たようにすれば、ジョンジェムです。 EDMフェスティバルで遊ぶこと。

前回記事  EDM音楽の種類」EDMフェスティバルの季節が来ました。音脱いパンティー上げ!」に続いてすぐにEDMフェスティバルでの遊びを少なくたい。

フェスティバルには、フェスティバル進行中の様々なタイプの「DJと参加者との間の遊び(Crowd Control)」が存在する。もちろん「参加者同士の遊び」も存在する。ああ、ちなみにフェスティバルでは「観客」がなく、「 参加者」だ。直接行ってみれば本人がなぜ観客ではなく、参加者であることを知ることができるだろう。 あなたが積極的に参加することで、お祭りが完成されているものであるふふ…あなたが熱心に音楽を楽しむほど、雰囲気がホットになり、DJも楽しく、結局お互い極のに至る(はい?)…だから、簡単に言えば当たり前音ですが、あなたがよく遊ぶほどすごく楽しく遊ぶことができる(?)。ヨトン雰囲気がとても良くてみんなで夢中になるみては経験したことなくては分からない。


ヨトン「DJと参加者との間の遊び(クラウドコントロール)」には、「シットダウン〜」「レップレプレプ''トローリング」がだろう。もちろん、これらはすべて、ある特定の「状況」を言うそこはのに…前の二つの言葉は、表現の便宜のために、私は作った言葉だ。トローリングは「遊び」なのかは分からないがヨトン…


「シットダウン〜」

:これは何忍苦と、主にツスイツスイBPMで、だからビクルムハウスで多く出てくるDJが見たとき、人々が楽しく遊ぶことを望む音楽を軽くローテンションで変えながらマイクを握って何とも何ともによく聞いてみると「sit」が聞こえる。そうだ。座りということだ。座るれる。このときチョルプドク座るのではなく、足が痛いのにうずくまっ座るれる。シットダウンした状態でのDJが音楽テンションを高めながら、信号を与えるのに、その信号をよく見てああ来る来る来るすぐに来る今であるワーㅓㅓㅓㅓㅓたい時強打!飛び出るドロップと一緒にジャンプを強くしながら雰囲気を変えてくれれば良い。音楽をたくさん聞いた人なら、この拍子を合わせるがやすいのに、多くない聞いた人々は、拍子を釘合わせて以下の画像のような状況が発生する可能性がありますので、初心者の方は最初のシットダウンでは、心に身を任せるより目に体を任せて、周囲の人々がトィルテよう優れてくれるのが良いだろう。

https://youtu.be/Hl5d6B5zTnY

*ちなみにこのシットダウンの後にジャンプ!状況でゲスジャクを張る男たちが多い。笑よりたくさん….新ナンチョクながら肩を組んたり、腕や手を握る場合がありこれが本当に楽しく、自分も知らないうちに精通し、または待っているが、音楽を乗じて狙っ精通ぴったりみると、各が出る。大韓民国のまあまあなEDMフェスティバルでは、ガードがいるか、警察がどこなエリアにあります。意図が不純か、程度がひどい場合は、すぐ申告を…うーん…いや正直、私の友人があんなことあって、当事者がボルクェした場合、私はすぐに申告を支援だろうが…ヨトンこんなこと自体が発生しない方良いのに…被害者に「そんなことあったら報告」や注意するようにでたらめをスルポンた…し…ヨトンこの記事を読んでいる今ドキッ男がいる場合は、今年のフェスティバルには行かないことを望む。音楽楽しみに行ったような奴らのためにふよりたくさんの…私はすべての申し訳ありません…


