ONDAプランナースタディトリプルサービスの分析

前回のジグザグサービスの分析に続いて3回次スタディは、モバイル旅行コンテンツにホット「 トリプル 」を分析してみる時間を持ちました。トリプルは旅行が好きな方であれば、すでに経験してみてショトウルと思いますよ。 GoogleのプレイストアとApple App Storeで「旅行」というキーワードで検索すると、1位の露出されるほどの人気を享受しています。加えて、最近3月には300億ウォン規模のシリーズB投資を誘致するほど驚くべき成長を遂げています。

トリプルサービスを一つの文章に定義すると、< モバイルに最適化されきれい充実旅行ガイドブック >で圧縮して見ることができるようになります。もう少し緩め説明する❶モバイルユーザーの経験がとても良いです。ほとんどの旅行情報サービスがデスクトップに最適化されており、モバイル可読性が落ちる一方、トリプルは、モバイルに完全に対応しています。モバイルに内在されたGPS機能も積極的に活用していて。 ❷コンテンツがとてもきれい整えています。文と写真の専門家エディタの方が一針一針丁寧に作り上げた跡が如実に感じられます。 ❸充実情報を提供しています。ポータルで旅行情報を検索すると、膨大なコンテンツのためにむしろ必要な情報を得にくい場合が発生するが、重複した情報を削除してユニークな情報単位で都市カスタム旅行情報、観光地、グルメなど様々なコンテンツを提供しています。 ❹また、モバイルで軽く旅程を計画することができる一定のサービスまで提供しています。

トリプルアプリ画面

トリプル真の魅力的なサービスです。そうでしょう? ^^

ところが、このように有用なトリプルも解決するのは難しいいくつかのポイントがあります。今回のスタディでおメンバーが共通に良かったと話した機能のいずれかが旅行日程サービスですが。タッチ数回で簡単に銅線を計画することができて本当に便利です。一方、多国家だ都市スケジュールを計画したり、交通機関まで細かく記録したいユーザまで包容することができませんでした。今後継続して機能の高度化をするが、一定の機能が高度化すればするほど、サービスの複雑さが上がるの悩みがあると思われる。個人的な意見だが、一定部分にこれ以上の複雑さは、上げる必要はないと思われます。私のようなヘビーユーザーは、思い切って捨て気軽良さそうです。

6年前に計画していたバンコク旅行計画表の一部

また、他の部分は、必要なすべての旅行情報をトリプルを通じて解決することができますか?です。コンテンツ部分のトリプルの強みは、情報がよく整理されていて、ほぼリアルタイムで更新され、旅行者のレビューを継続集めている部分です。

一方、ガイドブック規格から外れ情報を検索に難しさがありました。シンプル観光地、グルメを中心に旅行をするなら十分カバーできますが、旅行の計画の複雑さが高くなるほど、最終的には、ブログやカフェを見つけました。そのほか、他のメンバーは、ポータルではなく、インスタグラムをはるかに多く使用すると言った。私だけアジェなのでそうしますT ^ Tどうか検索結果の物足りなさがあった旅行者が探している情報を見つける行動ではなく、ガイドブックの痒い部分を解消する領域に位置決めされていると見ることができるようになります。

以前にトリプルと同様のコンセプトのサービスを企画していたと思うが浮かんで探してみると、5年前に作られた120p分量の資料がありますね。当時TFTメンバーと楽しい作った記憶が次々々浮かびます!笑

後〜夜明けの空気を飲みながら、一度に文を書いて降りているのに今中間程度てきたと思います。もっと走ってみましょう!

どうかトリプルはサービスローンチから現在までの嵐成長してきたこれからもずっと〜成長外泊信じて疑わない。過去に比べて言語の障壁と情報の格差が多く解消され、国内旅費や海外旅行経費の格差も多く減少し、国内から海外に出るアウトバウンド市場は毎年20%ずつ成長していますからね。

現在までにトリプルの成果を簡単にまとめてみると「 旅行分野1位のアプリ達成するため、トラフィックに続いての資金まで確保して 「ロケットに乗って飛んで準備ができています。ホテルの売上高もそこそこ出ているようで、旅行保険、USIMなどのユーティリティの商品とチケットアクティビティ商品も販売しています。詳しく見て見なかったが、いくつかのは、直接予約を受け、一部はマイリアルトリップに連動したものです。

スタディから出てきた話では、今後航空、宿泊、チケット、アクティビティ、ユーティリティまで、すべての旅行商品の販売を計画しているとします。ここまで見ると、トリプルの未来が確かな道路であるだけだと思う。私の経営陣なら、今の時点で、今後の方向性について悩みが多いようです。

旅行コマースになるだろうか?韓国型トリップアドバイザーになるだろうか?

