欧州男子とヨーロッパの産地いつのまにか10年。強酸も変わるという、その時間に。経験したことない人は知らない。それが意味するの生活の重量が何なのか。

私。外国夫との外国歳は一言で「極限孤独の旅」だった。しかし、今知っている。私は。戻るためにこのように遠く離れて来たことを。ただ自分自身になるため。

地球半周を回さなければ糖度することができるこの場所定着私。皆が憧れる、ヨーロッパの土地、想像の中の異常が実現されているだけのような国。私がところに住むことを皆が羨むた。

しかし、いざ、この地に足つけて住んでいた私は、満足していなかった。
この点がまさに私が記事を書いている最も重要な理由であり、すべてのものである。

もちろん、この地に足をかけた瞬間から、私は少なからぬプレゼントがあった。金銭を得るための労働に私追い込まず、育児に専念することができた状況と、比較的ゆったり婚家を介して一度も持って見ていない物質豊かさを享受したこと。そのすべてのものなとき私にも「私訪ねてきた大きなプレゼント」のように思われることもあった。

何よりも、ここで仕事をすべき言語能力がなかった私だったので、これ以上の毎日回し車ドルドゥト職場に連れて行かれ行かなくてもという正当な休息の許可は、これまで私は享受何よりも最大のメリットであった開放感であった。誰もが一度夢見見た甘さがドクバク育児に疲れた私を運転立てるまで。

しかし、私の本当の話はここから出発する。この地がもたらした豊かさと利点も私の中には、より多くの質問や疑問が積まれ始めた。それらは何か私不快にするものに対してずっと私に声をかけていた。それと同時に、もう一方の端には、それと似た別の質問がずっと私叩いた。

特に韓国に住んでいる多くの人々が、いわゆる「西洋」の持っているロマン、それはどのように大きく深く私たち無意識に根付いているかどうかを発見することは私にいつも驚きと時には衝撃を与えてくれた多くの質問を投げた。
それらは誰でも簡単に「一つの答え」にいってすることができる性質のものではなかった。まるで何かが、私はここに私の人生をを通じてのみ見つけることができる「私に投げられた固有の質問」のように考えられた。そして、その質問は、どこにでも私に従って通った。

何が私それほど不便し、何が私を幸せにしていない人に追いやっしまったのだろうか?

ここで私のしかかるその不幸感の実体を知りたかった。そしてひとしきり厳しい嵐が吹き荒れ親和ようやく、それらが私に来た理由を知ることになった。

遠く戻ってきたが、得られるものがある


さらに自分自身をごまかして住みたいと思わなかった。私の幸せを堂々と探したかった。もはや私は自分が誰なのかも何をしたいかもしれないまま慌て当てたくなかった。そのために私は、最初にすべきことは、何よりも私は自分自身にもっと素直にならなければならないということだった。そのためには私は私よりよく知っておく必要し、それで

バラ色の人生のようなものなしに極めて平凡で時には秒までしていたこの場所での「私」と「私の人生」を記録しなければならないという、一種の責務を感じた。誰でもない自分自身のために。

私たちは、ヨーロッパ式の価値と人生一つの「善の基準」のように認識され、受け入れられる時代を生きている。誰もがそこの立派だという価値と豊かさを享受したいと体験したがる。

人々が私に送る「羨望」が何なのかも知っている。それは、誰もが「彼ら」に似たいと触れているので。私はまた、より子供の頃、心の片隅にはいつも大事にしていたものだったので。だからこそ「私はここなぜ幸せにすることができなかったのか」について話しているのは、自分自身と私たちは、すべての人に意味がある。


ただし、本格的な話を始める前に、いくつかのことを明確にしようとしている。

私の文は、そのすべての「肯定的な価値を向けた努力」に冷水を浴びせる意図で書かれたものではない。また、私は物質文明を排斥する「反問指名」もなく、悲壮な愛国心に満ちた「民族主義者」ではない。私は私経験し感じたことを言いたいだけだ。

そして、その経験と話は、普通私たちが考えている欧州の首をかしげにするかもしれない。しかし、私が経験して体得したことが、それはたので、私はしてくれる話はそれだけのことだ。

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.