時まさしく2014年には、私は香港Associated Press(AP)からのニュースインターンをしていた。

APは、世界的な通信社(Wire Service)であるが( 携帯電話通信社はありません )、韓国聯合ニュースのようなところだと見れば良い。キャリアは、最も世界に特派員が多く、一番速くニュースを伝える。世界のすべての国に報道機関が人を送ることは人材の無駄と財政的にも不可能であるためAPまたは私たちが慣れているロイター(Reuters)、ブルームバーグ(Bloomberg)などのキャリアが最初に取材をして購読料を受けながらニュースを他の報道機関に提供する。

とにかく紆余曲折の末、2013年末からインターンを始めた無給に加え賞」級の労働強度、さらにはホレンイ記者様を上司に迎えた結果、私のたるみは、毎日のように濃くなった。週に3〜4回、香港Wanchaiの会社で1時に、学校の授業を終えてすぐにまっすぐ向かったなら忙しい時7時や8時、忙しい時午前2時でも、午前5時にも退社したことがあった。

AP通信に初めてインターンとして入ってきたときは、Shotlist万手先槍書いた。 Shotlistと撮ってきた映像をショット、すなわち画面ごとに説明するリストである。かなり土方インゲカメラアングルや人が変わるたびにいちいち手で書いて内容を説明しなければならない。次には記事に挑戦した。ああ、ちなみに私は芸能部ニュースインターンだった最初の記事は、トランス4に関して書いた覚えする。そのマイケル・ベイ監督が、香港を訪問したカルパン?を迎えるところだったという内容で覚えている。

APは別に正社員として雇用したカメラマンがない(最近だ外信が、これといった;;正規どころか最大限フリーランスのアウトソーシングしようとする。韓国も似ていると聞いた)。私と取材時に同行したアバン(abon)という香港のおじさんも取材当たりの香港ドル、1000ドル(15万ウォン)を受けて働くフリーランスであった。

ボス様は時々アバンイ撮ってきたビデオに対してうんち距離られた。 「これは私撮る」「そう撮るなられ」「ああ、あまりにこれ撮っお金をあまり受けるんじゃないの?!」

最初のインターンシップだけの情熱が鍋に熱したカレーのようにぐらぐらクルドン私の上司様に唐突に提案した。

「私はそれを撮ってきます!」

数回の失敗とカメラのメモリを無駄に終わりに私は少女時代のコンサートから、香港スターチョウ・ユンファ、アーロン・クオック(Aaron Kwok)などが参加するイベントを一人で撮影した。私キーだけな三脚と命よりも高価に見える撮影用ビデオカメラ、ライト、そして私のバックパックまで引きずりながら撮影現場に行けば全身はすでに汗でぬれていた。

しかし、撮影よりも難しいのは、唯一の韓国人である私に向け態度のであった。

私の前に広東語で私の話をするのは数え切れないほど、私は挨拶をしても冷ややかに見て、香港演芸部記者と英語でコミュニケーションができないカメラマンの間で、私はいつも一人であった。撮影をしようとするとおじさんと気づい戦いに桁の戦いまでしなければならなので、常に私本意縮こまっ聞いたが、鉄板を敷いて桁を取った。


その日はイ・ジョンソクがH * go Boss(ヒュー・ボス)の新店舗オープニングイベントに出席しに香港に来るした。

ボニム: "人々は本当に多いよ。精神パチャク引き締め。Are you sure you can do this?

私:「Of course。 "

ヒュー・ボスの店でちょっと芸能人が店を見て回った後に、香港の金融の中心地であるCentralに位置する港でレッドカーペットイベントと芸能人とVIPのためのパーティーまで開かれたと言った。

ちなみに韓国芸能人は香港で超超超超超A級、VIP待遇を受ける。ビッグバンのコンサートは数分で完売されてレッドカーペットでも韓国芸能人は、常に最後に入って来(しばしば遅れ笑)。

イ・ジョンソクも店頭インタビューはスケジュールのために省略して港でレッドカーペットイベントやパーティのみ参加とした。だから店で撮影した後すぐに港に行きました。港は(イ・ジョンソク)ファンにいっぱいあっ精神がなかった。米国ハリウッド俳優もいくつきた(記憶はよくアンナム)人々の視線はイ・ジョンソクがいつ来るかドアのみに向かっていた。

