本人だけ知らない慢性的なガプジル

<画像ソース:京郷新聞、イラストキム・サンミン記者>

週末にホテルで開かれた 結婚式に出席しました。丸いテーブルに席を取れ 置く。式開始頃の顔が精通している芸能人の一人のマネージャーと一緒に入ってきて、同じテーブル に座っでした。 周りの人がチラチラ見みました 。当然のことであるように笑いながら「こんにちは。XXXです。同じテーブルであればだ家族だから」と、まず挨拶を渡しました。写真を撮る時も延伸友人に「笑って!笑って〜!」 叫び、明るい姿を見せでした。その時だけでも活気良いオーラを感じました。

式の終わりいく頃の食事が始まりました。桁が足りほどホールはタイトけっ、数百人のためのコースメニューが空で精神なしに飛び回っていました。メインメニューのステーキを食べる時でした。芸能人がサービングする女性職員を呼びました。

「女性は、ここたくあん ありますか?」

「確認して言葉ますよ」

女性職員は手エドゥン食べ物サービングを急いで終えあたふたキッチンに向かいました。 しばらくして 忘れずに訪ねてきてたくあんがないニュースを伝えた。忙しいそんなこと何しに付着かという一行の言葉に、当事者は「聞いてくるので損は何かありますか?それともしまうんだ 」と言いました。そうしたところしばらくして、その女性社員を呼びました。

女性 ここチリソースちょっと持ってきてください。」

誰が見ても精神がない渦中でした。 「はい。しばらくお待ちください」の女性職員は親切に答えました。 ストリングたの 少し遅れてチリソースを持ってきました。にっこり笑って「早くも持って生じ。今更これ食べだそうだ」とし、一行にチリソースを示してテーブルにかかった投げた。 もちろん蓋も開けなかったんです。

明らかに 悪意を持った行動や話し方ではないでした。面識のないようなテーブルの人にワインに沿ってくれる親切を施すこと計算的であることがあっても、人々の多くの場所で 遠慮なく 不快な姿を見せるはずはないですからね。ただ、すべての行動があまりにも自然で慣れ示し不便たプンイプです。明るい日差しと暗雲を同時に浮かべ はそんな感じと言えよう。非右よう軸垂れ女性職員だけ チョリャンヘました。

誰にでも時と場所に応じて、引き受けた役割に応じて、守るべきマナーがあります。サービングする女性職員は、自分が引き受けた任務を立派に消化したと思います。しかし、TV 完璧だった彼は、結婚式場のゲストの役割 消化に下回った。個人が訪れたレストランでもないのに少し過剰な要求で誰かを大変にしたからです。

わいわい騒々しい結婚式桁と多くの人がその光景を見ていませんでした。目の前に座った私だけYouTubeのライブ放送を視聴した感じといいましょう?

  ホテルから出て、家族と一緒に家に向かう途中でした。突然5年生の娘が「ママ、さっきサービングた姉を覚えていますか?」と言いました。 妻が流す "いいえ誰?」という言葉が終わる前に、私は割り込みました 。 「お父さんは覚えてなぜ?」と言ったら「その姉もかわいそうでした。レストランでもないのに、その どの    とてもさせ… 」としました。

  大人の配慮のない姿に当惑していた姉がの目に踏まヒョトドン形です。娘の胸に込められたその感情は、大人が自分も知らないうちに思わず投げる無分別なガプジルでした。  私たちがよく見てきたガプジルとは異なる姿でしょう。遠慮なく叫び脅す上げる行動だけガプジルがありません。とても自然に繰り返しているため、身についてしまった悪い習慣。思わず習得した迷惑なのかわからない、そのさりげない癖が相手にさらに大きな傷を残すスーパーガプジルでしょうか。

思わず後輩に、家族に、友人に、あるいは初対面の人には見えないガプジルを行うではないか、自分を冷静に見て回った冷たい春でした。

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.