大学院修士課程4学期単相

大学院4学期単相。

あれこれすでに大学院修士課程4学期に入った。修士卒業時には、まず24単位履修。総合試験3つのコースを通過。卒業論文通過する。が必要で3学期の時点で既に27単位を履修し、総合試験した本通過しておけて今終始二つとジョルノンが残った。ちなみに私は数の後の研究学期学期以上。だから5学期卒業をする。一学期先送りたりしたが、2年にわたる仕事をしながらする理由としては悪くないと元の三見る。

前は雑説で背の部分が整理されているので背の部分のみお読み構いません。

大学院では、かなり多くのことを学んで学んでいる。

まず何当然のことだが、学術的に非常に有意である。学部課程では触れていなかったものを接することができ、何よりも「絶対的真理」はない心構えで(いやあったりのに私たちはそれを追求するだけであって、それが存在しない。)どんな著名な学者が言った内容であっても、批判的に見て探求してみそれ同僚と先輩(アルミホイルのプロセスの方。私たちとは修士課程、博士課程の授業のように聞く。超え良い。博士課程の方は本当になぜ博士課程のか知ることができる…たて博士課程…)と教授と一緒に議論して話をする。全く関連点ないように見える話も接続がされたりし、それぞれの背景から出てきた(私たちと特性認知言語学の方の特性のか分からないのにみんなの背景が必ず言語学だけではない。ほとんどが、他の分野での研究している途中の言語上で考えが帰結されて気になって来た人!私は少しそのような方!)新しい洞察と論点は、あまりにもオシャレ楽しい。本物の薬等しい。続いて「私たちが一度知っている真実の終わり」を継続してチクチクラッキング感じだ。 決められた真理の中で遊ぶのが学士と、真理の終わりで遊ぶのが修士と、それの端を認知しているのが博士と、先端を放って、新しい地平をヨンゲ私たちはしばしば名前を聞いた学者たち。だというのに本当に正しい言葉だ。

ヨトン多くのことを学び、他の調査を尊重しながら、ノンするのがとても楽しい。他の調査や言語学的などうせ世界を理解するためには、説明するためにすること。それぞれのツールや方法が異なるだけであるため、互いに助けになればなったの敷か理由がないよ。

そしてなんか個人的に精神的?というか?うーん…脳の容量?私の見解の地平?が広がるというか、それの大きなようだ。常に授業の後、あるいは専攻書籍を読んだ後、あるいは他の先生たちの発表を聞いた後限りなく自己恥辱感+私のゴミよ+と本物クール+と勉強クルジェムこの様々な感情が一度にだりしている。私の限界を毎回感じるようになり、それ0.000000001ずつでも少しずつ壊れながらプッシュされるようだ。もちろん自己恥辱感が本オジゲオーム!

特に言い訳ですが、私の仕事をしながら勉強をするジラフルタイムの学生のように与えられた量読み+気になるリファレンスより閲覧がない。物理的な時間の限界に最高の状態で与えられた量を前日未明になってようやくだ読んで試してすべてだった。 (特に、昨年は月に200時間近く働い3科目聞いた死んでいた。毎回夜漏れ、地下鉄で専攻書籍や論文を読んだ。今年はまだ月に120-160時間程度で働く時間が減ってはいけない健康を回復したの。)

ところで、実際に私に働く勉強し大変〓〓泣き言距離しようとしても、熱心な方が多くアダクことになる。私はフリーランスのが本当の会社通わながら博士課程の方もいて、さらに子供までいる方もいる。そんな方の過程や結果を見ていると私は大袈裟に正しい。

とにかくこの記事を書く理由は、今日は論文発表の日だった。今日のような日誰かは私そう論文書いて(論文の提案発表。私のようなケース)。誰かはこのように書いています。 (論文中間発表ハヌンゴ)。誰かはこのように書きました。 (論文最終審査の後の内容と言う方)などがあるが、これは今日として、私の第四発表日参加かそうだった。

