事実、元の夢見たタイトルは、「もう少しピトハンライフスタイルのために」だった。

しかし、あまりにも雲の上を歩くような表現になるよう、果敢に用語を変えてみた。もちろん最適化という用語は、人の生活のそれとは距離が遠く、使用する瞬間になろうと「ライフスタイル」の視点と角度が乱れたり格下げされることができると思ったが、今回の記事では、より明確に、具体的な提案のためにくるめた「ピトハンライフスタイル」という概念を「ライフスタイルに最適化」という、より角ばった表現に変えてみた。


通常の最適化という用語は、歌声雨、効用性、効率性、マージン率の上昇、より高い投資比収益率などつながる。オリネが最も簡単に接することができる「最適化」の用例では、Windowsの最適化は、Macの最適化、ウェブの最適化、検索結果の最適化などがないだろうか。事実 '最適化'または 'optimization」自体を見れば、事前でも知識百科もWikiのもどこでも非常に膨大な分量の概念と用例が出てくる。事実、数学で使われる最適化という概念を見てみたりして、本物のまあまあなIT関連の用語である使われるのを見、「ああ、私はこの記事書けばだめだ…」と考えて下に置くかしたが、このようなoriginalityを持っている最適化の部分はを除いての話をしようかである。

ヨトンこれらの周辺のカテゴリーで使われる用語は、用例に持ち越さ見たとき「最適化」という概念を定義下げる大綱」の目的のために最も適した方法で最適な態度を取り、何かを継続的に、そして繰り返し、そして再現可能に実現して出す最適な条件の「状態」」と言えるだろう。

事実概念の定義が長いほど、その定義は、特に良い定義とすることはできませんが、今日は角物語のために長く保持しました。そして、実際の点、これは私の自身の理解度がまだしばらく落ちるし。

ここで「ライフスタイル」とは、生き方やいくつかのセットや集団のヒョンテンで定義されることを言うのではなく(つまり、「ニューヨーカーのライフスタイル」を言うのはないというものである)になろうとした一言で話すことができない様々な味と思いに固く団結した個人の生活のスタイルをいう。(つまり、一、二単語や一、二文に定義なるのでなく、その人の「ライフスタイル」を理解するためには、数万の単語を互いにやりとりして、お互いに多くの時間を一緒に過ごして出なければ、初めて知ることになるもの。」音はどこを行くか…日光良い日曜日の午後三時から、今日はハリスだ!」と「その人」に言うことができるようになる、そんな「ライフスタイル」をいう)

私眺める「ライフスタイル」の定義が上記の同じで、 ライフスタイルの話を長くすることができがない。事実、この記事自体が「ライフスタイル」について論ずるために「最適化」と呼ばれるツールを取り出したわけだから。 最適化と呼ばれるツールでライフスタイルという概念を前後に分析し、解体してみるとなろう」 ライフスタイル」というものが鮮明になりかと思う。

再び最適化の話に戻ってきておくと、実際には私の心の中の最適化の定義は、「fit」の一言である。

そして、このfitって固体より液体に近く、publicよりpersonalに近く、surface structureよりdeep structureと近い。また、一回というよりは、無限に近い多回限りであり、イルシソンより連続性を持っており、一方向というより、双方向、実際にそれよりはrecursion(繰り返し)を持っていると見ることができ。このように広がっている属性を整理すると、上記の定義と同じである。


上記の最適化の定義は、両方の構造が合わせ行われたと見ることができますが、「目的のために〜 -実現して出す最適な条件の状態」という言葉は、当然存在する必要がありマルイニ優先除いて考えてみると

1)適切な方法では、適切な態度を取り、

2)継続的に、繰り返し、再現可能に

という二つの構造で見ることができる。

この二つの構造が相互補完をし、相互作用をしなければなら「最適化」という用語が成立となるものである。

気の利いた人なら知っているチャリョトだろうが、実際に、上記の二つの構造は、生活の中で、または本からたくさん向き合っ文章である。

最初は「問題の解決状況」で多く出会う、いや遭遇しかない構造であり、より正確に言えば、問題解決の状況で「問題認識後に変更された行動」をいう。これにより、私たちは、直接問題を「解決」こなす。

二つ目は、「統計で正しい統計ないしは実験が行われたかを見ることができる尺度」に該当する。 (実際には正確に「再現可能であるかと、適切な集団の設定だったかなどが一番重要だが、私の考えを最も「最適化して「説明することができるよう、この概念を持って来る)統計では、この尺度は、最終的には「有意な差」を見ることができイトゲクム作ってくれて、この差を洞察を持って見てみたときに、その研究で意味のある結果を得て、私のゲクムてくれる。

つまり、「ピトハンライフスタイル」というトレンディ、ヒープで何かただキャッチーて同じであり、pure chillた音楽がバック敷かと選別されたストアだけ無心訪問するような、そんな生活は、言い換えれば

どのような問題の状況があり、これを認識し、正しい尺度を使用して意味のある結果を出す修正された行動をとる(当該個人の目的に合わせた)生活とすることができる。

文字通りの最適化が行われた生活。最適化が行われたライフスタイル。


これを再びナンバリングを入れた方法で構造化させてみると

1.ライフスタイルに最適化

1.0あなたのライフスタイルは、 –

1.0どのような目的を持っているか

1.1適切な方法では、適切な態度を取り、

1.1.1適切な方法はありますか? (目的に合わせて)

1.1.2適切な態度であるか(目的に合わせて)

1.1.3適切な方法では、適切な態度をとるのが相互補完的に行われるの?

1.2継続的に、繰り返し的には、再現可能に

1.2.1継続的に行われるの? (一時的ではないか)

1.2.2繰り返し行われるの? (一回限りのではないか)

1.2.3再現可能であるか(他の状況でも再現可能)

1.2.4継続的に行われ、繰り返し行われ、再現可能なことなのか?

1.3上記のカテゴリが外部の状況ではなく、あなたの個人の「状態」で行われているか

で見ることができる。

もちろん、この方法は、完全に私の個人的知っている浅い知識と想像をベースにした脳ピショルので、科学的ではないし、信頼性もゼロに近いなんて絶対盲信しないでくれ。また、1.0でのライフスタイルと目的を同一視したことは。文字通りだ。それが何だから。分離した瞬間分離されてしまい、連結瞬間合致ようになって、どのような道であれ、その含意を失うてただ同じ番号で表現してみる。

今までのライフスタイルに最適化についての議論を展開した場合、 次の文から、これを達成するための実用的な思考や行動を話そうとする。また、様々な例示が、私の個人の状況に合わせた例で行われるようだ。


実際に私は少しより多くの経験をしたなら、私はもう少し賢くていたなら、私はもっと多様に見ることができる人だったら、それは本当に素晴らしく、実質的な思考や行動を話すことができますが、そのような生活を生きてきた人ではなく、脾臓私品考えを抱いただけ広げられることができないよう多く残念ながら、私自身のライフスタイルに最適化を点検し表示するために惜しい文を込めたい。

初めてこの記事を書こうと思ったときは本当に簡潔短い文になると考えたが、ぶつぶつ言って増えてきて防御的な文になるようにして、個人的に悲しい。

この言葉を思い出す。

「I have only made this letter longer because I have not had the time to make it shorter」
  – Blasie Pascal

手紙を短く書く時間がない長く書きます。数学パスカルの言葉だ。

重要な本質を見ないほど、心の中で考えが十分に熟してできなかったほど、文章が長くなる。

もっと深い自分自身に直面して、より短い文を書くことを。

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.