あなたが望むすべての平日と週末。スターバックス。

平日のスターバックスと週末のスターバックスは少し違う。

平日のスターバックス午前午後の時間帯には、通常、フリーランスや大学生がまばらに座って自分のやることをする。多くの場合、会社員や自営業者のミーティングも見える。本を読む人もいるが、普通は本当に「何かを」している。文を書く人もいて、漫画描く人もいて、専攻書籍を売る人、ポートフォリオ作る人など様々である。ヨトン平日のスターバックス午前午後スペースは「作業スペース」感じが強い。このとき、何か、オフィス感じが強い。コラボレーションスペースをソウルで行ったことはないが、このような感じじゃないだろかと思う。互いにしれませんが、スターバックスという空間の下で、それぞれの目標を達成しようと走っては連帯感が感じられる。主に自分の好きな飲み物を飲むこともしますが、アメリカーノやアイスコーヒー、またはコールドブリューは、主に売れないかと思う。このときぴったりそれだだけ。 working!

平日のスターバックス夕方の時間帯には、みんな仕事してきたのか、軽くバグルバグルである。このときの作業スペースではなく、「趣味および余暇生活の空間」になる。みんな本を一冊ずつ取り出し読んだり、ノートを取り出し、映画を見たり、フェイスブックをしたり、何の物品を検索したり、そうです。このとき、何かすごくなごやである。暖かい空間である。みんなそれぞれのお気に入りの飲み物を飲むようだ。どうやらアメリカーノは、すでに午前午後中みんなし杯してきたのだろうと思う。真暖かいこの時間帯のスターバックスは。ワクジャジコルハン感じも少し生気長いが、それでもみんな表情が存続する。私たちの町にこのような人々があったんだと思う。このときのスターバックスは私に本当に上感ウィアンガムを与える。 cozyな感じがぴったり!


週末のスターバックスは、午前、午後夕方3人とも同じながらも、微妙に異なっている。 (土曜日のスターバックスは、あまりにも状況が急変するジラパスし、日曜日のスターバックスのみ教えてみる)

日曜日の午前のスターバックスは、本当にlike図書館である。早く来たこれらの良い位置を占めてみんな雨/アイスコーヒー/コールドブリューなどの飲み物を飲みながらみんな勉強をしたり、本を読んでいる。 MacBookの何かをする人も見られる(画面を見た事はありませんが、この人は明らかに開発ジャヤ…!感じばたばた来る笑)私は、この時間帯のスターバックスが真、私にinspiringくれ本当にいい。フリーランスの道を歩いている私には、人々は「私だけではないんだ。みんな平日に与えられた役割を熱心にこなし、週末に別の私のために熱心に何かをするんだ!」という感じを与える。何よりも、この時間帯の人々が、最も。他のテーブルを気にしない使う。実際みんなㅈカマイウェイ!このような感じが漂う。だからとても良いヘᇂ笑ない洗ったように見える人もイトダト笑ヘᇂよい。

日曜日のランチ頃以降のスターバックスは、本当に最高うるさい。ほとんど何….本当に騒々しく混乱である。人もバグルバグル加え本当みんなon my wayある。勉強する人は、勉強〜仕事する人は日〜デートする人はデート〜騒ぐ人は騒い〜よwww本当に面白い。市場のような感じだ。生気が強く感じられる時間帯である。これはぴったりalive。

日曜日の夜の時間帯のスターバックスは、本当に静かである。ただ静かである。人がたくさん抜けて、まあ。ぴったりそんな感じだ。一日を終えて感じている。平日スターバックス夕方の時間帯には、「一日を終える気持ち」ができない感じて、日曜日の夜の時間帯のスターバックスでは、これを必ず感じることができる。パートナーの方にもジュソムジュソム何かを整理しておられて、お客様にも何かを整理する感じだ。もちろん、それぞれの本読んだり、日記書いたりノートパソコンをしているが、この人が何かを整理しているんだ、あるいは何かを仕上げているんだが確実に感じることができる。このようなときには思わずたことを止めて、何となく私の人生を点検してみたり、文を書い祈り、考えを試みるもしてそうなる。私は自分自身をcompleting? organizing? managing?することができる時間。


私にスターバックスのように不思議で面白いスペースがない。すべての人が、様々な人が来るのスペースだが、だから毎日来る人が変わる空間であるが、しかし、最終的にまた来る人だけ来るので、多くの織田みると、お互いの顔や形が熟したような空間。スターバックスのパートナー様と目礼をするときは、真楽しい。何かお互いにこの世界をこなしているような気分だ。

スターバックスは、まるで、過去のヨーロッパにあったサロンのような印象を与えないかと思う。来る人だけに来て、入場料があったサロン。もちろん、そこには知らない人同士の会話が行われて、 スボクで会話がなされてはないが。口語でダイアログではなく、何かの精神の会話がある感じだ。 「あああの人また来た。その人は何人だ。あの人もなって欲しい。あああの人は本当に着実にその本の勉強するんだな。あああの人は本当に着実に来て、自分のノートパソコンで行うことね」こんな感じ。

ヨトンそうだ。以前記事にも書いたが、やはりスターバックスの次の行動は、コミュニティを活用した、その何かがないかと思う。このように、完全に自律的な/自生的な無形のコミュニティを形成したブランドがあるか。


Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.