フォローしているインフルオンソを減らしている。

インスタグラムをしながら、かなり疲労が激しいした。

最初はそうだった。 2010年度初頭。いつなのかわからないが、私の性格から見てインス田川韓国にオープンして3カ月以内にインスタを開始したと思います。自然連動さ携帯電話番号の登録されたこれらのフェイスブックの友達であり、実際に、実際の私の友人に組まインスタグラムに開始した。(当時の連動が自然になったのかは覚えていない、とにかく私のフォロワーはすべて私の実際の友人であり、私のフォローまた、実際の友人であった)

ところが住んで見ると、私はロールモデルにしている人がインスタをしていることもありし、私の好きなブランドがインスタをし、また、これとは別に、様々な優れた洞察を吹きだすか、素敵な写真を撮るこれらインスタをしていることを知るたように、一つ、二つずつフォローし始めた。

本当に多様だった。様々なアップをする人々がインスタグラムに住んでいたし、実際に目が光ってトゥイヌン新しい世界がインスタグラムの中に広がっていた。本当に素敵な人に惚れ、非常に時々行っている途中」あまりにもクール!!!!あなたのこういう点も素晴らしくこういう点のジョロああいう考えがとても良い!」このようなニュアンスのコメントをダルミョンソそれら応援したりしたし、時にはリプライを受けあまりにも幸せした。

おそらくこれインフルオンソの始まりヨトウリラと考えます。

最初はみんな私と同じ気持ちでフォローをして、お互いにコミュニケーションをしたと思います。


そうするうちに、いつから、だからいわゆる「バイラル」というの編み始めて、いや、資本の目に「バイラル」が捕捉されてからインスタグラムは変わって、インフルオンソとフォロワーの間の関係も変化し始めた。インフルオンソは、より多くの広告のために、それに適合するようにフィードを整理し始めたし、たまには少し過度に扇情的に行ったり、過度にコミュニケーションをしようとする傾向が生じた。フォロワーは純粋に応援して見守っていた立場から少し離れ、フォロワーとして影響力を行使しようとしたし、たまにいくつかのクレイジー者はそれが実際に「年」を加え始めた。

(ここでひとつついて進んおくと、インフルオンソが過度に扇情的に行ったり、過度に通信したり、するのは批判の対象ではない。本人の能力に戦略を立ててお金を稼ぐことで何の問題もない。もちろん、もう少し複雑に連携して、奇妙な物品を掘るか、性を売るニュアンスを取るか、問題に適合してスタンスを前後に変えるか、のは道徳的批判の対象または法的に問題となる対象になることはできるが、基本的にインフルオンソがinfluence(影響をキチダ)していることは問題ありません。なろう分別できないフォロワーが問題の場合が大多数)

ヨトンこのようにインフルオンソ-フォロワーとの間の関係が変化し 、だからお互いが少し難しくなった状況になってないでさせアクターも忙しくなった。前後フォローアップする必要がありインフルオンソが増え、それらのフィードや評判を毎日のようにチェックしなければなら本人働いているor担当しているブランドや企業にしては行かないようになった。

そして、このような「バイラル」というものの変化と、他の分野で出発した(いや、多分同じ脈絡だろうも)「ライフスタイル」への関心がインスタも直接壁のコンセントながら、人々は今ちょうど「不思議な世界を見せてくれる人」をインフルオンソとして認識してフォローするのがなくて、自分のライフスタイル、または自分が追求するライフスタイルと接続が合う人を「見守っ」を開始した。 (参照:スタートアップアライアンスであったデータブロックイジョンデ代表様のインフルオンソ講義(要約: https://bit.ly/2Ofzz7o

人の「ライフスタイル」とは、ヌゴン一言で定義されない。例えばスターバックスを楽しむ人がいても、スターバックスの店舗がいっぱいになった場合、何とか待っスボク店でスボク経験を楽しむ人がいる一方で、次善の策としてハリスコーヒーコーヒークラブを選択する人もいて、または次善の策ではない本人ベストオプションつ(スターバックス、パスクチ)の中から、他の安仁壽パスクチを選択する人もいるだろう。

その人の人生。その人の人生が歩んできた味と趣味、そして様々な事件と、その人だけの固有の考えや哲学などがすべてミックスして溶け入ったのが 「ライフスタイル」ので、このような「ライフスタイル」の結果が合うインフルオンソを探すのは非常に複雑で難しいことだった。

もちろん今この辺に来て(2017年以降)インスタグラムのユーザーは、インスタに慣れている状態であり、すでにある程度フィードが本人に最適化された状態だった、是非、インスタ+様々な複数のチャネルを介して、自分と接続が合うインフルオンソを探しフォローアップするのはそれなり簡単なことであった。みんなそう自分と合うことをフォローアップし始めた。

