取りジュンセンの逸脱 – (2)海外メディアインターン救う

私は高校2年生の時から記者の生活を夢見てきた。いつから記者という職業に憧れたのかは特に思い出せない。地上波8時のニュースに出てくる素敵な記者叔母を置いてからなのか、または退屈なアメリカ留学生活をなだめるために毎日読んでいた記事からか、おそらく二つだこともある。記事の書き込みをあまりにも好きで高2の時からじわじわThe Korea Times、中央日報などの新聞や雑誌にした/英記事とコラムを寄稿し、大学の専攻もジャーナリズムとを選択した。

大学を入学するとき決心をした。マスコミも分野が本当に多いほど(ラジオ、テレビ、新聞、通信社等)を卒業するまで最大限万遍なく経験してみ4年生になると一番出てよく合う分野に邁進することに。海外に住んでいたい熱望が非常に大きく、内申より外信に挑戦状を出しにした。そして運が(非常に)良く外信で、それも他の分野では、合計3回のインターンする機会を得た。

私の最初のインターンは、AP通信(Associated Press)、香港支部で始まった。そして第二のインターンは、シンガポールのチャンネルニュースアジア(Channel News Asia)でドキュメンタリーインターンをし第三のインターンは、ブルームバーグ(Bloomberg)韓国支部からのニュースインターンをした。

私が通っている大学のジャーナリズムと歴史は10年をたて渡した上学番先輩たちもメディアに従事する方極めて珍しくてインターンとも簡単な情報を探すのも、常に苦労した。前が見えない洞窟を掘って入る感じだった。

後輩たちからは、電子メールやLinkedInのを介して、時々知らない方にも「外信インターンをするには、どうすればいいですか?」という質問を非常に多く受けた 。私の学校そしてマスコミにいる先輩たちと面識のない方でも、多くの支援を受けて不足が数文字残そうとする。もちろん現職にいる方が見れば多く不十分だろうが、それでも大学生活の間、私の心を躍らした経験を卒業前に所溶かしてみようとする。


かつて私は外信でインターンになった過程やきっかけは、後続の章で取り上げてみようとする。

今回の文は外信でインターンする必要持ち物を書いしようとしている。

記事に先んじて「外信」は、その国に存在する他の国のメディアを意味する。たとえば大韓民国内のメディアの中で、他の国に所属しているメディアは、すべて外信ある。同様に、大韓民国の言論が海外にいる場合は、やはり外信になる。下の写真は、韓国に常駐している外信の一部である。完全なリストはこちらをクリック。

1.英語

外信は外国人が読者だけの優れた(ネイティブレベルの)言語能力が必要である。

Bloombergのインターンながら最も挫折した(〓〓)部分ですどのくらい大丈夫(?)の音を聞いた私の英語力は専門分野太い外信記者様の前では、お粗末な日記帳レベルになってしまった。

例えば

The company 1)reported 2)said 3)stated

上の三つの言葉をすべて使用してもよいしそうだが、実際の使用は、文脈と報道機関のスタイルに応じて振り回される。例えば、ブルームバーグでは、他のメディアが書いた記事を引用すると、「reported」と書かないと学んだ。少し「私たちの記事だけを本当の記事だ! "このようなマインドだとする(先輩記者様曰く)。

簡単な例だがこのように、英語で微細な単語の違いを捕捉することができるほど高いレベルの英語が要求される。

2.瞬発力

ブルームバーグのインターンするとき、最も心が縮む時間があった。毎朝8:30-10時までの間だったKOSPI / MSCI INDEXを扱っ私章開かれる時間に合わせて急騰/急落する株式につき、リアルタイムで短い記事を書かなければならいた。世界の金融関係者がブルームバーグの主要な顧客であり、ブルームバーグの記事に沿って多くの取引とお金が動くので、できるだけ早く(そして非常に正確に)文を書いてなければならない負担感はすばらしかった。

その子に近づい数字との距離が遠い政治学もに企業公示を読み上げて、毎日のアナリストとの電話インタビューは本当に歳震えることだった。アナリストらの特性上、言葉を参照困難(笑)いただききた神経を尖らせ立てながら録音までした。すごく賢い言葉を難しくされるのか、それとも数とも親和いただき言葉をよく話せないのか、この部分はまだ謎だ…..