そろそろ眠りに来て、手が行くように描かれてみました。ある程度ベースが成る現時点で経営陣は、今後のサービスの方向と収益モデルについて悩みがあると思われる。

まず、トリプルの運用コストを非常に簡単に計算ましょう。 (ディテールした根拠はありません)

IT企業だから主要なコストは人件費でしょう?

人件費を75%、その他の費用を25%にジョブいたします。

クレジットジョブによると、トリプルの現在の雇用は65人。予想平均年俸は5,264万ウォンです。 4大保険料は会社と労働者が半々負担する5,264万ウォンの4大保険料の10%を会社が負担すると仮定すれば、1人当たり約5,790万ウォンの人件費が発生します。

その後、5,790万ウォンx 65人=約37.6億の人件費が発生します。しかし、途中で合流した人員もあり、クレジットジョブの情報を100%信頼することは難しいため、人件費を約30億とタンば約人件費30億円、その他の費用7.5億。 1年に合計37.5億の予算が必要です。今回の投資誘致額が300億ウォンであり、売上高も発生しているので、中間に人員を大幅に増員しても、少なくとも5年以上は保つことができますね! + +(第計算が間違っている場合申し訳ありません)

今弾まで堅く確保したこのような状況では、トリプルはどんな道を選択するのがよいでしょうか?

(1)旅行コマースの形でいけば :航空、ホテル、チケット&アクティビティ、ユーティリティ商品を販売して運営するためのシステム構築と販売力とCS人員を大幅に増員する必要があります。しかし、商品を供給される流通経路が、他社と大きく変わらない場合販売を促進するために、マーケティングやプロモーションを絶えず維持する必要があります。国内コマース業者、バーチカル店、旅行代理店、グローバルOTAと競合する構造を取得?

(2)韓国型トリップアドバイザー形態 :商品販売ではなく、広告ベースのビジネスが主力のモデルで運営人材ではなく、開発人員を大幅に拡張する必要があります。コンテンツと広告をよくミックスすることが重要なポイント!このモデルの限界は、トリプルは、国内アウトバウンド市場にフォーカスされているので、アウトバウンド市場が停滞すると、成長が鈍化するしかありません。また、現在まではガイドブックのコンテンツが主力だから、様々な広告主を確保するのが困難な場合があります。下の画像は、トリップアドバイザーの宿泊施設の詳細情報を照会したときの利益につながる様々なBMサンプルです。 リンク

トリップアドバイザーの宿泊施設詳細ページ

(3)トリプル万の新たな道:エアベッド&ブレックファストもオボも従来になかった市場を開拓したように、上記した形態が正解になることはありません。今までそうきたように、トリプルだけのDNAへの旅行前、中、後をつなぐ新たな市場を作っていくこともあるようです。個人的には、トリプルがこちらの道をよく開拓ていきたいと思います。

整理し、

ソウル大心理学科チェ・インチョル教授は、彼の著書グッドライフ(Good life)を介して楽しさも高く、意味も高い活動は旅行と定義しました。そのため、旅行という言葉だけ聞いても胸躍る何かがあるようです。周りを見ると、いつの間にか海外企業が国内市場を次第に掌握していきますよ。私たちのONDAを含むトリプル、マイリアルトリップのような韓国のIT旅行企業が持続成長ナアガギル応援します。


ONDA社内スタディを促進する記事だった私の文が道たね(笑)

私の同僚が私とは別の観点から良い文を作成したので、一緒にみてお勧めいたします。

Hans:モバイル、コンテンツ、お客様:トリプルの3拍子

https://www.notion.so/90aabba012544e75bb2f4d1992a1dd14

Yong:手のひらの上の旅行ガイド

https://www.notion.so/3997e11133d447b3ba8272011d4bb9ec

Sebs park:リアルタイム旅行ガイドサービス「トリプル」

https://parkgazine.tistory.com/5

Summer:トリプルのレビュー

https://www.notion.so/onda/e5f9c35e443449f3955dc5b2708acc5c

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.