政府支援事業に脱落する事業計画書には理由がある

入る

公共機関のみ4回入社3回退社、本当にたまたま公共機関のみ4番目である。今公共機関を通っている。この特異な経歴を介して私得たのは、さまざまな分野の政府支援事業を直接運営した。この記事では、事業計画書について話したい。政府支援事業に選ばれるためには、必ず住まいなければならない段階が書類評価であり、この段階を通過しない場合、次のステップに進むことができない。ためのアイテムが素晴らしいかどうか、志願者の能力が優れており、入った事業計画書を正しく少なくなければ、政府支援事業の絶対選ぶことができる。数百個の事業計画書を直接目で見て体験しながら分析した脱落する事業計画書の種類を分析してみた。


ご会社(志願者)の紹介は簡単に、ナルシシズムに陥った事業計画書

事業計画書の最初から自分の自慢だけ並べるタイプである。事業アイテムに対して惜しみなく特徴と利点を紹介するのは全く問題がない。しかし、最初のページからお問い合わせの内容にぎゅうぎゅう満たす志願者がいる。会社(志願者)の簡単な紹介が出て、会社(志願者)沿革、会社(志願者)が実行されたプロジェクトとの主な成果は、また主要成果、また主要成果…会社(志願者)の紹介がされたページが移って2ページを超えていけば、重要な事業内容を読んでも前に集中力を低下トリルことができる。また、事業アイテムに対して自分が持っていないググジョルジョル会社(志願者)の紹介を記したのか?と考えることができますので、注意しなければならない。

評価委員は、サポートしている会社(志願者)に対しては、最小限の情報のみを知ることになる。彼らは本当に知りたい情報は、ビジネスアイテムだ。 会社(志願者)の紹介は、少なくとも半ページで最大1ページを超えない方がいい。また、内容は支援事業と会社(志願者)の紹介が合致する点のポイントだけを取って記述している方がはるかに効果的である。


抽象的な言葉を乱発するピカソ事業計画書

事業計画書を曖昧に作成するタイプである。事業計画書を、より内容を豊かに見えるように作成してみると最近の報告もしくはニュースに接した単語、目に多く露出された流行の言葉を思わず使用することになる。これらの流行の言葉は誰かのキャッチフレージング、ブランディング媒体に多く露出された場合がほとんどである。したがって、単語自体がとても曖昧で抽象的な場合が多い。次の代表的な事例である。

開放(オープン)型

プラットフォーム

イノベーション

革新

新タイプ

4次産業革命

未来志向

カスタム

グローバル

もっともらしいが、光よいゲサルグな言葉が多い。もちろんあんな言葉を利用して、包装する場合、はるかに事業内容をトレンディーに見えるようにすることはできています。しかし、評価委員の立場では、具体的な内容を把握することができない単語の一覧は、疲れを呼び起こし、むしろ逆効果を出すことができる。 常にトレンディな単語を書く時は内容メインに活用順という点を認識している必要があります。


目の高さの校正が必要な事業計画書

技術と関連した事業計画書を受理してみるとこれが研究論文のか、事業計画書のかぼんやり場合がある。どうやら技術を主に研究された研究者や技術者、開発者の方が作成した事業計画書を見れば、専門用語も多いだけでなく、内容を理解しにくく作成する傾向がある。関連分野の専門知識を持った評価委員は理解できるだろう。しかし、評価委員を交渉する際に一つの分野だけで交渉していない。多角的な評価のために、様々な分野での専門性を持った評価委員で構成する。したがって、 事業計画書を作成するときには、中学生も読めば分かることができるレベルで作成する必要があり評価委員に内容が歪曲されず、配信されることができる。

BLEベースのワイヤレス充電システム

Bluetooth対応の無線充電システム

前者と後者の両方が同じ意味の事業内容である。どちらがより理解しやすい?事業アイテム名に専門用語を使うことは、慎重に考えなければならない。事業の第一印象を分かれることができる最も重要な要件であるからである。志願者が知っている専門用語は、評価する相手は当然かもしれないと考えて、できるだけ簡単に解放書くことが事業計画書の合格率を高める一つの方法になることができる。


