そうだ。私は今文章を書く。

いつからか文を書く行為にはまった。

この記事を書くのは結果は結果であり、何よりも文章を書きながら会う自分自身の生の思考や行動を目撃するのがあまりにも楽しかった時折会うことになる意識の深いところの底辺を見ながら「いや、私はこんな危険な考えが敷かれていたなんて!」ないしは「いや、私はこのようにジューシー素晴らしい奴だったなんて!」などのdeepな意識ベースの会うもの本当の驚異的なカタルシスのオーガズムに私仏教徒だ天国を見たような感じにビビン麺1.5個を沸かして、冷たい水に適切に冷やし食べたのと同じ感覚をたからである。(知っている気持ちのいい状態総動員)

何か文章を書くのは文章を書く出実際に存在する私に会ってお互いに協議しながら話を書き出すていくことだ…..ああ私の好きな友人が私くれたんだけど、私は文チャンギュンと糸チャンギュンが存在するとする。本当に正しい言葉だ。

私実際ゆ室チャンギュンが生きていくが、文を書くときは、文チャンギュンが登場して糸チャンギュンを尋問したり、一緒にお酒飲むか、浮気したり、あるいは圧迫面接をしたりしてネタを吐き出しがして書いて下がること。本当にこんなものだ。

だから室チャンギュンが十分な生活を生きて出さなければ、十分な「気」が存在しない場合文チャンギュンは文を使えない

今回記事の文章チャンギュンは実チャンギュンを深く深層面接したというよりは、しきりに室チャンギュンが考えに陥って自分自身について深く悩んであるから文チャンギュンが飛び出してくる、その整理を手伝ってくれる格である。

さて次に、今私は何のために考えに深く入って、自分の悩みをしているか何のために熱心に自分自身を考えて自分の人生を振り返って、このすべてのものを文字で表現しようと努力しているか?

そうだ。今私は自己紹介を書いているからである。

私が本当に好きか、私の好きな味や価値観を抱いているところが5カ所程度がリクルーティングをしていて、ときめきを抱いて自己紹介を書いている。それなりの鉄則がある場合は、一度に一箇所だけ書く。そして、その一箇所に私の履歴書を閲覧した後、イサムイル程度連絡がなければ、落ちジョトゲトかねて、次の場所に書き込みについて書く。

毎回出すところに自己紹介の内容が全く違うが、これは当然である。私は基本的に私と存在するが、私の好みTPO別多様に発揮されるよう、企業もしたい人の方向がその事情に応じて異なりますから。まるでこちらには、アメカジルックを着て合コンをしていくことで、向こうにはスーツにハンガーのチップを準備して合コンをしていくようなものです。

もちろんTPOに合わせてもならない時もある。例えば「 いや様服やら関係なく様が私の好みではないㅇ ㅅ ㅇ 「とすることができないだろ。

ああ。ジューシー情熱を爆発させたい。仕事にしてください。最近だけ文チャンギュンがよく出てきて糸チャンギュンをよく助けてくれたら心である。

チャン…チャンギュンこのは私の名前です(級恥級ミンマンハム)

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.