結婚しない後輩の鋭い指摘

<画像ソース:https://pixabay.com/>

男女後輩と仕事の後に簡単にビール一杯でした。 の後輩 の妻が妊娠初期でした。後輩は娘だったら良いという風を明らかに出しました。最近では娘が大勢と娘バカお父さんたちの話が尾に尾をくわえ続いてしまった。そうするうちに多少苦い言葉オました。

「最近では、6年生だけになってもお父さんがラッキング 嫌いハンデヨ」

キスもする変態と腹出すか…」

娘のパパの切なる心境で私は「多お父さん次第ではないか? タルネミラング長い長いデートもして親しく過ごしたい…」という物足りなさを伝えました。

じっと聞いていた女性の後輩が突然一言ました。

「そうです。多パパ次第です。お母さんにうまくいけば、娘も父親好きです。」

その言葉を聞くと、多くの瞬間が脳裏をよぎりました。ドラマや本で見た脚色された内容ではなく、 私が経験した過去でした。まさに 「姉が父親をあまり好きではなかったという事実」でした。

私亡くなったお父さんのための最大の記憶は「真の面白い人」です。いつも気の利いていて優しくて、友人にも優しく接する。しかし、母と姉が覚えているお父さんは違います。 30年以上生きてきた夫婦の計り知れない紆余曲折を密接知ることができないが、お母さんにお父さんは優しい夫ではなかった。これを裏付ける証拠のいくつかは、姉の記憶です。つけておいてお父さんが嫌いという話をしたことはありません。しかし、お父さんの姉と私の記憶は非常に異なっている。世間知らず末っ子だった私は、「してほしいという巨大だくれるお父さん」と、長女である姉には「ママを苦労しているお父さん」で残っているということを、大人になって感じることができました。スペースで一緒に住んで異なる保存された記憶の共有を介して。

姉が大学生の時な心理テストで「マママインド」という結果が出たということをかすめるように聞いたことがあります。お母さんに自分を投影してお父さんを目にしたのがないでしょうか。一緒に成長時分からなかったが、お父さんに笑って冗談の多い私とは全く異なる方法で姉はお父さんを対しと思います。自分だけの保護膜を作ってある程度の距離を置いたかでしょうか。私だけ抜いて二人の映画を見に行った記憶が浮かぶことを見て、お父さんと姉の間がそれほど悪かったのではないでしょう。ただし、私の娘と共有したいと思うようなロマンチックな姿は断然ありませんでした。もちろん、私はよくわからない二人だけの思い出は存在するがね。

姉の結婚式の日、家に帰ってきて不意にモップで床を拭いながら涙流し父の姿、一緒に住んでいる間伝えられなかった姉の愛ではないかと思います。男は年齢が例えば弱くなったとね。お父さんはしばらく健康が好きではない明け方嘔吐していた母親に「あなたの生涯守ってあげる」という言葉を伝えました。お父さんは約束を守らず、突然離れた、姉がこんなお父さんの心を知っていればお父さんのために良い記憶をしたピースでも、より大事にすることができませたのでしょう?

後輩に言いました。

"あまりにもダンヨンハンデ、全く考えていなかった鋭くも完璧明言だ。」

バラバラに住んでいる家族への思いを停止し、今したことに一つになって支持で焙煎家族を思い出しました。妻との戦いの子供たちが私を好まが思い出しました。特に最初のタルネミが途中で困っていた記憶。このような破片が集まって集まればお父さんの記憶も、最終的に歪んでしまうでしょう。

大人になってタルネミと腕組みをしてデートする夢。これ成すためには、今そばにいる大切な人に良いことという事実を結婚もしないし、後輩に学びました。お父さんの話をしてニコニコ笑う後輩の姿を見てもお父さんとの関係そして家の雰囲気が感じられます。その日以来、妻を思う心に変化がおこった。 「これまでも楽に、簡単に扱わはなかったか…」過去の間違いを思い浮かべながら。不足している夫は今までの私の打たずに生きてくれてありがとうございます。

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.