怠惰な人が仕事をより上手

子供の頃から身近に接した」アリとキリギリスの童話」は勇気のように自分の所信どおりにしたいことをして遊べば餓死、アリのように与えられた仕事に熱心に仕事だけと認められて成功するという教訓を含んでいる。しかし、最近のような世代にこの話が適用されるか?最近、韓国女性政策研究院の調査によると、「会社で大変なことがあれば表現してはならない」の20代、18%だけが同意し、50代の30%が同意した。この数値で分かるように世代が変わるほどアリのように働いている人は消え堂々と自分の意見を表現する人々が増えてきている傾向にある。

会社生活をしてみると、様々な理由が死ぬしたくない時がある。労働の疲れてだるさと退屈は誰でも経験することである。ほとんどの会社員が常に口に「家にちょっと行きたい。」、「休みたい。」、「ぐっすり眠りたい」という言葉を口につけて住んでいる。それにもかかわらず、無理に仕事をしてみると、すぐに飽きて、たとえ仕事をしても満足のいく成果を出すのが難しい。

これに対処するタイプは大体3つに区分することができる。

まず、雑用に苦しんするだけ人々である。このタイプの人は、通常、不平や不満をこぼし出すが、現在の状況を解決するための意志や行動はない。周りにこのような人々があれば簡単に処理することができることも高く評価おびえ作成したり、困難にする芸があるので、できるだけ避けるべき部類だ。

第二に、大きな不満はなく、既存の方法でパクパクことを処理する人々である。ジョンボヒョンある。 「忍耐は書いて果実は甘い」という言葉を自ら実践する偉大な方である。誠実さを武器に黙々と自分に与えられた仕事を処理するスタイルで、なかなか揺れない。

第三に、 休みながら、より効率的に仕事を処理することができる方法を悩んでいる人々である。この記事で集中的に話をしたいと思うタイプである。通常の人々は仕事をより簡単かつ迅速に処理するために習慣のように、自分も知らないうちに、既存の書かれた文書やマニュアルをまず参照する場合があります。しかし、このタイプの人は、常に効率を考えた後、最適の方法を発見した後に行動する。つまり、効率的に処理する方法を研究するための時間に惜しみなく投資することになる。そして最小限の時間で仕事を終えた後、残る時間に余裕を楽しむ。余裕のある人は仕事についてもう一度検討することができますので、完成度と精度を向上させることができる。ともすれば見るたびにテンジャテンジャ遊んでいるかのように見えますが、実際には、これらの業務は、すっきり完全に処理されており、周囲から仕事上手は声を多く聞く。

最も効率的な労働者は一日の仕事でいっぱい満たさない
快適さと気楽に囲まれて働く。
仕事を多くの人は熱心にしていない。
– 哲学者ヘンリー・デイヴィッド・ソロー –

どのようにすればゆったりことができるだろうか?簡単である。怠けたらされる。休み時間を増やして営業時間を減らすになる。代わりにむやみに休むのではなく、本来の業務に集中力を高め、効率的に処理するために最適のコンディションで引き上げと同時に、常に問題を解決することができる方案について考えなければならない。

これにより、過負荷を賢く解決し、生産性を向上させる必要がある。休みの方法は、個人ごとに異なることである。すでに米国シリコンバレーで有名なスタートアップは、この事実を認識して、従業員の集中力と創造性を高めるために、企業内ゲームルーム、卓球場、ボーリング場などの各種の設備を提供している。しかし、まだ韓国には、これらの福祉の恩恵を提供する会社が多くないので、本人の置かれた状況と傾向に応じて同僚とお茶を一杯飲んだり、外の空気を吹か来るか、しばらく目を付けるか、などの方法を利用ししてコンディションを調節することができるだろう。

ここで留意すべき点は、すぐに当日の午後6時まで提出期限なのに仕事がしたくないという理由では遊んでしまったら、それは無責任なことにしかならない。遊ぶ前に、次のようなチェックリストに対して自ら質問を投げなければならない。

仕事の優先順位と重要度を取った時、緊急に必要なことがあるか

今考えていることをしていない場合に発生することができる最悪の状況は何ですか?

最悪の状況に出会っトゥリョトウルとき解決する方法はあるのか?場合は何ですか?

解決するためにかかる時間はどのくらいかかるらしい。

今私は仕事をしないことで得ることができる肯定的な部分はどのようなものか?

仕事をミルムことに起因する金銭的、感情的、物理的な対価を支払う自分がある

仕事と休息を並行するための最良のタイミングはいつですか?

あらかじめしておくことができることはないか

仕事をするだろうか?言葉だろうか?は資本主義の奴隷に生きていく会社員がいつも直面する問題だ。働くことは嫌い子供の頃から注入された「熾烈な競争社会で遊べば淘汰される」という意識が与える不安と恐怖に、最終的に仕事をすることもなく、休みもない状態で継続握りになる。

いくら良いことでも義務がされると、したくないれるのは、人間の耐えられない本能である。

マンネリに陥って痛みを抱えて生きるアリよりも怠惰ブリミョ余裕を楽しむことを知っている勇気がなければならない。

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.