取りジュンセンの逸脱 – (1)「ほやほや」した会社

私は香港で大学に通っている。昨年10月、すなわち2ヶ月前に短い一週間の秋の休暇中に韓国に入った。米国で学生時代の半分を過ごしたので、韓国には知っている人もあまりいない。退屈な大学4年生はだから就職発表だけ熱心にした。

昨年秋には、少し前に、Googleのインターンを終え記者と目標に対して会議がしばらく聞いた時だった。

しかし、実際にメディアず、他の場所をサポートしようとすれ別に自分のところがなかった。だからメディアと一番似業種を探し始めた。だから考え、私の分野がPublic Relations(PR)、広報会社である。メディア戦略も組み込まくれ会社製品も促進し、ソーシャルメディアマーケティングも行って等(例えばハンビヤが働いたBurson-Marsteller 、業界で有名な会社である)


ハード検索をした結果、江南のある外資系PR会社で経歴職社員を選ぶには発表を見た。

取りジュンセンの緊急心にサッとメールから書いた。

「経歴職を抜いてシジマンもし後で新入社員を抜いなら私を考慮していただければ幸いです。」

驚くべきことに、一日だけの返事が来た。インタビューのスケジュールと一緒に。

何気なくサポート会社が、いざインタビューがジャプヒニも感謝した。誠心誠意したかった。


私は会社とのインタビューがキャッチしたら、ウィキペディアを行っその会社の歴史をずっと読んでください。どのように開始したのか、会社の理念や目標、大小変化や問題点等。そしてGlassdoorに入って、会社の文化や雰囲気を把握する。たまには、現在CEOの履歴やたインタビューまで読んでください。

その会社で実行業務ももちろん勉強が私のインタビューの時も、その会社の文化、つまりwork cultureを把握しようとしている。 Googleでインターンしながら感じた点だ会社のcultureは本当に重要である。


私はGoogleでインターンしたときにリッキーという友人がいた。 90か91年生まれだったもうグーグルに入って来る前にキャセイパシフィック航空で働いた経験がある。

ファンツリーで偶然の会話をした素材が枯渇していた車にも考えずに尋ねた。

「君はキャセイが好きGoogleが好き?」

「うーん….難しい質問だ。でも、私は本当に、Googleのcultureが良い。 "

「なぜ?」

「ただお互いに送受信メールからお互いの会話の中でまで会社の文化が見えるみたい。言葉で説明するのは難しく…ところでみんな入社時からだ "Googley"はしなくても、後には多文化に合わせていき発展するように思える。」


文化の重要性を知っている私として最大限の水平的組織文化が存在する外資系企業をサポートしていたかった。幸いなことにインタビュー要請が来たPR会社も米国で設立された会社であった。

休暇期間中に約束もキャンセルしてインタビューの準備に邁進した。

創設者についての検索をしてみると、彼は「コミュニケーションは、民主主義の達成するための最も強力なツール」という言葉を残し、フィリピンのアキノ大統領とマンデラ大統領の当選を助けた。同社は毎年Corporate Citizenship Reportを発行し、会社の5つの理念、道徳(integrity)、協力(Collaboration)、学び(Learning)、技術革新(innovation)と、品質(Quality)を強調する。

企業に社会貢献(corporate responsibility)がますます求められて浮上される今の時代は、Webサイトの言葉を総合すると、この会社は合格であった。インタビューを準備しながらときめく心を慰めた。


ワンピースの着付けを整えて、私は会社のファンツリーのようなところに20分ほど座っていた。約束された10時遥かに超えたが、私のインタビューすることにされたの部長(または課長?記憶がよく出ない)はまだ出勤していないたとした。天井に届く本棚を見渡すと雑誌がぎっしりした。 2011年10月号。2012年8月に号… 2014年1月号….