「レプレプレプ」

:これは何忍苦と、これ…これ、元のDimitri Vegas&Like Mikeのleft right songとして知られているものだ映像を見ると、理解が容易である。みんなで肩を組んしてから左に走って〜右に走っているのだ。 2017年か月にクルドムで私が最初に経験したようだ。当時中間フェンスの後ろからソロプレイ(一人遊ぶこと)中だったちょうどこの音楽が出てきて知らない人と一緒に肩を組んで楽しくジャンプ遊んだ後にこっくり挨拶し別れた記憶がある。 2016年スペクトルの時も来た、それはないガブワソ分からない。このDJのになく、他のDJのがこの曲を借用して、左、右走る遊びをするとも聞いた。

https://youtu.be/21a1bTVwjdo


「トローリング」

:文字通りだ。 DJのがするトロール仕業だ。音楽で人々兆れものすごく楽しく作った後に、他の音楽で確認テンションを変えてしまうのだ。参照画像を見てみよう。以前に韓国フェスティバルどこかからかトローリングを愛嬌レベルに一度あったことがあったが、それなり愉快である。ふふふ、特に突然90年代捻挫のポップソングに曲を切り替えながらするトローリングが大部分であるようだがまあ…愉快た私。

https://youtu.be/d1zBGT5eNVw


ああ、なんと特にチョンそういえば大変だ、実際にとてもたくさんする「基本的な「遊びにはDJの指示に合わせて手を挙げて左右にするのがあります。これは何のコンサートでみんなだから!

1時間18分30秒の部分から見ればされる。

上記画像は、UMF 2016のアミン半ビューレンなのに、こんなに遊んだりもする。


「参加者の間の遊び」あるいは「参加者の遊び」には… モーシェ (=某スィピトあるいはスラムともいう。事実スラムはロックフェスティバル用語ではある)とレイブがある。


「モーシェ」

:これは….これはおそらくロックフェスティバルのスラムから来たようだ。スラムが何忍苦と、ラクペを行って楽しんでみると旗を持ったこれを中心に「軍団」のように動くこれら見ることができる。おそらく、頻繁にフェスティバルを楽しむこれらの日のはずなのに(クルー単位で動く人もいるのだから!)、これらはしばしば中央に丸く円形を作り桁を空ける。そして、その源からくるくる回りながら楽勝が…音楽が強打!飛び出る瞬間に合わせて、お互いの体を踏み負う(..)本当に文字通り負う。たまに思い切っている人見ると、お互いジューシーかかってきてジューシーぶつけたりするようだ。スラムの参照画像を見てみましょう。私ラクペは行ったことがなく、KAMFという大戦で適度な規模の非常にきれいで楽しいフェスティバルがあり、ここでカクス公演するときにサッとやったことがある。思ったより…強烈な音楽の中で体を負わ行為自体から来る快感があったよ。

https://youtu.be/iS45DIROlt4

ヨトン位説明はスラムであり、EDMで起こるモーシェまただが、某休みの下の映像のように踏み!負わなく何かお互いた大群となってブーム!ブーム!一つの群落(..)になって遊ぶ感じだ。一回経験してみた楽しかった。あ、ちなみに…まあ個人的な偏見だけどEDMフェスティバルで遊ぶとき「号!」 「号!」このように、音楽に合わせて叫んで、20代初中盤の若い男性が主にモーシェをしようとするこれらののはあまり面白くない(すべての人がそうだというわけではない私の経験〓〓)これらは主にクラブでそう遊ん習慣からか、ぜひ目面してのように遊ぶこれらの呼応を引き出そうとする…いや…私はDJラング遊ぶのに…なぜ様。ヨトンモーシェを正しく楽しみたい場合は、「何かナシチを負い、ナイスバディというより、筋肉が多い肉付き少しある、ところで、何か焼けた肌なのに、何か印象が線で笑うすらりとしたような30代中盤の兄感じ」である人々がEDMフェスティバルには、必ず、最低10人ずついるから、この人のそばで楽しんでみよう。その瞬間だけは兄に仕えながら遊ぶことを推薦する。これらの人々が遊ぶとき実質よく遊ぶ。

*ところで、実際にスラムとモーシェの違いをよく分からない。外国映像を見ても何件スラムであり、一部はモーシェのに…ただ群れ遊ぶかけるだイロンゴダと思ったらされているのだろうかと思う。


