事実、昨年12月末に際してdawonedu-entryという(ウェブ)サービスを作った。サービス立ち上げ(?)の後3ヶ月が過ぎ、一回のサーバー爆発(?)事件を除いては、スムースによく戻って、これを整理するための文を残す。もちろん一人で作ったのではなく、総PMを私務め、開発はスリットカーというところ外周を任せ行った。 ああちなみにサーバーのコスト私からみんなに入らない(?)とGAのデータが汚染になるから本当に入らない! (???)グーグルでも検索していマセヨグーグルマイビジネス汚染だから!!!(?)


総参加者数は以下の通りである。

(クライアント側)PM 1人 -総括企画とコミュニケーション

(クライアント側) デザイナー1名 (週3日勤務のパートタイマー) -ウェブの詳細ページ担当

(外周)開発チームプランナー1人 -コミュニケーションと開発語-韓国語の通訳を担当。

(外周)開発チームの高度な技術1人 -奇妙な用語書かれた巨大たくさん作っ割いて毎日プランナー様が解析していただき書くこと。

(外周)開発チーム中級技術者1人 -奇妙な用語書かれた巨大たくさん作っ割いて毎日プランナー様が解析していただき書くこと。

(外周)開発チームUIデザイナー1人 -ワイヤフレームガムジャます。

外周開発チームスリーカーは最初の1回と中間1回ミーティングを除いては、すべてJANDIを介して通信している。意見を交わすデエヌン草を介してファイルをやりとりして、より軽いが急速に会話をし、完成本あるいは確定本に近いファイルは電子メールを介してやりとりして、もう少しフォーマルに会話をした。(例えば、芝にはふ_ふマネージャー様!これウェアアンドェㅠ?そうですが、電子メールでは、こんにちはリーカーマネージャー様。このようだと言える..?)

他にも、オフライン並びを担当しておられた室長二分二三回のミーティング、代表様とのミーティングも二、三度があった。


最初の開発以来、2度にわたる追加開発とサーバーの最適化作業まで、計4回のactionがあり、 総開発コストは…百日咳秘密である(行き来気になる知人の方はごジューシー面アルリャドリーム)。  割と少なくした。 やはり人をガルミョンコストは少なくたち当… 。私は自分自身をたまた後でしたが、それでもこのサービスが誕生することにより、表示される結果があまりにも明確(=ブランドの認知度上昇)してみると、それなり楽しく自分自身を行くことができた。ちなみに、サービス誕生の結果に売上高の増加こんななく、ブランド認知だけ少ない理由は、そもそもこのサービスがなくても前の授業を終えせる一打講師のためのサービス(つまり、すでに売上高には、できる最大値をしている)ので、当面の売上高上昇のような1次的目標に傍点を置いいうよりは、顧客に茶園がどんな所認識させ、顧客の不便を解消するためにそうしようとするなどの定性的な部分を攻略するためだった。 3ヶ月が過ぎた今考えてみると、この戦略は功を奏したようだ。


ヨトンそのサービスが何かという、一つの文章で言うと「ヒョヌたT番号札発行サービス」であり、これを解説言うと、「大峙洞一打講師ヒョンガン!並びすることなく、前日に自宅で楽に番号札を発行しよう!」ある。私が作ったコピーまで合致おくと、「ただ、ポリグラフ教育で!」まででしょうウ…

一般人が理解することができイトゲクム言えば、大峙洞に一打講師のヒョンガンを前席で聞くためには、その立場の順序を決めるための番号札を配るのに、学園ごとに異なるが、通常、その授業がある当日の午前中に配らをする。 (朝8時30分くらい?)では、その前の番号に対応する番号札を得るために、多くの学生/保護者が早朝から並ぶのが… (あ、そのベクジョンウォン放送に出てきたとんかつ家番号札並びと思えば良い。まったく同じだ)ひどい場合夜明け2-4時、あるいはまったく前日の夜から出てドアの前でおられる方もいます。 (確かに一打講師のヒョンガン前席は、メリットがあったりする。さらに、大韓民国30代のお金を稼ぐことの1位撮影ヒョヌ真意その講義なんて!(G-DRAGONが軍隊における1位という切っがあったりする。G-DRAGONが除隊とヒョヌたTが2位になるか?))