そしてマーケティング担当者は、このすべてを追うためには 、精神なく、さまざまな分野の様々なインフルオンソをフォローアップし始めた。様々な人々の結果を撫でてくれるインフルオンソを探すのも大変なのに、マーケティング担当者は、企業の予算や利益まで考慮してインフルオンソのサイズも考慮する必要がありました。


前置きが長くなったが、

上記のマーケティング担当者が私と同じ状況だった。私は実際にマーケティング担当者の業務にインフルオンソを探し始めたのがではなく、単にあまりにも素敵な人をフォローしアップしたかっただけであり、そうするうちに、ある瞬間からは「えっ!ぴったりこれらの各が出てくる人であれば、数ヶ月以内にインフルオンソに成長するんだな!」を感じさせながら、いわゆる言っインフルオンソ「各」が出てくる人たちをフォローアップして好きしてみると(多分インスタグラムの初期の頃の彼時、その心にしたようだ)フォローしている人がかなり多くなった、

そうしたら、ある瞬間、私のインスタには、友人の消息は無くなり、全く知らない人の知らない世界の話だけいっぱい広がっていた。

初期のインスタを開始していた私の現実の友人は、すでにインスタを各種の理由で去っ古く、インスタに残っている私のインスタ友人とは、初期の頃から、どうして、どうして知り合いになって良い押し通った約100人にも満たない、お互いの間に何年ずつや生活を見守ってきたような友人だけが残っていた。(実際には一度も会ったことのない人がほとんどですが、心の底友達と感じている(私は)。これらはおそらく、私のいくつかの現実の友達よりも私の好みとの考えをよく分かるもある…と思う)

ヨトンこれら理由でインスタグラムはとても疲れになり、このままで決定を下した。


マーケティング担当者のためのアカウントを別にパーサ、インフルオンソにフォローを開始した。

別にマーケティング担当者のアカウントにフォローしている人たちの基準は、[カテゴリーB; 2k-10k] 2千で万人以上のフォローを持つ人々であった。 (それ以下のフォローを持つ人々は、私の本継でフォロー。万人以上は当然のマーケティング担当者のためのアカウント!)2千で万人であればかなりの基準が曖昧某だが、実際に私の心的に近を感じ、本当に私はマーケティング担当者のポイントや考え方なしで、純粋にこれらの生活に憧れて応援してみたい。と考えが続いているインフルオンソのフォロー数を見ると、ほとんどが2千以下であった。

なんか、[カテゴリーA; under 2k]本当にこの人は…私は、最初にインスタ始めたときのように、新しい世界を軽くばたばた示すだけでなく、生活の結果はまた、記載されて似ていて、私は本当に続けて見たい人とすべきか?不思議なことに、このような彼らのフォロワー数は2千以下だ。これらの特徴は、機会があればもう一度言うする。

たまに見ると5千人、万人にもかかわらず心的距離感が全く離れられないばかりかライフスタイルを完全に込め出して見せるこれらのに、このようなこれらの事実のマーケティング担当者のアカウントに移らなければならしかし、私は握って渡さないでいる人々だ。

これら黙ってみると、自分がどのような生活を住んでいるか、どのような考えをしているかどうかが完全に現われるもかかわらず、多数のフォロワーとのコミュニケーションもスムーズである(カテゴリーAの人はスムーズではないという意味ではない。何か。物理的に考えても2k以下は何とか管理とコミュニケーションが可能だが、それ以上は少し難しいられるであろうと思う。ところで、それ以上の数にもかかわらずコミュニケーションが円滑であるだろう)


これらの[カテゴリーB; 2k-10k]のフォロワー(だから、私のマーケティング担当者のアカウントに渡すために、これらを見るのはとても楽しいにおいて、本アカウントに見続けるこれらの!)が付いているインフルオンソを見ると、いくつかの特徴が出てきた。

1。自分のフィードに上がってくる本人のライフスタイルが常に一定である。正確に言うと、最上位のキーワードがいつも維持され、その下のキーワードが変わり、文が上がってくる。

例えば、ある人がいますが、この人は専門の姿に[ピラティス]を見せてくれたりして、海に遊びに行って[水泳]することを示してくれたり、[健康食品]を話したり、友達とみんなで[運動]する姿を見せてくれている。 【ビキニ】着た姿がしばしば見えたりもする。そして、主に[スポーツウェア]がよく変わり、その服を言及する姿が見られる。

この人の最上位のキーワードは、[健康]である。この人は、自分の健康のためにいくつかの企画案をよく分離して関連育てをすべて捕らえて継続的に上げている。おそらくスポーツウェア側では、広告協賛を受けているようでもある。フィードの構成を見ると、スポーツウェアが3〜40%の割合で上がってくるようだ。自分の日常的な姿も上げられ、明らかに一つの最上位のキーワードで維持されている。

