進級に落ちたときに自己の上の方法

毎年進級シーズンは間違いなく戻ってくる。悲喜が交差する瞬間の微妙な雰囲気は全くヤルトである。入社後進級は二回しかなかったが、毎年苦いた記憶と幸せだった記憶が交差する。格別常勝疾走する少数を除いて、多くの会社員が似たような感情を感じるだろう。会社に通うCC、夫は進級成功、妻は滑った状況。美空も表示されたら「良いのか?」と打ち上げ付ける妻のために存分に好きでしたという裏話を聞いた。

 

   進級について感じる感情はそれぞれ異なり、受け入れる心構えもまちまちである。しかし、これは憂い憂いでお困りで払い落とすインフルエンザと同じである。 病気に自分自身をも自責と 回復がのろいだけだ。 周辺の先輩・後輩、同僚と私の姿を第三者の立場からじっと見つめた。苦い経験を思い出させて感情を移入した。進級に滑った時に自分自身を上にする方法をいくつか考えてみた。

 

 

1.実力ではなく、か

 

私本当の昼と夜のない隠しハードした…」だからもっと恥で気持ちが上下ある。熱心にすると上手は明らか異なりますが、進級は必ず実力だけで判断されない。代理進級から脱落チーム長が呼んだ。 「年齢もあり、仕事も熱心に上手を決して知っている」が、結論は「落ちた」だった。 「何だ?前後ろない合うんじゃない」と思った記憶がある。

 

企業の人事担当者が従業員の昇進欠落の理由を業務能力不足(49.6%)と答えた。しかし、これは、チームの公式脚本にすぎない。 ない場合、私たちはたくさん見てきた。 能力不足ではなく、「会社ごとに、チームごとに、人によって異なり見えない やむを得ない 事情があります」と言ったほうが、より説得力のある もの ある。

 

役員、部長級を除いて、その下の職級の進級は実力より複合的な変数が入り混じった結晶である可能性が高い。 「いやあんな人がどのようにその位置まで上がっ? 存在自体が怪訝な は、イディルカナ必ずある からだ 。進級は実力と努力を伴った切実 だけで 達成することができないことを意味でもある。 これ一喜一憂し、自らメンタルをもタルタル奪う困難である。所定の位置を見つけることが困難ことができる。会社員は回復弾力性が重要である。どれだけうまく耐えていることの上だ細目開け見守っている。来年を誓約しましょう。あなたなら十分チャンスがある。

 

 

2.タイミングとウンバルに屈するしない

 

進級においてタイミングは非常に重要な変数である。一言で 昇進は   運ともすることができる。

 

友人が働いて、大企業には、次長の昇進率が30%と定められているという。各チーム別、部門別進級対象者数は毎年上り下り変わる。競争相手が少ないほど有利件当然の事。一部門、チームで同期同士の競争を繰り広げかすかがすれ違う場合も頻繁にあることだ。おかげで粘着性があるた同期の間が 遠くなることもある。一、二回ムルモクは浪人が前を遮っ ている場合も避けることができない 。やむを得ず前の車を先に送信する 状況 に直面する。譲歩する嫌サン〜走っていきたいのですが、組織と場所は、不要な譲歩をこっそり強要するところでもある。

  つまり競争相手が多く押された場合、 運がないのであって実力はその次の問題だ。競争相手の中でも、会社で重要なここのチームのメンバーが進級する可能性が 非常に高い。私はチームではなく、ものを嘆いてしまうしたところ効果がない。タイミングが合わない、単に運のないことも大きな意味を付与してみましょう。あなたならすぐにとんとん払い起こることができる。

 

 

3.怒りを時間に私のオジュジャ

 

進級に有毒鋭敏する時がある。不足していると、悔しいし分して恥だ。 「あいつもすることは、私?」と自己恥辱感に陥る ことは ありふれた男のドラマだ。ところが、時間が経過すると心構えが少しずつ変わる。鈍くなったというか。最近会社員たち、早い名誉退職、希望退職などで会社に滞在できる期間がますます減る。ので、多くの が「細く長く」という戦略を心の中に抱いて生きていく。あまりにも早く上がれば、もはや上がる所がない。大企業で役員になる確率0.87%、女性役員の比率0.06%という数値は、どっしりとした苦い さと気楽さを同時に 色あせている。大半の会社員が若いとき真グプハンデ、加齢とともに進級に余裕を見せる理由でもある。もちろん職級年限がある会社も多いので、一職級にあまりにも長い間とどまればならないだろうが、精々 1、2年にグラグラ飛び出る という 言葉 。 0.87%という数字を覚えていれば欲を簡単に下に置くことができる。

 

 

4.降り置くの美学、表情管理

 

進級できなかったときの感情を隠すことも能力である。 「私がどうしてAをできない受け、進級していなかったのか理解できません」と涙を流す部下を見ると、上司気持ちがどうか。進級で滑ったと 、今年は仕事を熱心にしないつもりと打撃くちばしチームメイトを上司が大目に理解できるだろうか。

偶然会社山歩きで後輩たちが交わす話を聞いた。課長進級に不足している後輩、「X足生まれ離れたのは今回が初めてだね」という過剰な発言をした。長や役員が直接聞いはなかったが、かすかにでもその言葉を聞いた周囲の先輩・後輩は苦い気持ちをカモ飲み込まなかっただろう。

 

少しだけ思って余裕をおくと感情に簡単に振り回されない。会社のレーダー網はあちこち最大限にフル稼働している。人事チームスパイがすぐに私の隣の席に 立って耳を傾けて いるかもしれない。遠慮なく気持ちを現わせば、これ今後「靭性がないよ」というとんでもない評価につながることができる。 1、2年後を一度でも思い出して見た場合に後悔を呼ぶ不器用な行動は控えることになるだろう。

 


会社員に賃金引き上げと成果給と進級ほど幸せなことがあるだろうか。仕事に陥っ能力を認められて、達成感とやりがいを見つけるかもしれないが、補償が裏付けされていない場合は、最終的には虚しさだけが溢れるだろう。お金と自尊 直結されただけ進級は会社員にとって重要な要素だ。しかし、既に展開されているプロモーションチケットを受けなかったと過度に怒りませやめよう。それより は、 次のチケットを手に握るためのレースの準備をすること、まさに賢明な会社員の精神である。

実力がなくてではなく、単にタイミングが良くなかったし、運がなかっただけだ。重い心を少し置いて、将来の時間の中に戻って私の走ろう。突っ張ること、最終的に勝つだろう。

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.