子供の目に映った乱暴なお父さんのガプジル

<画像ソース:pixabay>

ああお父さん品を掘り下げる5年生の娘。 たまにパパと子と言って腰を据えて横になります。ドランドランあれこれ会話を交わし眠れたりします。

「お父さんサーティワンでバイトするだろ難しいと思います。」

  突然のない言葉 。取るに足りないように"なあ?アイスクリーム解くだろ大変 か?お父さんもしてみばと反論した。 「いいえ。それはなく、お客様が怒ってその後怖いようです」と高ね。

   理由を尋ねると、数日前に経験を聞かせてくれました。礼拝を終えて友達と友達のお父さんと一緒にアイスクリームを食べてきました。

   「アイスクリームを食べているが、いくつかのパパと   チビ が入って来ました。 子供 がモデルアイスクリームを いただき とゾールから、パパも笑っアルバイト姉も可愛いと笑ったよ。」

  温かいシーンが頭の中に描かれました。ところが、米簡易 折るほど苦いことがすぐに起こった。チビが選んだアイスクリームをアルバイト生がコーンに入れました。ところが子供は 突然アイスクリームを食べる嫌し、お父さんは包装を必要としました。アルバイトはコーンはパッケージがないとしました。お父さんが急に大声を出しながら話をしたというプロットだった。

   「子供は泣いて、アルバイト姉も怖がっているようだったよ。」

   コーン容器が別になくて包装することができないと言うの継続なぜ考えられない音を打ち、アルバイトは窮余の策でコーヒーに入れて包装してくれたとします。その様子を見守っていた娘離島怖かっとしました。

  大人の不要なガプジルを私にそのまま目撃したんです  さん の権利ではなく、ただの弱い人を吹き付ける見苦しい姿を言葉です。苦くています。まだガプジルが何であるかはまだ分からないタルネミはアルバイト姉に感情移入をし、 恐怖と切なさを加えたものです。

  以前リゾートのロビーで子供の危険な行動を制止するスタッフにお父さんが なぜ 子にもなく脱線のか とチョロンチョロン叫んました。子供は泣きを決めたが、お父さんは子供より自分の話を解くために、より熱中しました。  子供たちの目にも、従業員が間違っ見えでしょうか?おそらく娘が遅くはめたように「私のおじさんことが難しく   怖い だろう」 という考えをより耐えたでしょう。

   大人は年齢が作らないこと、大人になって、結婚をして 立って 、親になって気づいた。不惑を越えてもまだ自分の真の大人と感じないんですよ。死ぬまで成長しなければならないという感じと言えよう。

<画像ソース:pixabay>

   子供の前で妻と戦ってきたします。戦ったというより一方的なガプジルでした。小学校3年生だった娘の目を忘れることができません。目は心の窓であることを切実に感じた瞬間でした。子供心に傷を負わせたみたい子供の前では、大きな音を出さないように 注意ください。

   会社では 、生活の中で 後輩に模範を示すとき、子供の前で見知らぬ ガプジル を見えないときは、子供をホンネルとき 怒り 強さを調整することができるとき、子供が自分(親)の行動に 沿っても安心になる。 つまり、すべての感情調節に毎回成功だけ自分自身に堂々するとき、誰かに石を投げることができないでしょうか

   親は子供の鏡という言葉は、単に行動を慎重にするようにありません。人格まで 透明に照らすと、なおさら注意するように言わないでしょうか 。親が感情調節に成功するとき、子供にも同じように期待できるものです。子供が成長していく親も一緒に成長しているんです。子供の前であまりにも簡単にガプジルをボイジンていないかさっと振り返らなければする理由です。  

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.