このような従来のオフライン方式の番号札の提供は、学生の体力も刈り取り、親の体力も削ればかりか、スタッフも大変、ヨトンすべてが難しいような方法であったが、ポリグラフ教育では、この不便さを解消したいた。 だからイムチャンギュンを筆頭に(はい私です)番号札サービスを作ることにした。 11月の終わりから始めて、12月中旬、授業開始の3日前までにサービスオープンをしたので、本当に驚異的な日程だった。当時夜勤をどんなに多くしたのかㅠ…事実夜勤よりアクセル操作をあまりして大変どうして…

事実、このサービスを企画して、「私たちの塾だけこう特別です!」を念頭に置くこともあったが、実際にはもっと基本的に、「いや、今は授業聞こうとみんなの朝に行って並んで待っていること、あまりにも社会的な無駄じゃない?」という考えがその足であった。学園関係者の両方そんな思いをして蒸し。事実毎月ベースで約500〜1000人に該当する県受肉が、あるいはその親が、あるいはそのアルバイトが(並びアルバもあったという)することができ、時間をただ捨てなんて、このどんなに大きな社会的損失なのか!


ヨトンサービス企画手順は以下のようだった。

事実学院で活用している基本的なプログラムであるACA2000ともそうで、ハクウォンオプで多くのもの」プロセスを備えたまま」、あるいは「データベースの「何かは不可能に近く、既存のサービス企画方法論をそのまま活用することよりは、私は適切に私の判断でサービスを作るのが良いと考えて行った。だから、既存のサービスプランナーの方々の話とは、その結果が多く異なる場合があることを知っているほしい。

1.現在の状況把握とニーズ分別

a。実務に現在の状況について聞く。 (現在オフライン並びの総プロセスはどうなるのか。サービス対象の人員と年齢がどうされるかなど)

b。実務に不便な点について聞く。

c。実務に改善してほしい点について聞く。

*実際のオフライン並びをする人(利用者)に意見を聞いてはいなかった。サービス企画の時間も不足ハゴニワ、事実上「オフラインで並ぶ」という非常に明確な現象であり、誰でも何とか解決願っているこのような状況だけ解決すれば良いと思ったので、利用者を排除した体サービス企画に入った。(実際には他の理由もいくつかありますがしっとり)

**実際この段階では、私は鋭い質問をしなければなら素晴らしい企画一挙だが、実際に私は考えた最先端のような質問は、実際には非常鈍いあざムンミあふれる質問だただおとなしくよく聞くことに焦点を置いたㅇ ㅅ ㅇ 。

2.サービスの企画-本質頼む&現実把握する

a。このサービスは、何を解決するためのサービスですか?

b。私達は何をどこまで提供してくれることができるか

c。私たちは、このサービスをどのように、どこまで転がすことができるか

事実が2回に該当する部分が最も重要で功を奏したようだ。この2回がよくなったので、今のサービスが無難にうまくいっていないか疑問に思う。

aが本質を考えさせ質問であれば、b、cを介して「異常に陥ることなく、現実的に「サービスを作る質問だった。最初aという質問を重点に、各作業部会と代表様と話をしたところ、最初は「映画の表シート前売りように初めから座席予約に行こう!」話まで出てきた、リーカー側」では最初からサービスを作って、そのサービスも標準化して、他の塾にもみな売ってしまうん!」まで現れた。みんなそう興奮しうおおお大韓民国大峙洞塾も今サムパクにデジタル化行くのか!たが、b、cの質問を介して、うんそれはない。現場かかるも多く(c質問への回答)、優先的にした先生のためのサービスだが、あまりにも未来を見た過度な作業だよ(b質問への回答)、しかもそのようなサービスを作ってもサービスの運営をする人がいて?( c質問への答え)などで、その興奮度を沈められていた。

最終的に戻っa質問に戻り、最も本質。 「人々がオフラインに並んで不便である。時間ももったいない、体力的にも大変だ」のみを修正するにし、 これを解決するための最も鋭く最も短いナイフを選択する必要がした。その選択の結果が「銀行のように立場番号札選ぼう」だった。確かに、ぴったり不便な部分だけを解決してくれることができ、(aに対する答え)、ちょうど今の先生のための解決策であり、(bへの答え…もっと率直に言えば、ぴったりの売上高に見合うぴったりそれぐらいまでのサービスを提供) 、サービス運営も一応可能(cに対する答え)解決策だった。 (ハクウォンオプは最近、IT業界でしばしば会うことができる、サービスプランナー、マーケティング担当者、デザイナー、開発者、プロダクトマネージャーなど、このような方が全くない。自分もここで今私一人(?)だ)

およその仕組みを定めた後、今本当のサービスがどのようにロール行くロジックを定めフローを想像しなければした。

3.サービスの企画-ロジック・フローを決める

a。このサービスを、ユーザーの立場でどのように利用するか?

b。このサービスを、管理者の立場からどのように利用するか?

c。このサービスを、事業者の立場からどのように最も費用を少なくして作ることができますか?

d。このサービスを、PMの立場でどのように最もサムパクすっきり膜トスのように漠然と、29cmのように漠然とへちょうどそう!作るのだろうか? (解釈:サービス利用手順をどのように最小化するかどう利用者の不便を最小化させ、満足度を最も高めることができるか。)

