これまでの哲学者たちは、哲学を装って、常識を話していた。

これまでの哲学者たちは、一つの文章の深遠な素適真理を見つけるために一生をぶら下げてきた。彼らは決してその真理が洗練された常識の他の姿だと話をしない。

常識は、ほとんどの人がそうだと受け入れる共通認識という点であいまいさを持つ。一般的に、常識を取り上げたときに「私の常識的に見て」としてい「私たちの常識」としていない。我々は、我々が誰であるかを正確に知らない。

ところが、常識が通じるということ、私の常識をその人が受け入れ認めて私のようになるという意味ではなく、特定の問題についての私の常識とは異なる異議常識が互いに健全に交差して部分的に一致していると話していることが公正である。

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.