本を書かずに文章を書かなければならない理由

済州島に降りて住む大学の卒業生がいます。いろいろな理由があるが、済州島で本を書くという妻の意志もかなりの部分反映されたとした。

「事業もたたん本書く思うよもう3年ナンバーワン」

カトク会話の中で友人が残した愚痴です。この言葉を聞きながら、「本を書く」ということについて静かに 考えてみました。 本書くのは、最終的に文章を書く 行為であるために、語感が真異なります。 「文を書いて」は感性、「本を書き」は、なぜかゴチャンハムが感じられます。指もこのゴチャンハムが負担タイピング速度を出せないのがないでしょうか?

3年の間に3冊の本を出ガンヘトと、本一冊分の連載原稿も仕上げた状態です。会社員である私の本を書いた場合、周囲の人々 の反応は、ほとんど あえぎ」です。

「時間もないのに、ひどい」

   「どのようにストレス受けるか'

家族 は後回しだろ?」

  似たような言葉をよく聞きながら 、このような生 の角度 抱く人が意外に多いこと がわかりました。 「一体いつ休んで? 息妨げられる。そうするうちに、家族にいじめ当該」という言葉の中にもたっぷり含まれた意味から   ところが、息が詰まっても、大変でも、難しくもなかった。時間に追われながら 創作 の苦痛を伴うこともなかったよ。ただ楽しかったです。

本を目標に悩み、苦しむこれら直接的または間接的に見て、過去3年間の執筆旅を思い出しました。経験に基づいて を書きたい初心者がどのようにしなければならもう少し効果的に本に近寄ること ができる   いくつかの考えてみました。

1.途方もする負担になる

<画像ソース:映画ボヘミアンラプソディスチールカット>

短期間で本を使うという派手な目標を定めて幸せ想像に陥る負担と苦痛だけますます大きくなります。負担と欲は自由な思考と思考の拡張を制限します。一人で練習するときは、間違っていなかったピアノ曲誰かの関心を持って見守ってみると私の実力を発揮できないのと似てないでしょうか。文も結局誰かに見せてくれる結果導出が、作成プロセスだけは絶対負担スロオミョンないされます。

流行に便乗して、2010年には、ブログを始めました。私は何の特技も才能もなかったんです。わずかの趣味は映画鑑賞。映画を見て私の考えを勝手に敵だった。楽しかった後は、映画を見るのが仕事になったです 。仕事の後、単独で映画を見て、週末にも義務付けられて映画見ている。これではないたい天職だと思った職場生活関連の話で話題を変えました。他の人々も多苦しむ一般的な職場生活の話に誰が共感するかと思った、の同病相憐の同志が多かったです。これらの力を得て、より熱心に文を書いた。平凡が真理である時があることを発見した瞬間と言えよう

認知度が上がり、文と時間が積もりながら、複数の企業のブログで原稿依頼が入ってきて、その時から粗末な文章を何十回読んで修正し整えていきました。無心積まれてい何百もの記事を再溶解ノックまともな形を備えた延長になりました。企業ブログの70本以上を寄稿しながら、既存の不足していたが再誕生する機会も得まし 。最終的にはブログに板リョトドン投稿が集まって本になったんです。全く予期しないことでした。

2.好きなら、脳が助ける

<画像ソース:映画ボヘミアンラプソディスチールカット>

一時ブログに夢中になっていました。酒を飲んでも   何か浮かぶとメモ帳に少なく、バスから地下鉄で文章を書き、家に到着すると、ブログに 移した後、 発行予約をかけて 寝ました。今でもこのメモの習慣は相変わらずです。無理 絶対にできないことが行わです 。文章を書くことそしてブログが笑っとの疎通が楽しかったので疲れたとは思わなかっ 。完成度とは関係なく、ただ心のままに書いて人と共有するのが良かった。忙しい時は空白の期間もあったが、指と時間が許す限り漏らさない日でした。本を書きという目的ではなく、文章を書く楽しさのために可能なことでした。

