<画像ソース:pixabay>

ひどい風邪をひいて土曜日の午前9時に病院を訪れました。ドアを開く時間にぴったりヒットが勤勉な人が多くて一時間ほど待機しました。当然座る席がなく、長い椅子の端に座っている同病相憐病気の人々を無心眺めてみました。横には、四、五歳の娘を抱いたお母さんがいました。

「休止に水つけて 手をなぜ拭き取ってください。 家に帰って石鹸で 洗浄した 。 "

「ママこちらにいるんじゃない。なぜそう人々も多い歩き回るちょっとよ。」

「ああ、またどこただここに座っている。なぜそう本物」

組み症の 含んだ この 怒鳴りはお母さんが子供に言葉ありません。一緒に病院に来た子供祖父であり、自分のお父さんに 吐きだし言葉でした。 60代半ば程度に見える印字 印象 のお父様。 「だけでなく、 ママはどこか見に行くよ」と照れくさ答えをしながら継続娘の顔色をサルピプます。

「ママたち切っても計算与えるのですか?」少し前まで延伸イライラ振るった姿とは異なり、愛嬌混ざった表情と話し方でした。 「医療費が万ウォンにもならないね」というお父様言葉には、誰も返事しないまま歳家族は病院を出ていきました。父はまるで南のように急いで家族に沿って出たよ。

かっと、一瞬だったが、名残惜しくて悲しかっ感情が押し寄せました。娘育てるパパの立場とお父様に感情移入になったからでしょう。ぶっきらぼうらしくいらいら態度、瞬間あらわれるお父さんの感情は明らかに一瞬にして作られたのがないでしょう。数十年一緒に家族の内膜を知ることはできませんが、一時家族の責任をられていたお父さん、そして最もだったはず。パパのすべてが好きではない娘の前で、その姿は 小さくみすぼらしいものでした。重い心で治療を受けて家に向かう途中に病院で見た家族の後姿が見えました。まだ父は一番後ろ一人歩いていました。

ママとパパと手を握って楽しく道を歩く子供の姿、幸せな家族の表象です。祖父母と一緒に遊んでいる子供の表情で穏やかな家族の暖かさを感じます。ところが、最も強固なフェンスになってくれる家族がとても近いので、この大切さを忘却したりします。お母さんに腹出して、お父さんを無視して、兄弟同士対決だけうなるながら

結婚をして子供を育てながらお母さん、お父さんにイライラ出し化出した瞬間にいきなり浮かん申し訳ありません時があります。後悔したところで無駄ないので、ただ申し訳ない気持ちだけ一日一日大きくなります。   二十八歳のある日、 部屋で タバコ吸うと悩 お父さん を避け訪問を閉めて寝たふりしました。カチッ、カチッと訪問を開いたお父さんがそのまま出勤をしたし、それがお父さんの生前最後の気配でした。いつもそばにいるような家族もそう虚しくそばを離れることもあります。永遠に私責任を負う ような両親だったのです。しかし、私たちは、なぜ「両親生前親孝行しろ」という言葉をジンジュク気がつかないでしょうか。

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.