シンガポールの国営放送局 のチャンネルニュースアジア(Channel News Asia)で、昨年の夏にインターンをしながら生じたことである。

ニュースインターン桁を狙った私どういうわけかEnglish Current Affairsチームに配置された。 ドキュメンタリーを制作するプロダクションチームだが、その中にプログラムごとにチームが分かれている。元のオンラインビデオを作成するTransmediaチームに行きましたされインターンが多すぎると、私は" Days of Disaster 」と呼ばれるプログラムに配置された。 Days of Disaster(DoD)は、シンガポールに過去50年の間に発生した最悪の自然災害、そして事件事故を再照明するドキュメンタリードラマだ。シンガポールの建国50周年を記念するドキュメンタリーであるだけに、予算も一番パンパンして製作当時の期待を一身に受けた。 (私はあった2014年は、シンガポール建国49年目)

初日、朝早く割り当てを受けDoDチームが座っている位置に行なった。幸いなことにアシスタントディレクターである「レンガン」がディレクターに私の紹介をしてくれるとした。いざ行ってみるとヘトヘトに見える30代前半の男性一人だけ肩をすっぽり下げタイピングをしていた。

レンガン:ちょっとユーミン、お前インターンだ。韓国から来た。挨拶して。

ユーミン(ディレクター):oh、hey。こんにちは、私はユーミンだ。うーん…ウェルカム。

私:oh、hi! I …

私についてはまま終わる前にユーミンはくるりと回ってタイピングを始めた。 何か開始が安く〜した。そして、私の予感は間違っていなかった。

インターンに休む暇もなく取材を任せ資料調査をさせる他のチームとは違って、私たちのチームで、私は透明人間だった。


私:ああ…もしかして私は何をするつもりよ?

ユーミン(ディレクター):ああ…まあ…ない。

ゼニス(ディレクター):ああ!ランチない食べ!私トマト二つ、キャベツ三個、そしておでん三つ(チーズ入っているだけ!)、チンゲンサイ(bok choy)5個、2つの卵にして鍋(しゃぶしゃぶ)作成だくれ!

トム(ディレクター):語…あれ?ああ…私は今行く道!後で話そう!


毎日の仕事を頼むしたある日、ユーミンが何らかの理由で私を呼んだ。

ユーミン:あなたにとって非常に重要な任務がある。明日の撮影時に私を忘れないで従って

私:うん!


ユーミンと私は、カメラマン二人向かったのは、シンガポール郊外に位置し、公共のアパートであった(HDBと呼ば呼ぶ、シンガポール住民の大多数が政府の支援を受けて、公共のアパートに住んでいる)。家に入ってみると延世大が疲れた祖父がおられた。

ユーミン:ああ、この方はMr. Wongシャー。シンガポールで1960年度に起きた最悪の火災を経験された方だ!

私:ああ…うん!こんにちは!

ユーミン:あなたが行うことは

(かばっかばっ)

ユーミン:王氏の顔がカメラに油て見えればいけないからサッと油紙で顔拭いていパウダーペイント。

私:ああ….はい…?うん。

私は私の個人的ポーチを取り出し(〓〓)王氏の顔の油を油紙にボトル入り出した後に、私のパウダーで(〓〓)パウダー塗りを差し上げます。

その後本意持続された私のメイクサービスのおかげで、インターンが終わるまで数数のカメラマンは、私は韓国で飛んできた「メイクアップアーティスト」で分かった….


それでも外国局でインターンをしてみたいとないお金をタルタルはたいシンガポールに運ばき韓国人家庭で入居課外まで自任意志の韓国人!である私として休暇3ヶ月を粉飾だけながら過ごすことができなかった。 (参考までに、シンガポールは住宅価格が高すぎる。家賃がサルマンしたのは基本的な80〜100万ウォン程度である。従って、英語入居課外をした週に12時間の授業しようとして死んでいたㅠ)

他のチームをスヌーピングスヌーピングながら仕事量を探し始めた。

「ヘイアメリア!ああ、なんて?韓国語の翻訳?ああ〜Kです。それは私が専門で、 ""ああ、ウェイピン。だから、この二つの時間のビデオをすべてスクリプトで受け書け?当然され〜」「あ、ラマダンだから私は韓国人としてラマダン体験をしてみろよ?はい?一日中絶食をして水一口も飲まないようにされているんですって?ああ、ところで、撮影まで並行せよって?ああ…..はい…はい!当然よいです….. 」「あ、24時間情報提供ホットラインを私一人で受けたんですよ?あ…電話シンガポールラン、マレーシア全域でくる夜明けも必要になるって…?ああ…..あ..はい…はい! "

幸いなことに私を信じて仕事をいただくピディニムが増え、自然に私はチケットの押さユーミンと以前のように、頻繁に撮影(メイクサービス)を出なかった。


一日は、久しぶりにユーミンが私を呼んだ。

ユーミン:明日は本当に重要なインタビューがある。ところで、お前もしかして茶色粉末の?

