痛みを軽減する妙なポーション

代理進級に不足していることがあります。今思えば些細なことだが、当時の自尊心は土地の深いことを知らず、限りなく墜落した。仕事の後眠っ子供の顔を見て「お父さんがないからごめん」という言葉を嘆きよう吐き出すほどでしたから。

この小さな事件が引き金になったか、スランプが訪れました。毎日同じように繰り返される日常に肉体的、精神的疲労感は積もって、私は今何をしているのか嫌悪らしく、仕事も人も見閲覧たくなかった。入社以来、最悪の無気力さに陥った瞬間だったと思います。出口を見つけるために答えない就職サイトのみ踏みつけました。

ところが、真の凶悪ながら、数年前に十年勤続賞受け、まだそのような会社によく通っています。これまで特別なことが起こったのも、特別な解決方法があったのもありません。ただ用心深く時間に逆行することなく、これまでフルロワトをするだけです。

「私は人が生きていくのは時間を待って耐えることであることを悟るようになった。いつも期待より及ばないものの 、とにかく生きている 時間は流れて、すべてのものは過ぎ去る」ファン・ソギョン作家の小説「パリデギ>に出てくる一節です。時には最も平凡なことが真実になることもあります。

「Time heals all wounds時間が約ある」は、全世界の人に処方可能なワクチンです。時間は世界の誰にでも同じように無料で与えられてから。経験を通して見る、時間は過去の希釈した妙な威力を持っています。一歩も踏み出せないほど疲れ大変な瞬間も時間という薬で徐々に治癒されないですか。

父が亡くなった28歳の夏。私は就職しても、自宅で不足しているカードの値を頼む甘やかさ末っ子でした。 「お父さんなく、どのように住んでい?」という考えに母親を抱きしめて狂ったように泣きました。葬儀を終えて家に帰っママ、挙動不便祖母、物心ない低セットのみぽつんと残っているんです。若い年齢で悲惨な最もになったと考え頻繁ウールました。

計算してみる137,000時間を超える歳月が流れました。父の顔と暖かくていた思い出はまだはっきりするが、家族を発った瞬間の痛みは、もはや残っていません。時間という妙な薬が苦しみを希釈させ、傷を少しずつ癒さたからでしょう。

職場生活も同じだと思います。どうせぼやける痛みにも集中するとつらい現実の時間が斜めにつできません。時間というきっぱりを信じて、悲しみと苦しみより幸せだった瞬間をよく思い浮かべるときの痛みは、よりカモ流れていきます。

一歩戻って世界を眺めてみると痛みという現実は、幸せな思い出と接しています。父が亡くなった瞬間の痛みよりも幸せだった思い出がより一層はっきり覚えているように、幸せな記憶が大きくなると痛みは比較的少なくなります。痛みの大きさは、時間の流れとは逆から。痛みは握れば遅くて、離すとはかない時間とともにカモ行ってしまいます。今この瞬間にも。

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.