「レイブ」

:Raveだ。 Raver。 Raving。多様に使われる。韓国フェスティバルでは多く見られなかった、近年での人員が少し増えたようだ。これ何かという…一人でよく遊ぶのが言ったコ….いやだから普通のステージがあり、人々は前遊ぶば、激賞する人々は、主にそこサイドでずっと抜けていたり、非常に裏側から遊ぶ。これは、この激賞というの踏みながらとても大きなジェスチャーや小さなジェスチャーが、ある程度の行動半径をもって踊りながら遊ぶ行為なので、他人に被害をアン与えるためにそのように遊ぶことだ。主にハードスタイル音楽に合わせて踊るレイバーが多い。 激賞は何か特定の遊びではなく、単にこのように遊ぶ行動 …を言うようだ。

言葉よりビデオである。

主フェスティバルでは、

https://youtu.be/hmOIRhbLKCk

上記同じの遊ぶ。映像で見ると、後ろにコンテナがあるように、踊りこれら多段階でいくつかの欠けているところにあるホウ知ることができる。月にディペで一日が、ハードなスタイルでタイムテーブルが構成されているが、この日思ったより多くのレイバーを見ることができた。これには、…ご覧のように膨大な体力が必要である。笑

この激賞自体はフェスティバルの外でも少しつの「遊び」で片付けたりするのに、以下の映像のように遊ぶ友達もいる。もちろん迷惑になるので、各が見えるところだけで角をつかんでみよう。してから掃除をしたり売上を上げてくれたり、必ずして(..)

https://youtu.be/7VILoiWAllk

ああ、本当に「楽しい」とだけより映像推薦をする。昔にかなり有名なビデオである。図書館で激賞する…この行為の是非についての価値判断は、この記事では、しない。楽しいだけでみよう。一度あれ友人は本当にすごい友達勝ったようだ(笑)。終わって拍手が出てくることも少し驚いた。

https://youtu.be/vMmRPHbmLGU


もちろん、今までこのように「団体的」で遊ぶつもりはなくて、それぞれさまざまな遊ぶれる。裏側から座って音楽を楽しむ人は、立ってビールを飲みながら楽しむ人、友達と丸く集まっワーㅓㅓながら遊ぶ人は、前の実質狂乱状態を示す人は、コスチュームた人々を見つけるながら写真を撮る人は、本人が学んだダンスを鳴り響く音楽に適用させて見る人は、本当に多様だ。

フェスティバルは解放であり、自由とドクジョンある。必要に応じて遊べばされる。自由遊びなさい。他人に迷惑をかけなければ立っている。ダンスチュルジュル知らなければ知らないよう踊りたらされる。心拍数の音楽と本人の気持ちが一致し、それ急上昇する、そのような経験をぜひ感じて見てほしい!


上記の遊び以外にも、フェスティバルに様々な形態のイベントが用意されている。だから、実際に上記のものフェスティバルで「ステージ」に関連遊びというか?ステージ外、つまりフェスティバルにも様々なイベントがあります。蚕室競技場を例にとると、競技場の内部が、グラウンドではない、だから廊下側?に、様々なブースがあり、そこ食べ物も売って、様々なイベントもので、必ず調べて楽しんでほしい。思ったより多くのことが無料参加だちょうどすぎることなく、しっかり参加し見るのを勧める。特に企業で様々なグッズを作ってイベントを介して分けてくれる、ぜひチェンギョガ道たい。思ったよりあまりにもきれいに出てくる物品が多い。

特に夏に行われるフェスティバルの場合には、負債を配る企業もいるので、入場すぐもらうことを勧める。負債は実質すぐ同する。


次の記事で、最終的に、EDMフェスティバル(大韓民国)の種類 を言って、その次の便で EDMフェスティバル。これだけ知ってみましょう。をいう。この部分が、実際にこの記事の目的であったがたまたまそう長くジュジョリジュジョリ言わせた。次の記事では、EDMフェスティバルの種類とそれぞれのフェスティバルの特徴を話している次の記事でフェスティバル時の留意事項?準備?などを話してみよう。


Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.