とにかく現職記者様は一日にもあんな記事をいくつかずつ用いられる。その記事を書く必要1)情報の入手、2)情報の確認、3)関係者のインタビュー、そして4)確認また確認は、このプロセスを、一日に何度も繰り返す必要があるため、瞬発力は必須である。

3.正確

几帳面さを必要とする外信のおかげで、私のガタガタ距離習慣と性格を治すかなり多くの恩恵を見た。

少しミスがあっても訂正報道をする外信特性上、特に「Accuracy」を自社ブランド化させたブルームバーグのようなところでミスは許されない。大きな数字をリアルタイムで韓国語 – >英語に翻訳することは思ったよりも非常に難しい。ぜひブルームバーグではなく、他の場所でも些細なミスで記者たちは非常に鋭敏に反応する(そうしなければされる)。

4.鉄板

前述のようにミスが許されない環境であるため、メディアの専門家はかなり敏感である。 私達が感じるには、些細なミスが記者たちにはどのようなミスも僅かではない。だから私本当に多く怒られた。怒られることを超えた険しい声も多く入ってトイレでドアをロックコイコイ運もかなりある。もちろん、私のせいでは9割あったが、時々私のせいではないか納得できない理由で嫌な音を聞いた(それでもこれどの職場でもあることではないか…とにかくので温かくあふれる、Googleに適応するのにはかなり苦労食べ..)

ニュースインターンシップが終わっ私の恐れていた記者様とご飯を食べた。 「最近では、私のインターンたちだ気に入らない。私のインターンは、一回必ずウールたよ。ところで君は一度も私の前で泣いたことがない。」

私はいくら悲しくても絶対ボスの前で涙を見せなかった。 Rule#1:Do not cry in front of your boss

泣く瞬間なるようだ。泣かないで!泣いてもトイレに行く!!!!!アイライナー広がっティー出さずに!

5.粘り強さ

この記事がますます[ジョムレギが書いた記者の徳目]のような文になってきている。従ってこの部分は、可能な限り短く尽くす(面白いエピソードは多いが後で別に遣わなくちゃ~~)

私はインターンをしながら朝5時に帰宅をしたこともかなりあった」 差し伸べる 」をしながら有名人を数日間茎ようにさらさら追いかけ通った経験もあった(警護おじさんたち怖い〓〓)。 私にはわずか数日であったが、現職記者たちには日常である。 「待つ」と「忍耐」は必須だ。寒いときに暖かいところ、そして暑いときエアコンいるところで働きたい人には似合わない仕事です。

(2014年の歳月号事件当時…)


使って見ると、あまりにも「徳」だけ重点を置いた。

6.ポートフォリオ

公債を経試験を打って入射する内申とは異なり、 外信はほとんどレジュメとポートフォリオに当落が建てられる。

ポートフォリオとは、これまで本人が書いた記事が含まれたオンラインのウェブサイトやブログをいう。

周囲から見れば、ポートフォリオにWordpressを多く書くコーディングとの距離が遠く、ワードプレスの小さなフォントが嫌いな私は、毎月お金を出してPressfoliosを書く。

記事は、マスコミに掲載された記事であるほど良い大学生とき、メディアに寄稿することは大変だから、学校新聞に寄稿した文を載せたらされる。それでもメディアに書き込みを載せたいThe Korea TimesやSouth China Morning Post(香港)に挑戦してみて!大学生寄稿を受ける英字新聞である。国文記事を寄稿したい中央日報の「私のコラムニスト」というフェイスブックを参照してハシギル

7.汎用性

AP通信でインターンをしたときに私のメンターの一人に会った。元記者であらが、今では、AP通信、アジア地域セールを総括方なのに、ある日単刀直入にお聞きた。 「人を抜いて糸とき何を見て?」

「Attitude(態度)」

そして

デジタルメディアの生態系をよく知っている多彩な人 。最近は文だけ書けばならないよ。1人3役をする時代なので文もよく使う同時に撮影、編集、そして企画まで可能記者が必要」

まだ現職にいる私の教授だけ見ても、一人でカメラを持って来に撮影を可視またはブログを運営しながら、編集された取材水を共有される。ますます萎縮さメディア市場とソーシャルメディアの台頭のおかげで、記者は、より忙しい。

