生涯親孝行だというママのクールな証言

<既に値出所:https://pixabay.com/>

2010年2月のある週末。

   25ヶ月のタルネミが保育園で茶目宴を言います。パパも参加したら良いという妻の言葉に前日の二日酔いをそのまま抱えて家を出ました。

たて3歳に入った娘、「私子供が何をする…」と言いながらも、心の中では、密かに期待を抱きました。 「私幼い時、私たちの両親も、このような期待を抱いたのだろう?」という考えも擦れるように見ます。

エキサイティングな音楽と一緒に4〜5歳の子供のオープニング舞台が繰り広げました。真剣な子の姿をより真剣に見つめる親が子供よりも先に目に入ってきました。写真を撮って、動画を撮影し、手打つ明るい親たち。空の高知らず口元たママとパパの幸せな姿を眺め見ていると何となく鼻先がチンヘます。

いよいよ娘舞台。子供三人がちょこちょこ歩いて出てきます。観客期押された子供は泣きを噴き出して、娘はぼんやり立っています。残りの子供が二人分を熱心にこなしています。突然先生がお母さんを呼んでいます。 やはり偉大なママ!誰一人抜かずに舞台に上がって多めに子供の分け前を消化します。

第二段階。タルネミを除く子供たちが泣きながらお母さんを探します。タルネミはぼんやりした表情で一人で舞台を消化します。ガールグループのデビューも受けるように心臓がワクワクゴリプニダ。公演が終わると安心したお父さんは満たさ笑顔を大放出し、子供を抱きしめてくれます。

子供が大きくますます、親の役割が大きくなるほど親と感性によくぬれたようです。正解のない親の役割が何となくのプレッシャーも感じますが、いつの間にか親になって、私の両親の心に非常に貴重ことが本当にうれしいです。

母がいつも言ってました。 「子は幼い時、生涯親孝行だしている。ニードルもそうだった。」と。

多カーソルは親孝行をしないという意味も含まれていましだろうが、より深い意味を知っていました。私の両親が感じた感情、抱いを期待して、施した愛が、今私が余裕度という言葉でしょう。これから行く道真遠いが、私は幸せです。私の母、お父さんの息子であり、二人の子供のお父さん、大切な女性の夫ですからね。

2010年3月に抱いた心を2019年1月に再び取り出しました。 25ヶ月タルネミはもうすぐ小学校5年生になって、船の中にいた第二は、3年生になります。はかない歳月の流れを痛感しているが、まだ子供のおかげで幸せな気持ちは変わりません。

特にセンチハン今日一日誓ってみます。 「母は私たちの心の中にアールを与え、父は光を与える。」は、ドイツの小説家ジャン・パウルの言葉のように、子供たちにアールと光を与える父親になると。

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.