必ず最上位のキーワードがどのような一般的な名詞である必要はないが、一部の人々は、最上位のキーワードが[ビタミン]ですが、この人のフィードを見ると、本当にビタミンそのものである。ノルドゥン、お酒を飲んでも、仕事をしても、衣服の広告をかどうか、恋人とのデートをするかどうか、どこでも[ビタミン]が感じられる。

2.写真をアップロードするときのように書く文の主体が確実に自分自身である。

たまに見ると巨大なフォロー数を持っているにもかかわらず、皆さん~~このように文を開始するなど、誰かが自分を見ているホウ「確実に」前提にして、コンテンツを上げる方があるが、まあ。私は効果が良くないと思う。これコミュニケーションがない。

私把握しているカテゴリーBの方は、コメントが多確か主体的主導ある。一つの文章で書く人もいて、数十文章で書く離島が、 明らかに多自分の考えが反映されていて、自分の経験が溶け入った決意のある文章である。

そして、人々はそのような文章に反応する。

3.多くの場合、ライブ放送をキーが、 主題歌確かにある。

これらはすべて、ライブ放送をキーはないが、ヨトン入っているときに見ると、放送のテーマや理由が明らかにある。たまに見ると、コメントウィンドウ上がってくるだけ見てそれの話除算しようとするだけの方があったが、まあ。それコミュニケーションがなくてはQ&Aの時間ではないかと思う。

放送の主題歌今日た運動でも、天気も、あるいは近年の見た映画でも。何か確実にあれば(不思議ライブ放送は、従来そのインフルオンソがあげたコンテンツとは色が異なるテーマであるほど人気が高いようだ。イベント性とべきか?手先槍ファッションの話だけしていた人が、突然、映画や自分が見るドラマの話をすると、人々の反応が確認しています。やはり、自分が知っていた人(いくつかの異なる意味の知っていることだが、^^;)の他の面を見るのは、どこでも楽しく興味深いねたい)人がそのライブ放送にバシバシ反応をする。

ちなみに主題歌という乞食コンセプトが言うのではない。コンセプトがあれば、ただのコンセプトだけジャプダガなんでもなく終わる。実際に発火することができ、tangibleなトピック重要である。

*付け加えザラザラ私このカテゴリBに属する方々が本当にマーケティング担当者が注目する必要がある人だと思う。自分の企業が行こうとする方向とギョルマンよく合うならば、お互いの相乗効果が本当に途方もないと思っている。


この程度が[カテゴリーB; 2k-10k]インフルオンソの特徴であり、[カテゴリーA; under 2k]インフルオンソ方は…実際に上記の3つの特徴は、同じように持っている。ただし、この方は、ただinfluenceしたくなくて、もはや影響力を育てずいろいろ抑えているような感じがする。

2k以下に維持したいインフルオンソ方を見ると、スレッドに入れるハッシュタグの数が確実に減って、コミュニケーションの頻度が確実にする。私が見ると、この方は、インフルオンソになりたかったのではなく、 単に生きだけなのに、その人生はあまりにもかっこよくて人気がパンパン浮上したと見なければなられる方というべきだろうか。 (もちろん、また、だからといってカテゴリーBの方が人気トゥリョゴ何かをした!ということも絶対ではない。誤読していない!)

事実2k以下の私をフォローしている方は、インフルオンソというより一般人である。これだけ言及を最大限自制したい。ただ素晴らしい人生を生きている方!いつも応援する。

文がちょっと多く長くなったが、言いたいことは、これだった。カテゴリーBの方が、私の生活の中で和らげたことで、私はもう少し軽くなり、カテゴリーAの方を改めて追いながら(フィードが方がより頻繁に開かれてとても嬉しい!)再び熱心に生きて見るつもりだと思う。と。

日常とアップの分離は別に、またはしなければならするのがなかった。ただのカテゴリーライジングが必要だっただけ。


今私の本アカウントのフォローが1200程度と、マーケティング担当者のアカウントに170程度になった、時間を覚ますたびに継続移動考えだ。本アカウントをフォロー600程度にまで減らすことができれば良いだろう。多見ることもできない1,200人の生活よりは、きちんと見ることができる6,00人の人生をより気になる!

*ただし、マーケティング担当者のアカウントに移すこれらに、なんというか、それらの人間対人間ではなく、ただの手段としてのみ接するようでも申し訳なく自己恥辱感がする。この部分は、真の…まだ悩んでいる。オンラインを介して大多数の人とイオジルスしかない状況では、私はそれらをどのように対応すべきのみであるか次の文で書くことができたらいいな。

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.