実際には、a、b質問が最も重要ですが、私はそれなりこの会社で「(適正な)コストを使ってよく作られたサービスがブランドにどのように大きな得をもたらすことができるかどうか」を、既存の人員に説得する必要がある立場もあったのでc質問も追加し、私の個人的な希望のためにd質問を追加した。(+代表様の一言:トス良い。)

ちなみにd質問の解釈に「どのようにすれば、ユーザーが多く書かできるか(MAUなど各種ユーザーの数値)。続けて、長く書くことができますか?(retention)」などの質問がない理由は、そもそもこれはサービス利用者が限定されているサービスとそうだ。ヒョンガン受講生を対象にのみだから…(だからIDを管理団で発行された後、送信してくれる形式のメンバーシステムに実装した)

*あ、ちなみに今グロー回顧しているからそう質問が明瞭になっているんだ、最初に企画する時は本当に自己分裂しながら膜チャンギュンやらイムチャンギュンやらキュニランキュキュニランだ呼ん互いに対話しながら企画を進めていった(あまりにも一人で働いてみると自我分裂専門家だします)。なぜ「チーム」が必要なのか切実に感じた瞬間…たまにデザイナーさんが「これのでこれの後には何です?」とか、開発チームが「だからこれをクリックするとあれとなるんですか?」 「この部分はどのようにするつもりです。」などの質問を投げてくれてさえも穿刺ない企画をすることができた。 (実際には開発チームプランナーの方が重要な仕組みをよくチャジュくださったのは私もはるかに容易に企画をすることができた。つまり、開発チームプランナーの方は、そのまま「番号札システム」を仕組みだけに設計して私に投げて下さっ、私はそれを受けて「大峙洞塾番号札システム」に変えた…というか?」)

より高速なサービスを理解するために、現在のサービスのホームページ詳細ページに登録されているサービスの利用方法を添付するようにする。 (長い文に注意)

www.dawonedu-entry.com

*参考までに説明を読みながら何か理解できない、または、計画におけるfitしていなかったいくつかの要素を発見することができますが、それはすべて理由があってこのようなつもり(馬イトモト)仕方がないいただければ良い。

ヨトン戻り、

a質問に自ら答えをしながら、ユーザーに必要な画面で、必要なボタン、必要な情報を考え、これと同時に、b質問にも答えながら、管理者に必要なものも考えてみた。まったく、思ったよりもユーザーと管理者に必要な共通的な部分が多かった。功を奏したの違いであれば、すぐに露出されるべき情報のようなものがユーザか管理者かによって、その優先順位が非常に違って、それを考慮した構成をしなければならということ。

例えばイロンゴダ。

ユーザーは番号札発行された後、このような文章が必要である。 (例として聞いてみる)

「[ポリグラフ教育Entry]ヒョヌたT 12月25日(木)授業。ニューロン – 微積分2 13:30分授業。番号札A-30」

この程度?今その文は、実際に番号札発行後に自動的に送信される文字の内容でもある。この一方で、

管理者にはどのような文章が必要だろうか?

事実、管理者は文章よりは、Excelファイルが必要である。オンラインダッシュボードではなく、なぜExcelファイルなのかと?私たちは、その番号札発行履歴を丸ごと印刷して、現場に持って行って授業立場せるとき使わなければならないからだ。お客様の情報が表示されており、ひょっと分からない状況に備えて「お客様が一度ヒョピョ発給を受けた瞬間(00時00分00:00秒)まで表示されてなければならない。よう現場問い合わせで「いいえ私すごく速く発行受けウェア100ボンデイミューㅠㅠㅠ?同じ問い合わせに応対することができるからだ。そしてハクウォンオプで使うプログラムは、Excelとはよく互換性があるのは、デフォルト値をオンラインではなく、Excelに合わせておく必要があった。さらに、大型の講義、現場の立場では、アイパッドを持っていけジョケする複数の条件がない。

ヨトンあんな状況を考慮しなければならなかったが… 。ああこれサービス企画を完全にテキストのみ説明するだろう力がかかる。考え同じであってやり取りしたPDFファイルは、Excelファイルも公開したい〓〓

うーん…まず今回の文はここまで書いて、再びもう少し整理した後にきちんと続きに続いて使うようにする。 (急な雰囲気に仕上げ)

次の記事は、以下のような内容につながるようだ。

3.サービスの企画-ロジック・フローを決める

4.サービス企画-書け、文章。 &聞け、何可能

5.サービス運営-しろ、入力、データ、純せる…

6.サービス運営-待望のオープン日。

7.サービス運営-予想外の問題に対応する(実際には対応に失敗した)。

8.仕上げ-私たちが得たもの、私は得たもの。

ヨトンだけ悩んだ内容をここに書く表現したら何かの中がすっきりする。

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.