2018自動車技術トレンド

将来の自動車の姿はとても異なるものである。

なぜ?

運転をする必要がないので、

運転をする必要がないから、ハンドルも必要なくブレーキも必要なく空き容量が多くなる。その空間は、コンテンツを消費することができる最適な形で徐々に変わっていくだろう。

運転手がいる必要がないので、

運転という存在が、あえて必要なくなる。自動車が自ら動くとなりますので、運転席自体がないことになる。その代わりに、走行だけでなく、他の付加的な仕事をすることができる形態の姿へと進化することになるだろう。

あまりにも当然音であることもあるだろうが、とても重要なことだと思う。自動車はどのように行われている?というと、列九はほとんど以下のような姿を考えますが、将来的には答えが千差万別で変わることができる。

自動車の姿が変わり、機能的な面でも大きな変化が予想される。

車をなぜ購入するか?という質問にも、運転したくて、公共交通機関を利用する嫌、家イラン回愛距離が遠くではなく、非常に多様な理由の回答が生じるようになるだろう。

今回のCES 2018に参加したグローバル自動車企業は、これらの将来に素早く準備し、自動車の破格的な変身を披露した。

* CES 2018は、世界最大規模を誇る電子製品博覧会で、自動車メーカーを含む全世界で最高の電子とIT企業が参加し、最先端の新技術を披露する場だ。


スマートホームのスマートシティに


CES 2017で「スマートホーム」と自動車と連動されていた場合、今物事インターネット(IoT)と人工知能(AI)技術を活用した「スマートシティ」としての自動車の活用領域拡大になるということを示した。

トヨタは、新しい形態の車両にスマートシティのあちこちで活用できる青写真を提示した。カーシェアリングは、物流輸送、乗客、取り外し可能な店、配信など多方面で活用できる未来型・オープン自律走行車のプラットフォーム「e-パレット」公開した。車両内部を用途に合わせて自由に設定が可能になることで、自動車は、まさに一つのプラットフォームとして機能を実行できるようにしたものである。

e-パレット紹介映像

ホンダは、自動車とロボットの境界を崩した。人が危険で困難な仕事を自律走行車置き換えることができている様子を示した。これ見ると、ほとんどの車のようにセンガンロボットに近い姿である。レジャー用、消火、救助、建設などに使用できる小型自律走行車シリーズが今後どのように適用されるか関心を持って見守らなければならならない。


車両と運転手のより粘着性になった関係

これから出てくる車は、車両速度、性能などの技術者中心ではなく、UI / UXベースのドライバー中心の技術とサービスが装着されて開発して、車両-運転接続強化

私は彼の名前を呼んで与える前に
彼はちょうど
一つのジェスチャーに過ぎなかった。

私は彼の名前を呼んでくれたとき、
彼は私には
花がされた。

金春洙の「花」で出るように自動車にも名前を呼んで花(?)となった。かつては、各期の他の愛称で車を呼んだ場合、もう本物の車との会話を交わしためには「ハイ現代」「ハイ・ベンツ」などの注文を覚えなければならない。カー音声認識秘書を呼んことためにだ。運転の代わりに電話をかけてくれたり、音楽を再生したり、エアコンを流したり、車両に関する質問にお答えしてくれるだろう。

日産は、運転者の脳信号を感知して運転者より迅速に走行判断、走行の設定、車両の内部環境の調整が可能なB2V(Brain to Vehicle)公開した。今の車が私の考えを読んで自ら先に動く時代がすぐに近づく予定である。

日産B2V紹介映像

私の考えを読んでしまうので、映画X-MenのプロフェッサーXも連想されるが、脳信号の活用が実現のみなら次だけでなく、様々な分野でも無限に活用されるだろう。

映画X-Menの一部プロフェッサーX

ディスプレイの競争もさらにブルブトオトダ。 大画面車のディスプレイと拡張現実、HUDが適用されたインフォテイメントシステムなどの車両の中で、まるでアイアンマンのトニー・スタークがされたような気分を浸し感じることができるようになった。

* HUD(Head Up Display):車のフロントガラスに車の関連情報を提供する前方表示装置

HUD(出典:SAE)

ベンチュは、ドライバーの簡単かつ迅速な走行のために拡張現実が適用されたナビゲーションディスプレイ、タッチスクリーンベースのコクピットが適用されたMBUX(Mercedes-Benz User Experience)インフォテインメントシステム公開した。

現代モービスがお披露目した車両-運転接続に関する新技術を総合ギフトセットのように披露した。自動バレット駐車場、映像ベースのドライバーの認証、背もたれセンサーベースの生体、ディスプレイのポップアップステアリングホイール、電子車輪統合モジュールなどの新技術を公開した。

現代モービス新技術(出典:ソウル新聞)

電気自動車は、今では当たり前だ

電気自動車は、日常生活に徐々に染み込んで商用化段階に進んでいる。どのように短い時間充電してどのくらいの時間、あるいは距離を走ることができるかが重要になった。電気自動車を充電するには面倒で、一度の充電でより多くの走行をしたら消費者の需要が反映された結果である。 次世代電気自動車の競争だけでなく、水素自動車の分野での技術開発により、最新の技術を取り入れた環境にやさしい自動車の競争加速している。二重現代が水素車を公開し世間の関心を導いた。果たして電気自動車を継ぐ次世代エコカーとして位置づけられるかどうかは、もう少し見守らなければならならない。

現代自動車の米国スタートアップ「オーロラ」の自律走行車の技術が搭載された水素自動車「ネクソ」(充電時間5分で緩衝し、最大走行距離590km)

フューチャーモビリティ 中国のスタートアップの電気自動車「バイトン」(最大走行距離400km)

まとめ

1.スマートホーム、スマートシティに拡張されている自動車の接続領域の拡張

2.車両 – 運転間の接続の増大

3.電気自動車の性能と次世代エコカー競争活性化

最終的には、自動車が世界をつなぐプラットフォームになるため、より万能ガジェットのようになっていく。

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.