私:ああ…茶色? no …

ユーミン:あ、じゃあ一つ社明日の朝まで。是非!

私:うん!


その日もイルドミに埋めた私の時間に行くかもしれないリサーチをしていた。ふと時計を見ると、夜8時、おっとた。サッとパウダー買いに行くのに…. この、茶色粉末からムスタファに腕だろう。そこに24時間じゃなかったっけ? ( ムスタファ :インド人が主に使用される巨大なスーパーマーケット。ないものはないという噂が…)

ムスタファ(Mustafa)があるリトル・インディア(Little India)に夜9時くらいに到着するとの距離はうすらぞくぞくした。

退勤一派は消えて久しく、タバコを吸う、インドおじさんだけあちこちにペーシングをたてた。クイック足取りでムスタファを行ってみると….

これがどういうこと…その後、どう…私になぜこのようだから….

その日ムスタファは閉じていた。なぜそうなのか、まだ理由を知らない。時計を見ると、ほぼ10時だなっていた。

「人々は、多くの観光地を行くつもり…そこはだろう…」

サッとマリーナ・ベイ(Marina Bay)に向かった(参考にマリーナベイは双竜が建設した!!!!)

マリーナベイを行ったところ、その周辺に化粧品店はおろか、すべてのショッピングモールにまでドアをすべて閉じた。観光地フィット…?

メンブンを始めた。それにしても私は他のチームと仕事をするのを見てユーミンが植栽が不便で私と話よくないしたため、ユーミンがしたことだけは完全にしたかった。


急い周辺の贅沢な名前の分からないホテルで優れて入った。

そしてフロントデスクに行ってむやみに….

私:こんにちは。 私は韓国から来た有名なメイクアップアーティストです。今第クライアントを明日会うために、私は忘れて茶色の粉末を持たないで来ましたね!もしかしたら、ここインドやマレーシアの方が仕事している場合、私はお金をしたい方のパウダーを購入することができますか?」

フロントデスク姉がざわついつまずいた。

姉1:どうしましょう?今ないと思う…

姉2:ムスタファ行ったこと?

私:はい…ㅠㅠ

結局、私は手ぶらで家に帰ってきた 。家に着くと、ほぼ12時だった7時間後に撮影をしに出発しなければならない状況。方法がなかった。

もしかしたら使えるようにないだろうか

私のポーチを

開けてみると….

開けてみると….

開けてみると…!

私ブロンザー(bronzer)が目に入った。男性はよく分からないがヨロトゲ(下の図注 – ソース:非常にニュース)生じたブロンザーは顔が立体的で細く見えるように陰影を与える化粧品である。

「ええと、色が…暗いはい…ところで完全茶色ではないのに…ほとんど暗いオレンジレベルなのに…か…白であればティー本当に私のに明日…?」

方法がなかった。祈りをしました。 「ご…イントビュイが白人だけnを…..」


次の日、いつもとは違ってユーミンがスーツを着てきた。カメラマンも少しずつでは気を使った様子だった。ああ、スカートを着て来る幸いであるが、中に安堵の息をついた。

昨日行ったマリーナベイの近く巨大なビルに到着した。法律事務所と金融会社がいっぱい入居したビルであった。

全面ガラスの会議室に案内員が私たちを導いた。そしてすぐに態度が良い祖父がつかつかと歩いてきた。

おなじみの顔は、私の研究によく登場いただいた、シンガポールの元長官Shunmugam Jayakumarだった!

そして、彼はインド人だった(笑)

撮影に先立って、私は何気ないままポーチで私ブロンザーを取り出し長官の顔にスクスク粉飾をした。幸いなことにブロンザーの黄色の色は、長官の顔に跡を残さずに同化された。そしてユーミンは満たさ顔でその様子を見守りながら一言だった。 「あ、韓国から来た第インターンです。メイクアップを引き受けましょう私の代わりに、辺ぴな」

撮影が終わってユーミンは満足な顔で私の肩をマフた。

ユーミン:Thank you for the powder

私:(ずつ)You are welcome

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.