四半期の人生を生きることを決めた。

仕事が忙しくて、体が悪く、力がない。

複数の言い訳を当てながら生きてみると、人生を生きるなく、人生を生きてていた。

私の人生を生きるなく、人生が私のうち出していて、 思いのままに生きるなく生きるように考えていた。

文もない書いた2ヶ月もした。

文を書くことに心に決めたので、こんなことは初めてだ。

文を書くのは、私わたし精製すること。私は実際に私になっていく過程だこれ二ヶ月やなくてあったので、仕事が忙しい、体が良くないと、力がないと、 物理的な言い訳が精神的な疲弊につながっていた。

これ自身を引き締めて今、このようにグロー今後の計画を残して見る。

計画というのはグロー残すほど、そして公表すればするほど、より成功確率が高くなるから。少なくとも計画通りできなかったときは、自ら恥じする時間を持つことができているから。恥ずかしい人生を生きるしかない場合は、 恥ずかしべきときに十分恥ずかしいなければならない。ようその次にそのような行動や考えと様態と生活を持たないから。


突然人生計画を立てようなんて漠然とである。企業のブランディングさえ数年がかかるが、個人のブランディングもこれに劣らないだろう。私個人的性向や好み、興味の助け好奇心などを考慮したとき、3年を通る目標は無意味で、それ以上の長い人生の目標/計画はさらに無意味だ。

もちろん、全体的な人生の結果人生の方向性は、すでに数年前にすぐにした。

本質を追っており、本質的に陥没されていない生活 という文章が人生最大の旗であり、

私は恥ずかしくない人生を生きているか?

私は公正な道徳ギョクリュルを保っているか

私は本当に私の人生に最善を尽くしているか?

私は本当に本当に「生」を生きてますか?

という4文章を思考と行動の準拠にしている。

この準拠と旗から抜け出せず、ぶれないうちは私の性向/好み/興味度/好奇心に合ったものを取って達成することができる3年以内の予定。

このように計画を立てることがいいだろう。

まず、3年後に私は達成することが目標では、「自分のビジネスを開始する」である。アムリョムセンツン合っ突然の計画はあるのに、近年での見た文章の中」の人生を最も没入して生きてみたい場合は、創業をしろ」という文章が心を深く打っ脾臓、および仕事をしながら好きではないこと。好みのものだらけなので、そのすべてを解決して達成するために「自分のビジネスを開始しよう」と短期目標を定めた。 2021年の夏のある日、三十三の僕は、事業を開始する。


次に、その3年後の目標を達成するために、より計画を細かく分けてみることにした。

まず、私の人生のパターンや軌跡を振り返ってみると、私は四半期ごとに変化が多かったり、何かの習得が行われた。大学生時代だけでも、何か一つを遂げて理解するのに喜ぶかかっようだが、どうして生きてみると、そのタームが短くなったようだ。

事実何かを知っているか理解するには没入された「一ヶ月」であれば十分だとすぐに数ヶ月前までは思ったが、一ヶ月という期間に何かを知っているか理解することは、明らかに「理解」を成し遂げることができますが、本人だけの我執に陥った状態」で理解をイルグォネはようで「一ヶ月」は、第ことに決心した。

国は、人は何かについて我執に陥っても、理解するのに一ヶ月 、その我執から逃れようとドゥェントン破って混乱する月と、再び抜け出して、主観的なビューを持ったまま客観を成し遂げたが、つまり本質的に陥没されない場合で本質を追うために一ヶ月がかかる。

私のための最適な人生周期は3ヶ月 、だから分岐である。


その後、3年後の目標のための3か月の四半期の12個を立ててみよう。と思いをしたところ、 ウェンゴル、私は3ヶ月の後の私予測できなかった。アマゾンは、来年の結果は、すでに昨年行われたと言うほど(ぴったりこの文章ではなかった。)の計画があり、予測があるが、私はまだ3ヶ月の後の私予測できない。私は私の旗と準拠のみずれなければ、どこにでも飛び出していくイメージがある人がというものを自ら知っている。

これ毎分の最初の四半期の計画と目標だけ圧搾した。

現在文を書いている時点では、2018年7月25日。通常の第2四半期の4,5,6月には過ぎ、第3四半期の7,8,9月キャッチにはすでに25日が過ぎたが、希望の人生のために果敢に第3四半期の私の最初の計画の開始点として定めてみる。


最初の四半期の計画(2018年第3四半期)

