コンテンツ関連スタートアップに参加したか、14日が過ぎた。

コンテンツ関連スタートアップに参加したか、14日が過ぎた。

1.本物の一日の最後ようだが、多くのファイルが作られており、多くの場所を訪問し、実際の多くの人に会ったが、結局また私の番号を根になった。



– アドレス帳に1,000個スナップ以降知らない者の番号はありませ運賃約束けれども、最終的には仕事を速く効率的にするには、番号を登録する必要がある。やはりいくら見ても働くイムチャンギュンのアイデンティティと人イムチャンギュンのアイデンティティを完全に分離するのは不可能である。

2.本当に不思議なのが、何も知らない状態で開始したようだが仕事を開始すると、仕事のプロセス作られる。本当に不思議である。



– 仕事を取る場合、現在の状況は、運用可能な資産、そして目標を把握/確認する。
– 耐え可能な範囲内でコンセプトをとり、キーワードを設定し、達成可能な指標を設定する。その指標が最終目標に向かって日が立っていればベストだ。
– 上記の内容を、Googleスプレッドシートで作成し整理する。さまざまな文書も、あらかじめ枠を作っておく。
-ここまではResearchまたはPlanningのステップ。

-それぞれの指標を達成するために、Actionを開始する。
– イラストレーターをつけて、必要な設計作業をして、写真を見ながら書くことをピックして、必要なものをチームメンバー/代表/顧客に要請し、携帯電話を持って、電話をして、文字をして、カトクをし(実際には激しくスラックを使いたいけど、それは私だけの考え)。メールをやりとりして(実際には、主に周期だけで受けない)
– それぞれのコンテンツに合うようにコンセプトを持って、主題やキーワードをまとめて、含まれている製品を考慮して。真正面可能。だからつまり「高速30分-1時間以内で製作可能なもの」を考慮して作成する。働くとき、心の中の理想郷を求めるがそれだけを追求する芸術家だ。私はウォーカーから適切に夢を見、適切に放棄し、適切に苦く満足のいく笑顔を浮かべる。
– コンテンツを上げて、フィードバックを要求し、そのコンテンツを上に作成おいスプレッドシートに整理する。
– ここまではAction段階

– ActionがPlanningに合わせて行っていることを確認するFeedback手順を開始する。
– それぞれのチャンネルを見回して不足している点がないことを確認して、押されている連絡を確認する。
– 変更のものを修正する。修正時は欲を想起させるべきではない。ぴったりに見えること、すぐにぴったり修正し終了します。その次に修正するよ見えたら、その時またすればよい。もちろん修正するよまた見えること自体がないドゥェルイルある。意見を受けて一度修正するのは素晴らしいフィードバックプロセスですが、二回三回修正するのは当初からPlanやActionの問題だ。
– 不足したり、考えたりすることを書き留めておいて、すぐに適用可能なものは、すぐに適用することができイトゲクムPlanを修正する。
– そして、上記のプロセス全体の中で、非効率的であったProcessがあればそれらを果敢に修正する。これがまさに効率。だから自動化。だから「高速よく抜き出す素晴らしいディレクター」の道の開始であるようだ。

-ここまではFeedback段階

-その次に、上記の内容を、よく整理して個人的な洞察やインプレッションと共有する 。むやみに共有ず共有対象と考えて、適切なレベルに共有する。メール共有のみならないような角度が見える人であれば、電話やカカオトークで確認した。また確認した。それでもない人だけしまうられる。メール共有だけして終了される。ヨトン共有の目的は、私の成長します。チームの成長。顧客の成長。

– 最後に、私は、上記の過程を介して実現されたのは何なのか。成長なのは何なのか。足りないのは何なのか。今後同様の課題が与えられた場合、どのように行動するか。ジレンマは何だったか。スキル的に不足している部分は何なのか。私の考えの限界は何だったか。自ら積噛ん再訪見疑問に思って、その整数を抜き出して働くイムチャンギュンではなく、人イムチャンギュンの心の中にすっぽり入れること。   私の心は、魂が、精神が硬くなって、澄んで、大きくなること。これがまさに究極の「仕事」の目的 。お金は当然のことだから何。

ヨトンプラン-アクション-フィードバック-共有-自我省察プムプム 。これスタートアップが仕事のやり方かと思う。ようやく14日働いて、やることも多く、毎日夜勤するルーキーテーマに何分かるような文を書くかが大好きだ…

事実フィードバック前後して「 統計 」のステップが必要であり、統計を通じた「 意味のある値導出 」をして、その意味のある値を使用してインサイトを導出する手順が必要ですが…まだ統計段階まで行くのに十分であるが進んでいないのでパス。(意味のある値導出の含意を言語学勉強しながら適切に学んだが、これここに使われるなんて…)

3.真の面白いことに、私は生きて一度も規模の会社で仕事をしたり、仕事ダウンの仕事をやったことがないのに、どうして、どうしてやって行くの本当の面白い。

4.これまで生きてきてた、執筆集まり主催複数の資格さまざまなアルバさまざまなところエサウ様々な経験。様々な人に会ったこと。英語教育。国語教育言語学。ペブクオタ。 YouTubeのオタ。文を読むの趣味。スタートオプシンへの憧れ。素敵な人ドクジルする。良い追いかけ通い。遊ぶ時正しく遊ぶこと。勉強するとききちんと勉強する。本を読むて好き。スターバックスオタ。無印良品ドクジル。 72秒ドクジル。ツタヤドクジル。マガジンBドクジル。
このようないくつかの経験が集まって人イムチャンギュンを作り出すもしたが、私も知らない間に働くイムチャンギュンの枠組みと流れを作ってましだ…と思ったりする。

5.ヨトン夜勤中だ。仕事ジューシー面白いな、他の人々を停止し自分の48時間ほどあれば良いだろう。その後、私は本当の本カリにプランとアクションを行うことができるが!!!!!!!それだけで私は実力が不足しているのだろうㅇㅅㅇ

6.チームメイトたちと話をするのも楽しいですが、私自身一人で自我分裂させながら会話するのが速い仕事の処理に大きな助けになるようだ。

「東西..チャンギュンアこのフォントが最善だ?チャンギュンアこの文が最善ですか?いたずらして?」このように….


仕事行こう。糞マリョウンに作業がマリョウォ。

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.