8.中国

しばらく前に先輩が有名外信の記者がなられた。外信就職のために先輩が常に強調されることがあります。まさに中国語(または第3外国語)

中国が浮上しており、米国外の主要なニュースは、ほとんどの中国の占めるので、中国語を話せる外国人記者がますます必要である。正直に言うと韓国語/英語のみうまくいけば、韓国の外信、それ以上就職が難しいようだ(米国国籍を持っているか、英語を非常によくしていない以上)。 最近、香港だけ見ても多中国語(マンダリン)となる人材を選ぶため中国語をできない韓国人としての居場所はほとんどないといってよい。 Expatのための雑誌や新聞は、中国ができない人材を抜くが、給料は非常に少なく、読者も小さい。

ちなみに上述べた先輩は、日本語をよくされる。

9.専門

もし私が時間を戻した場合、私はおそらくジャーナリズムを専攻していないだろう。

もちろん4年の間に多くのことを学んだが、知識の面では、少し明らか面がないんじゃないていた。文の書き方は、誰教えてくれることもインターンながら、より迅速に増え「ジャーナリズム」といっても基本的な概念とソーシャルメディアの台頭などcommon senseの中で継続ゴトド感じがないんじゃないていた。断定的に言えば、ジャーナリズムは調査とすることができない。

メディアは専門性を持った記者を必要とする。たとえばテック(tech)分野の記者を抜くとき、会社は(文のレベルが等しいならば)当然エンジニアリングを専攻した人を優遇する。なぜならテクノロジーに関するムングァセンの知識には限界があるからだ。政治に関する記事は、政治学ももいいけど、経済的な観点から眺めることができる経済学もも有利である。

一度に多くの海外メディアがドアを閉じる合併をしている傾向に現在「成長」をしている外信は経済ニュースを扱う外信 、すなわちロイターやブルームバーグなどしかない(今回ブルームバーグとロイターが削減をしたが、話を聞いてみると、金銭的な理由よりもっと会社をタイトに作動することを目的とする)。 だからファイナンスの記者への需要がまだかなりある方なので、経済学を専攻またはマイナーをする助けになるようだ。

10.運

最後に…運が必要である。

外信はあまり枠に取れたシステムで運営されていない。 普通の人を抜くときは知っている人を抜いたりライバル会社で離職をするので、私たちが知っているほとんどの外信(CNN、Bloomberg、etc)は、新来者を抜かない。

抜きすぐ記事をこぼしことができる経歴職を好むため、通常は非常に小さいメディアから起動する必要がある。

韓国外信記者らのルートは、通常 (ああ真。韓国外信記者たちはほとんど韓国人である (笑)留学、国内組様々である)

1)内申(聯合ニュース英語、コリアヘラルド、コリアタイムズなど) – >外信

2)他分野(民間企業、大学院など) – >外信

3)海外メディアインターン – >外信

最も一般的なルートは、#1番である。内申で少なくは1年、多く5年以上ずつ仕事た後に外信に離職される方が多い。 #2番珍しいも、かといっ珍しくもない。私募ファンドである標識に記者があれ先輩(コロンビアジャーナリズム大学院卒業)、または英国の大学院を終えて偶然(?)サポートされましたが、記者の道に入っ来ら先輩…様々である。共通の言葉は、「私の記者思ってもみませんでした〜」

#3回最もレアである。一度インターンになったり大変正規職に転換してくれるところは珍しい。なぜなら、通常のフリーランスに戻って会社が多いからである。あえてインターンをより多くのお金を与える正規職として雇用する必要性を感じていないんじゃないか…ㅠㅠ

私はもちろんインターンシップのために、毎年夏が近づくたびに、30〜50個ずつ願書を出したが、かなりの運基づいた。いくら実力が優れているとしているシステムではない。 空席+実力+人脈+運がついて必要する状況が多く、かなりマクマクハルことができる。この点は、必ず留意しなければならない。そうでなければ、かなりフラストレーションを感じたり失望することができる。


次の回では、インターンシップを求めた過程を書いしようとしている。

Thanks for reading。 Hope this helps。

psかなり個人的な内容です。偏見なしに読んでいただければ幸いです。そして私も私の経験に依存して書いただけのすべての状況に通用する可能性があります。この点に留意していただければ幸いです。

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.