自律走行、それはどこ通常使うのですか?

自律走行といえば、ほとんどの車は道路の上を走ってドライバーはステアリングホイールから手を離して、スマートフォンに触れたり、シートを後ろに完全に抜いた後、楽に眠る運転の様子を考えるだろう。しかし、実際に道路に限らず、どこかに移動中の手と足は自由であるということは、はるかにすることができること、あるいは享受することができるコンテンツが多いことを意味する。自律走行車を活用できるさまざまな環境でのシナリオを想像してみた。


遊園地

ガールフレンドと遊園地でデートをしてみると、足が痛い。お腹もすいて首マルタ。遊園地内の運行する自律走行車を利用すれば、すべての問題を解決することができる。自律走行車に乗って行こうとする目的地まで楽につい移動し、内部では、簡単な飲食を販売して乗り物予約と案内コンテンツを提供する。


物流

中古取引をするべきなのに、売り手もしくは買い手と会う時間もないばかりか、知らない人と会うこともコリムジクである。このとき、無人宅配さを備えた自律走行車を利用すれば、お互いに会う必要もなく、安全にクール取引を行うことができる。


学校

共働き家庭の子供たちの登下校は、常に悩みれる問題である。このとき自律走行車を利用すれば、登下校時間に合わせて家 – 学校を移動して、内部では年齢別に楽しむことができる様々な遊びコンテンツを提供する。


ホテル

空港は、常に中心部から遠いところに離れている。このとき、空港とホテルを移動する自律走行車を利用すれば、はるかに簡単に移動が可能である。空港から降りてホテルピックアップ自律走行車に乗っている。自律走行車の上に目的地のホテル名を移動、顧客の名前が表示されている。バスに乗るの中、快適な椅子と現地観光情報、多言語音声サポートサービスなどの利便性のサービスを提供する。また、車の中でチェックインとカードキーを受け、ホテルのフロントに聞こえることなく、すぐに部屋に向かう。


病院

病院に行くと診療時間より待機時間が長い。特に病院に行く時間がないサラリーマンが集まる土曜日時間は一日の半日を飛ばす覚悟をして、病院に行かなければならない。しかし、病院や自律走行車を接続すると、車両の中で簡単な健康診療や病院受付サービスを提供して医療サービス情報を提供する。


オフィス

外部ミーティングをしなければなら時間がない場合は、自律走行車に乗って移動し、自動車の中でミーティングをすることができるムービングオフィスを提供する。車内のディスプレイで一緒に資料を見ることができており、テレビ電話接続まで可能である。そして通勤用シャトル利用しラッシュアワーの交通渋滞を解消する。

これらの仮想のシナリオでは、そう遠くないことである。最近2018 CESで、トヨタはカーシェアリング、物流輸送、乗客、取り外し可能な店、配信など多方面で活用できる未来型・オープン自律走行車のプラットフォーム「e-パレット」公開した。消費者の反応は熱く、今後、自律走行技術だけではなく、車両内のコンテンツの新たな競争時代を予告した。このサービスは、2020東京オリンピックに合わせて開始する予定だとしたら、今後の変化を期待してもいいだろう。

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.