数分後、私のインタビューが代理3人な会議室に入った。会議室をながら横を軽く見ると、灰色の机が行を合わせてぎっしり記載されているが、工場のような感じを受けた。 「オフィス持って判断しないでください…」の中に振り返った。


質問が始まった。

「私たちの会社はどんな会社らしいですか?」 「引き受け室業務について説明してください」「英語が話せ?英語で自己紹介お願いします。」 "だけの仕事について話ましたが、他の業務とは思わナシということがありますか?」 "レジュメをみると、記者インターンシップを多くましたが、記者はならないことですか?」 「フォトショップを話す?」 「フェイスブックページ運営したことありますか?」などなど

徹底的に業務に関連した質問だけ受け取って、少し慌てた。インターンシップをしていた前の会社とのインタビューでは、業務:人生についての質問の割合がした2:8程度になったからである(おそらくインターンシップと正社員の面接の違いであることも…)

質問が終わって男代理が私のレジュメを熟考ご見たら難色を示した。

代理:「ああ…ところでxxさんのクレージュ枚真…社会性が濃い結成ですね。」

私:「はい?何を意味ガー?」

代理:「いや〜私たちの会社は…少し… ほやほや会社なものだ〜」

私:「…」

代理: "いいえ、ここ見ると、…まあ歳月虎…あれこれ」


単刀直入に言えば、私は 平凡な大学生である。光化門で行進をしたことも、放水の流れを避けて見たこともない 。ただし間違っている場合は、海外メディアで三回インターンをしながら、様々な事件・事故(年月号、年月号1周年、リッパーアップデート米大使攻撃事件、大韓航空マカデミア等)に接した罪と、それに関するリサーチをして先輩たちの指導の下の記事を書いた罪、私のマスコミで一日詳細レジュメに少ない罪しかない。


インタビューは続行となった。

私:「私はこの会社の設立理念が第クレージュメラン正しいと思って対応しました!」

代理(3人とも):「私たちの会社の理念?それ何?私も知らないのに?語、私」

私:「この会社のモットーはXXXXXXです。さっき申し上げたように、ここ管長開発途上国の民主主義確立に大きな貢献をされた方と私の価値観とよく合っていると思います。」

代理(3人とも):(沈黙)

その質問を最後に三人とも忙しく書類を取りそらえながらいく準備をした。

「最後の質問か? "

通常、外国企業は、志願者が「最後の質問」をすることを本当に好きだ。会社への関心の表現というか。

「一つだけお尋ねみ!もしかしたら、もし私がない選ばれる理由がある場合知ることができますか?足りない点を詰めもう少し発展したいと思います」

「あ… xxさんは、外国からの学校を通って韓国企業に適応する苦しいと思います。組織文化もありグレソヨ」

「さっき、会社の文化水平的だとしていなかったです^^ ;;?」

「ああ…..それは…まあ…」

「私の留学は、行ったそれでも韓国ではかなりいました。サンギェドン生え抜きです!」

「あ…はい…」


いまだに連絡がない。落ちたら言葉でもいくつかのヘジュシジㅠ

とにかく最初の面接としてはショッキングだった。いくら圧迫面接だったとしても矛盾した彼らの言葉と偏見にも失望した。そして、この「悔しさ」を声を上げて、学校の先輩に訴えた。

先輩:「君が間違ってたよ。」

私:「ああ、なぜですか?」

先輩:「君が高値、最初から最後まで」

私:「当然でしょう。話にならないならないでしょう。質問も、Photoshopすることはないようなことだけ聞いて見ている。従業員の教育や将来について関心ないか見てください。どのように社会性が強いと言い?まあ、私レジュメを赤にプリントしていったのでもなく"

先輩:「ここPR会社だよ。多分、彼らはあなたが顧客にどのように反応するか気になったこともあるんじゃない。顧客を獲得しようとし例えばないされ」

私:「(沈黙)」


私は「ほやほや」した会社とは合わないようだ。


「仕事を選ぶ時、多くの人が基本的に自分が取る役割と責任に関心を有している。また、会社の業績や企業イメージ、保守を取っている。[…] しかし、専門性と創造性を兼ね備えた人であれば文化を最も優位に置く。[…]企業の文化は大体自然に形成されるもので別々に計画する人はいないので、取るに足りないように感じたら、成功の大きい要因を逃すことになる。[…] 硬く位置企業文化は簡単に変わらずに決まっている。[…]誰の発言権があり、共同で意思決定をする文化を尊重する人は、同じ考えを持った従業員を引き込むものである。一方、より独裁的権威的なアプローチを好む会社であれば、このような方法に順応する職員を求めるのが非常に難しいだろう。 "


したがって、職場生活を起動したとき、自分がどのような文化がほしいと思うの検討して判断することが賢明な方法である。最良の方法は、自分が希望する重要な部門を率いる独創的な人物、創造的なビジョンを知って、自分と同じくらい、そのビジョンを信じている人このことを確認するものである。」


-バルチョウェ:Googleはどのように働く(How Google Works、2014)

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.