   誰が好きで興味のあるものをテーマにグローバル書き込みます。楽しくて幸せな感情を長く維持するためには 科しないように着実に維持することが重要です。よう疲れず継続して新しい 文を 誕生させることができます。脳は私たちの体の25%のエネルギーを消費します 。意識的にエネルギー消費を最小限に抑えるが、好きなことには、喜んで割愛する 。脳も許す楽しいことなら十分なエネルギーをこぼしても惜しくないことです

3.心の余裕が本を作る

<画像ソース:pixabay>

焦りから抜け出し余裕を見つけた場合は 、率直で優しい文章を書くことができます。ミサてね華やかさを下に置く快適文読む人の心も一緒に余り有深く作成 します。過度に洒落た人が負担になりそう関わる文も似たような感じを与えます。専門書ではなく、経験が盛り込まれた 文は、率直に武器だと思います。そうでなければ、今後、過去の私の現在の私ずれることがあります。芸能人たちの過去のとんでもない発言が物議に上がって、過去の所信発言が後で光を放っよう言葉です。率直には、自分との約束です。このような過程を経て、一方一方、貴重なグロー ヨクイプです

ブログを初めて起動したときに、訪問者も少なく、コメントもなく意欲が大きく生じていない。しかし、直接投稿を100個作成するまでは、真のブログではない文章を読んで耐えた。今はブランチでの活動が寀ーにたまった文が400余個です。その文を再度掘り起こしてみると、とても目を開いて見ることができないほど雑ました。数年間 、一つ一つ修正補完する 、すなわち、改造 後のブランチに新たに連載しました。数年前に書いた文がブランチにきちんと盛り込まれて本に誕生しました。本を書きたいという気持ちではなく、 過去に書いた微弱な文を磨けながら長い長い文章を書きたいとこと、心が通じた成果でした。

4.文は 蓄積収録文 を生む

<画像ソース:pixabay>

3冊の本礎石は7〜8年間のブログにたまった400以上の記事でした。多くの場合、報道機関や企業サボ担当者に 原稿依頼を受けます。 リクエスト対象に応じて 、ほとんど 新しい記事を書くが、主題を聞くやいなや浮かぶ既存文がある場合もあります。記憶をたどって、その文を広げ、いくつかのリサイクルもあります。   記事で育った芽が再び新しいグローバル育ちます。本出版に関係なく継続的にブランチに文を書いています。本目標ではなく文を長く使うのが目的 です。じわじわ別の文が集まれば、新しい本が誕生することもできるでしょう。文を書く原動力はしますが、 目標 ありません。

多く書いてみると文の量と一緒に文章を書く力も向上します。 まだしばらく足りと感じます。ところが、初期文を見れば思わず「削除」ボタンで、手がかかります。 「今はこの程度まではないんだな」でオナニーします。過去を成長していることを実感する機会であるため、謙虚に受けて産む。過去の不足、私あったので、今の少し少ない不足私のことだから。


3冊の本の原稿作業はほとんど2〜4ヶ月程度かかりました。新たに書いた文は、多くません。文を本らしく整える過程のみされただけです。情熱があふれ最初の本のドラフトは、500〜600ページの大作になるところでした。原稿を半分に減らし、残りの部分は、別の機会に会って一冊の本がされました。以降、職場生活の話から抜け出し、日常を込めて連載していた文章が一冊の本に誕生しました。 「本を尽くす」という考えは大きくなかった。着実に文を書いてみると本を書こうとしており、既存のに書いた文章の原稿作業をしたため、時間がかかりもなかったし、余裕があって楽しく作業することができました。

唯一無二の自分の文章を信じて愛して下さい。 「最近は猫も杓子もだ本初音?」という言葉を聞いても屈せずに押していきました。本ではなく、文を書いたからです。 「本のための手段ではなく、ロングランのための文を書こう と静かに叫んたい理由です

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.