ONDAプランナースタディジグザグサービス分析

ブランチに久しぶりに文を書きます。引き続き記事を遣わなくちゃ負債感あった頃、英語の勉強と育児に多くの時間を注ぐみるどうしても書くには、手を釘デゴました。ところが、今日は社内企画スタディの余韻が残って夜明け感性を込めてお茶を飲みながら文章を書いてみます。

現在、当社のONDAのプランナーはその含ま5人です。私たちは英語名を使用するのにYongとSummerはティモンから2年以上MD業務を担当であるプランナーに転向し、Hansは開発PM業務と運営業務を並行してからプランナーとして、Sebsも専攻はプランナーがなかったが、以前の会社で偶然企画業務を担当することになり、以後、当社に転職しました。

私と一緒に手足を合わせているONDA企画/デザイン/マーケティングメンバー

人物がみんな温かいですよね?とにかく主なポイントは、私たちの企画メンバー全員IT、企画専攻ではなかったサービスプランナーにポジション切り替えに成功たかなりよく従っています。第感では、現在、当社のメンバーたちのIT企画業務能力は、同年の車に比べ、よりよくする評価していて。 1年後には、その違いをより広げることができないか考えてみます。みんなの態度が良いんですよ^^ ;;

とにかく今日は勉強の話をちょっとやろうとします。昨年も個人的な興味に社内スタディを進めたんですけれど。職務の区別なく企画に興味のあるメンバー8〜9人を集めて、週1回、昼休みスタディをしました。主に私リードして講演(?)する形だったんです。お互いの職務興味が少しずつ違うみる企画を全体的にフᆴオ表示はしたが、深さをプラスに難しさがありました。

だから、今年スタディは企画者対象にメンバーを制限し、私リードするよりサポーターの役割に固執するとしました。スタディのカリキュラムは、約1年コースで< 誰貪る企画ポートフォリオの作成 >が目標です。月に2回ずつ、合計24回を進行する計画であり、すべてのスタディの内容は各自グロー発行して、その結果をポートフォリオに活用しようとします。約1年後にはこのようなResume(履歴書)を作成することができるでしょう。


[履歴事項]

[キャリア事項]

【業務知識】

-サービスポリシー策定ノウハウ(本人文リンク)

-私は考えているUXとは? (本人文リンク)

– Information Architecture(本人文リンク)

[サービスの分析]

-女性の衣類のショッピングテーマパーク「ジグザグ」(本人文リンク)

-フレッシュコードheavy userのサービスレビューと分析(本人文リンク)


私は企画力を育てたいプランナーの方には、本人の興味をグローサーボとを強くお勧めします。企画と書くの考え方が似ているためですが。これを立証するように、第周辺に企画を上手人々は皆文をよく書きます。

最初は文を発行するが震え、恐ろしく、難しいが…その過程を勝ち抜い文を発行すると、達成感が生じ、私作成した文に良い、共有、コメントが投稿され楽しさとやりがいを感じます。そして、このような経験を通じて継続文を書くされる好循環構造が機能しています。企画力はおまけで得るのです! (笑)

前置きが道たね。今日したかった話は私達が今日二番目スタディを進めており、その結果を軽く共有しようとします。テーマは、女性の衣類ショッピングモール<ジグザグ>サービスの分析ですが。私たちのような建物に入居していて気になったし、なんだか面白そう思う選定することになりました。

私はジグザグの背景知識のない状態でスタディに参加したが、メンバーが様々な視点でのサービスを分析いただき、短い時間の間に多くのことを学びました。私今日知った内容を短くまとめて、私たちのメンバー文のリンクを共有します。

ジグザグ

1.重要なターゲットは、1020女性(2030女性もたくさん書くこと)

2.すべてのソーホーのショッピングモールの商品情報を集めてキュレーションしてくれるサービス。最初はクロール方法で商品情報を収集し、現在はカフェ24ソリューションなどの連動が可能になる。

3.収益モデルは、商品検索画面のスポンサー広告にクリック課金(CPC)の形で運営さ。 参考

初期には、仲介手数料モデルで運営しようとしたが、入店モールの半分以上が反発して放棄する

4.使いやすさの面では、メニュー構造がシンプルなのでページの移動が少なく、検索機能が他のショッピングモールに比べ格段に優越。ショッピングモール会員登録情報の自動入力、ショッピングモールの新規アップデートの商品お知らせなどの便利な機能を提供する。

5.欠点は、同一商品がかなり多く、重複露出され、商品のナビゲーションや価格比較が困難を感じることもあること。これらの点をよく食い込む競争サービスが「ブランデー」であり、送料無料をコア競争力に打ち出す。しかし、送料無料政策を固守するために送料をイプジョムサで全額負担する形で契約を締結するとする。

6.累積投資誘致額100億ウォン(シリーズB) 参照

より深みのある内容を見たい場合は、メンバーの投稿を読んでください!

Sebsはジグザグの主要顧客をZ世代の女性と呼び、Z世代の消費者の衣服のショッピング傾向論文をもとにジグザグがそれらをいかにロック-インさせて楽しさを与えているかについてジグザグPR担当者に憑依して紹介しています。

女性服ショッピングテーマパーク「ジグザグ」

Summerはジグザグのお気に入りのショッピングモールが118個人heavy userです。ヘビーユーザーなので、むしろ欠点を見つける難しかったとそうです。ジグザグの使用経験がたくさん溶けているポスティングです。 Summerは発表(スピーキング)を上手友達ですよ。グローその部分を表現していなかったのが少し残念です。次は映像も撮るつもり!笑

ジグザグheavy userのサービスレビュー分析

Hansは本来重く真剣な文をよく使うの友人なのに、今回は文のスタイルを180度変える試みが印象的でした。文のスタイルは、もう少し整えが必要ですが、ビュージョブルで紹介した顧客の旅程地図をベンチマークして、各旅で(ジグザグvsカカオスタイル)対決構図プールした部分が印象的です。

ファッションサービスの顧客の旅程地図

Yongは盲腸の手術のために残念ながら参加できなかった。

私たちのスタディ方式について、いくつかの付言をますと、メンバーたちはスタディのトピックについて、それぞれの方法で超を完成して、私のフィードバックを受けます。以後2、3日後、スタディ当日になったときにすべてのスタディメンバーに文を共有して匿名でアンケートのフィードバックを行います。 (文の最初の感じ、読みやすさ、論理など)

日終了後には、文を書きながら経験した良い点、難しい点、考えを軽く話して各自作成した文章をテーマに発表をします。 (ファシリテーターはレビューの能力も重要です)

不思議なことに同じテーマで記事を作成したにもかかわらず、眺める視点がすべて違ってお互いがお互いの文に刺激も受けてモチベーションもなるね。以後のフィードバックを総合して、それぞれの文を修正して、成果物として残すことになります。上の文は、最終的なフィードバックが反映される前に作成されたグローバル数日後なら、はるかに整えられているんです!

昨日の夜スタディを終えてあれこれ考えが聞きました。私たちのメンバーが感心して自慢もしてみたかった、スタディ運営方式が参考いただける方もいると思います一度まとめてみました。先に進むことスタディ内容も定期的に共有してみましょう。

ジグザグの方が私たちの記事を見ていただいてコーヒーを飲む社いただければ本当に感謝しているようだ。 (笑)


ジグザグでこの記事を見て全職員が食べようにジューシーなドーナツをプレゼントいただきました。

#ジグザグこれからもずっとご健勝ハシギル応援します。ありがとうございます:)ONDAドリーム。

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.