1. YouTubeのを起動して動画を三つ上げる。

いつも夢見てきた、本を読んで本について話をするコンテンツを作ろうとする。本レビューでもなく、本推薦でもない。ただ読書会を主催していた自分自身の習慣を生き返らせるためだ。本を読んで、その本を消化した自分自身の視点と方法にのみ話をする。本自体を分析することも、作家の話をすることも、本どの文章に突き刺さったまま、自分の経験と関連づけて話すことがも、本を読んで入れ投げることもできる。

基本的にはアフターエフェクトを活用したイントロ/アウトロと適切な撮影技術、プレミアプロを通じた適切なカット編集技術が要求され、これをひき磨かする。

2.ブランチに文を四つ上げる。

事実ネタは多く、保存された文も多い。しかし、私の心の中で十分に熟し、私は思い切り飲み込んた文がありません。文を熟すために、完全に自分のものにするために、心を治める時、良いものを向き合う時間、インスピレーションの源を見つける習慣と時間が要求される。私は文章を書くだけ成長する人である。じっと座っていると解決されるのではなく、すぐに飛び出して出勤の人々も見て考えに陥る時間を持たなければならない。

3.健康的な食事と運動パターンを探す。

健康があまりにも好きではないした。途方もないことなく、朝食、ランチ、ディナーを私の推奨カロリーに合わせて摂取し、朝起きてストレッチ、夕方に散歩やホームトレーニングする習慣を取り戻す。このため、業務時間内に業務を確実に打ってなければならあり、外部の約束を最大限減らし、家でただ横になっており、YouTubeのを見て時間をなくすことである。

4.発音と発声、表情と文字を整える。

無駄な言葉はない。他人と不必要な会話はしていない。この心の中二つの文章がたまたま私の発音と発声まで砕い人で作ってしまった。過去、多くの学生が直面し疲れのせいで、表情を犯さないようにされた私はひょっとして表情を失ってしまい、ティーチングするときに高速情報伝達をするために文字を曇りのせいで私の字を失ってしまうことになった。将来のすべての対話とハンドライティングの機会があるとき、最善を尽くさなければならない。

5.週末の一日は、必ずカフェに行って自分自身のためだけに時間を持つ。

本当にすべきすべき途中と本当に気持ちのいい、ほぼ唯一の行為だと思う。疲れても、やることがなくても、ノートパソコンと本一冊取りまとめカフェに行くほど、自分を精製して、再び自分自身に直面して戻って見るのは良い習慣がないようだ。早い時間に行くほどさらに充実したよ。体の誘惑を振り切って精神に満たされ追う姿勢が必要である。

6.コーディング夜学4基履修し、ポートフォリオのブログを構築する。

恥ずかしい。コーディング夜学1基、2基、3基の両方の申請のみで、講義三犬が全てだ。 8月1日から始まるコーディング夜学は必ずすべての過程を履修し、結果として私の個人ブログを構築するものである。現在の書き込みウィブリーベースのポートフォリオには、私のマインドセットと適合しておらず、寀ーは他人が作ったスキンを使用するせいか、私の心を満たしていない。約2週間、すべての夜の時間を投資しなければならない。

7.お酒を減らし、無駄な消費をしない習慣を始めます。

酒好きだから、お酒を本当に多く楽しむ、私はお酒を食べるのではなくお酒が私食べるのされてしまった。お酒を飲むほど精神がはっきりしてなり文が書かれ、多くの考えが整理されて思考過程が急速に流れて行くのも好き、酒を楽しんだことは、今その瞬間の私は本当の私はないことを知っているだろう。何かに酔ってすぐに駆使し出したもの、最終的に戻っ取るだけ拾って入れることができていたよ。私は完全な私として機能するのが良い。また、無駄な消費が、最終的にすべての私のライフスタイルや好みを捕獲することになったよ。これ以上の無駄な消費はしない。事実人の好きな私には、不必要な消費とは、「これ以上私の友人に酒とご飯を買わない」のに…悲しい仕方ない。いつか、私は食事代と酒代において、少なくともそのお金においてだけ抑制されていない状況になったとき、再び不必要な…いや、再びその必要消費を開始しようとする。拒絶し向く心を停止できる勇気と実行力が必要である。

このように、7月、8月、9月を費やして、9月に末尾に再び探っ見る文を書いてみたい。

私の人生は、今日から2ヶ月、6日に残った。


3年かかるマガジン。恥ずかしくない3ヶ月開始

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.