメディアを通じても様々な表現を学びます。 しかし、専門家は、 影響が最も大きいと   言葉ます。良くない言葉をよく使う子供は家で、そのラン言葉を学び、拡張する可能性が高いだろね。

  特に長時間子供と一緒にお母さんの言語が重要です。子供を横に置いて他のお母さんたちと話をするとき、子供がドゥトゴンマルゴン言葉を欠かさずに通話する ときも、子供は言葉を吸収します。

   姉に「悪いX」、「格好表示嫌い」という子供を見たことあります。

   お母さんが怒ると子供に同じことを言っ浴びせたのです。塗ってきれい言葉を使えば子供もそのまま学びます。子供に良くない言葉に慣れて脳に刺さって口についてしまう前に、言語習慣を直さなければします。子供ができればもう一度大人にする必要があるのが親の宿命です。少し気にしたら失言を減らし正しい言葉をもう少し使用することができます。子供たちに塗って良い言葉を譲ってあげたい 親馬 音だけで十分です

  もちろんよく接する子供の友達の言語も重要です。幼稚園や学校など親コントロール限界がある祈りでしょう。子供が悪口を学ぶ機会を避けることはできない、悪口を使う機会を減らすことはできます。良くない言葉を使用したときにそれをすぐに認知時キーと一度でもあまり言わせることが重要でしょう。

   6年生の時に副班長でした。学級会の時間に提案箱を開いて仰天したことがあります。投書の中で「副班長が悪口をとても上手」というフレーズが書かれていたんですよ。会議の時間に恥をかいた後悪口をしていません。幼い頃から悪口と嘘を最悪の行動に教育受けたが、副班長と呼ば センチャック 打撃をブリョトドンようです。その際知らなかった両親に本当に申し訳ない ことだったんですよ。先生頃も呼ばれて行ったが、おそらく「家庭教育」を思い浮かべるショトウルから。

  言語は誰少し気使えば修正することができます。悪口をないし、 たら悪口が舌の上に載せときに違和感が感じられます。幼い時、母に立ってホンネルとき」が腐る奴」という言葉の代わりに「成功奴!」、「このCEOになる奴」という言葉を書きましたか。言葉さんがされるという信念でだった。

   言語は 人の人格と品格を盛る器です。 「迷惑」、「熱受け」、「疲れ」、「憂鬱」、「死にたい」、「つらい」という否定的な言葉もよく使えば口についてしまいます。逆に正しい言葉をよく使えば、その言葉も口につきます。誰かの愛情のこもった、知的で、私の言語習慣が良くないことを知っていれば「はい、あなたジャルナトダ。あなたは悪口ないか置いてみよう」と恨みだけ耐えず、些細な一言ある イメージ失墜未然に防止する機会を得たとここはいかがでしょう。よう、少しずつでも正しい言葉脳に刺さって口につくから。

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.