表、図に壁紙を張る事業計画書

テキストのみの完全な事業計画書は、読みやすさを落とす。このため、図と表を適切に使用して可視化することは非常に良い書き方である。しかし、満たすべき分量は多く、内容が出てこなく表や図を挿入して分量を増やす事業計画書がある。ページの表や図を大きなサイズで、あるいは3つ以上の挿入する場合、むしろ性のない見ることができる。また、全く関係のない画像や表を使用する場合は、むしろ伝達しようとする論点を曖昧にすることができる。 画像は、内容を視覚化して表現したい重要な内容に挿入をする必要があり、表は内容を説明するための根拠として使用できるデータを挿入する必要がある。また、ページ一枚あたり最大2つの適切な分量である。


流れる雲だけとる事業計画書

事業計画書のほとんどは、先端に期待効果、今後の計画を作成する部分がある。この部分にどのように事業を具体化してどのような効果があるのか定性的に解放使う場合があります。もちろん丁寧な部分も重要だが、定量的な部分が評価委員にアピールするためには、はるかに効果的である。支援事業は、ほとんど政府の会計年度に、年間単位での事業が運営される。このような特性のために、常に不足したスケジュールに目で確認できる性能を要求する。したがって可視的な成果を定量的に表現した事業計画書は、目により賢明しかない。 公共機関が好きな成果は、「事業化」と「雇用創出」である。この事業がどのように事業化して売上高、投資などが発生されるか、そして最近の雇用創出が政策的にとても重要な事案だと「雇用創出」は、注目して見て成果である。事業計画書を作成するときに、この2つのことについて重点的に作成するはるかに合格ラインに近づくことができる。


ガイドはご消してください、ガイドを甘やかす事業計画書

通常の書類フォームを提供する場合、志願者の円滑な理解のために、青色の文字に傾いた効果を与えたガイドを各パートごとにあらかじめ書いておく。 思ったよりかなり多くのボランティアがガイドを削除せずに提出する。どのように見ると、とても些細することもあるが、事業計画書の完成度を落とし性はないに見えることがありますので、注意しなければならない。


予算作業をおろそかにする 事業計画書

私は予算の部分を事業計画書の花と表現したい。 政府支援事業は、最終的に限られた予算でどのように適切に活用して提案された課題を果たすのだろうか?の部分を評価するものである。これは、ほとんどの支援事業の評価指標にも反映されている部分でもある。ための予算はどのような支援事業でも最も入念にチェックし、評価する部分である。予算の重要性を知らずに適当に予算を策定する場合支援事業で選定された後に、むしろより問題になることができる。足ひれを出して支援事業を恩恵受けるに不適切なメーカーとして烙印写る場合もしばしば見た。予算の部分は、実際に書類を通過して、次のステップでも評価委員が重点的に確認して、攻撃される可能性のある部分がので、事業計画書の作成段階から入念に作成する必要がある。


根拠のない脳ピショルな事業計画書

事業計画書を作成するときに、市場調査を通じて、ビジネスアイテム関連市場の動向と需要を把握することは基本である。しかし、これに対するソースが見つからない場合、いくら良い内容であっても、脳ピショルに過ぎない 。評価委員に主張する内容に信憑性を高めるためには、情報源を必ず表記するのが良い。これらのソースのありなくの違いはとても些細な部分であることができるが、データの精度と信頼性を上げ、事業計画書の完成度を高めることができる本質的な部分である。すべて引用する資料は出所を必ずタルジャ。

以上、政府支援事業に脱落する8つの事業計画書の種類を調べた。事業計画書の内容も重要だが、現職の担当者にもう少し合格に近づくことができるのヒントを中心に紹介した。 政府支援事業の性質上、形式と根拠に執着している場合が多い。しかし、ローマに行けばローマの法に従わなければするように民間用事業計画書は、少し異なって政府支援事業のための事業計画書は、ディテールな部分をもう少し気使えば、はるかに良い結果を得ることができるだろう。

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.