APは外信であるため、イベントや記者会見場でも、常に一番最初に質問する機会を受ける。通常の記者会見をするとした人が複数の報道機関のマイクを持って立っており、(ビデオ参照)、他の記者たちが立って質問を見るの通常その一人やであった。


二階に立っていた記者が突然階段に向かってどっと向かった。桁を奪われるか見ている私はちょうど最大限レッドカーペットの周りに立っていた。イ・ジョンソクが現れると、突然芸能部の記者がファンよりも興奮してレッドカーペットの近くにある突進した。カメラマン、記者は、広報担当お姉さんたちまでオンキョソ現場は少し誇張して言えば、修羅場だった。

お互い本意押す基を繰り返していたその時、私の前にあった香港の女性が肘を振りながらくるり転じた。

香港の芸能部の記者:DO NOT TOUCH ME。 (触れないでください)

私:Sorry(申し訳ありません)………… [アン小麦たが、私は〓〓]

誰自己を再ミルチョトか、香港演芸部記者は上目遣い戻っ立っ叫んだ。

記者:I SAID、DO NOT。 PUSH。 ME。 (私は言った。触れないように。)

はぁ、そろそろ金が上がってきた。

私:「I said I did not push you」 (ないプッシュ非現実)

言い返し(?)をした私は気マクヒョトヌンか女性は大声出しながら、この「hanguoren(韓国人)」は、何かと叫んだ。少なくとも20人ほどのカメラマンと現場の多くの目が私に撮影たしアバン(カメラマン)は、私の目を避けた。私も負けないように唇を必ず噛んで女性を見た。女性は呆れたように広報と警護員に行って、私追い出せは手招きをした。しかし、AP通信の記者の資格で来た私には私がとする人はいなかった。


突然のインタビューが始まった。私はいつものようにマイクをキャッチしたところ、アバンの子供の妻がさっと奪っ他の同僚に与えた。質問をしようと、元の位置に戻ろうとしたが、故意かどうか、私はいつの間にか人ごみまでミリになった。瞬間メンブンイてきた。ああ、ボスが質問、ぜひ聞いてみなさいました….

インタビューは続行となり、遠く追放された私イ・ジョンソクの声すら聞こえなかった。

イ・ジョンソクの回答を通訳者が韓国語で広東語と解釈しているときに、私はじっとしているイ・ジョンソクに向かっていきなり声を上げた。

「イ・ジョンソク氏今後の計画がどのようになろう!」

「ああ、韓国の方がですか? "

(こっくり)

その後、私の言葉を無視して(聞き取れはか)通訳が「最後の質問です」とイ・ジョンソクに語った。

イ・ジョンソクはちょっとたじろぐ思うよ

「あ、あの方の方が先に質問ましたが」と私示した。

そして今後の計画を言い、それを最後の質問に(笑)退場した。


結論から言えば、私はイ・ジョンソクが、私の質問を答えて与えたも知らなかった。ハード遠く離れて顔もよく見えたからだ。

インタビューが終わった後、私は香港の記者の怒りとその周辺のざわめきを後にして港を冷静に歩いた。そして海が見える静かなベンチの前で泣き崩れた。

オフィスに夜12時頃に入ってビデオを編集しようと戻してみるとイ・ジョンソクは親切に私の質問に答えを言ってくれた退場するとき、私に向けてチングト(!)までしてくれた! (ビデオの下を参照)、それも知らずに、私は私を見ていくイ・ジョンソクを見ながら、「ああ、私の質問の答えもアンヘジュン悪い超え〓〓」とすごく願望をした。

ビデオソース(Associated Press Hong Kong)


ビハインドストーリー:知ってみると、その香港の記者は、私の上司の元同僚だった私は「私を入れたは「理由の一ヶ月間、取材を禁止された。 「世の中には取材より重要な何かを持って、例えば、状況把握?」ボス様は私の代わりにして、その記者に謝罪をされた。 「とても情熱だけに先んじてはならないよ。」

「そして… "ボスが困惑したように言ってました。

「お前も感じますが…撮影現場に嫌韓感情が存在し、人々がそれをお前に緩めよ。韓国芸能人ら毎日遅くも過剰警護して、香港芸能界の人々は多取材する嫌い人気多いから仕方なくするのです。」

しかし、私は私の質問に対してはまだ後悔をしない。 That was my duty、as a journalist。

そして、結論は。イ・ジョンソク様ありがとうございます。ハートピョンピョン

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.