常に感じることだが、本当に巨大無視内容が発表される。本当にタイトルだけ聞いてもとても面白く見られ、研究進捗起こってみるとと実際の大当たりどうあの考えてあのようにセッティングしていそんな気がする。そんな論文見ると先生たちも新ナショソ膜付言をしてくださるのに、その付言も完全グムチョクだ。とどのようにその内容聞いたらすぐあんなポイントを見つけ。とオトム是非短時間で言葉をあのように清潔にまとめいただきなさら。ああだから先生だ….このような(笑)ああ参考に言語学として膜陳腐に文字を数万字からなるた論文や成る論文や発表を考えることができるでしょのに全くない。もちろん、このような論文もありますが(理論言語学を着実方)言語学の分野は全くバンデヘソ考え以上のものがとても多い。例えば…ネイバーでキャンドルという単語を打ったとき実質literallyにろうそくの検索結果が出ることもがろうそくデモのキャンドルが出たりして、フアッション画像のキャンドルも出るあり変化しないか?こんな。このようなアルゴリズムも事実言語がある程度かなり大きな一助をしており、….前に流行していた?いくつかの単語ば、その単語に含まれている値?私書いてみなくてよく分からないが、まあキム・ミンスば[+韓国] [+メンズ】【+ザラ]このような資質が浮かぶサイトあった覚えするこれも言語学が作用(?)されたものである。おそらくシータタロルかグロルコある。まあ猫と[+ animated]こんな?これまた意味との関係があり、意味論はまた、言語哲学の関係があり、言語哲学はまた論理学や数学とも関係があります。まあ…いわば終わりはない。(実際には、私より詳しく伝えることができる能力が不足しているのだ)まあ…ヨトンなんか思ったより言語学がこの「現代」にかなり密接に関連があるということだ。実際に関連がある実験言語学。認知科学の観点からの言語学。心理言語学。計算言語学。他にも、過去から続く理論言語学はこの「現代」に多く作用されたりする。今…詳細は私も知らないヨー!ふふふ

ヨトンこの多目的多方面からアプローチしている様々な論文のテーマと話を聞いていると、どう見ても、私は本ゴミが明らか…私の方向性もない持ってフラフラ距離のに….という気がするけど….ヨトンこの話を聞いていたら、そしてそのような話をしている人の輝く目つきと落ち着いた口調を見て聞いていて場合、そこにコメントを加える教授の声を聞いていたら、私一歩進ん感じではある。こんな考えると確かに大学院授業料は(通常は学期に400-600ハルゴダ学校ごとに違うだろうが私たちの学校は420っけ。)特に高価ですがではない。まあ今のビジネス的に素晴らしい人の話を聞く講演や会議は参加肥満バック移らないかそんな思いとある程度かなり合理的で理解できる。

ああ、もちろん金額的な面で見ると、個人が耐え難い金額勝っ明らかである。私は大学院の授業料まで両親にサポートを受ける脾臓こう淡々と話すことができるんだ….まあここヘル朝鮮談話を話す目の前にないから一応音。


ヨトン確か大学院を通えばオトヌンゲ真多く、実現が本当に多い。水失ってしまうと監修する必要があることも多い。まとめて番号で表記ザラザラ

得ること。

1. 1つのトピックについて不死全体見ることができる習慣や経験

– 各クラスのたびに読んでいくべき章あるいは課題が非常に多様な方だと、様々なテーマについて一度全身を捧げて不死上げる経験を試みることができる。学部課程とは、その感じがちょっと違う。確かに私は大人であるが、私は社会人であるというのかがあってそうなのか。ヨトン夜明けを燃やす経験をよくすることになる。そしてそう一度焼いたのは、ほぼ完全に自分のものになる。が自分のものになったことを発表し、これに対するフィードバックまで完全に聞くことができるなんて、本当に最高ではないか?

2.文と親和なる。

– まあ当然だが、一度調査を勉強するものなので、読まなければ」ならない。ハングルのであれ、英語でも無茶苦茶に読むことになる。専攻書籍+読むべき論文(must)+読んでほしい論文(recommendation)+少ししか関連ませんが、それでも重要な概念なのできちんと読めば良いの論文(私大学院生活しながら、本「素晴らしい」の方は、すべてこのようなカテゴリーの論文までみな読む) +全く別の分野だが、同じ話をしていて面白い論文(recommendation)

こんなだ読み取りノラミョン文と親和なる。早く読まれ、よく読まれており、 何かすぐに物事の本質を把握する能力が養われる。なんと表現はできませんが。

3.話をよくすることになる。

– まず、言う私ではない。私はできず、負けみたい…ヨトン本人が読んで理解して認知したことを消化した後に清潔に言葉で表現する必要があるのなんか?清潔話す実力が増える。マルパルが増えるという表現よりは、はい清潔話す能力がオプオプされる。特に準備してき話すだけでなく、ディスカッション中に、他の人が準備してきた話を聞いてすぐに認知し、理解した後に、それを消化しながら、自分の知りたい事を含めて、既存の理論で言っているのはないか、頭の中で検証しながら、それを流麗に短い発言として表現する能力。この能力がひどく増大さようだ。私は時々ポテンショこの裂けあんな言うする場合がありながら、私驚く。何まとめチョンダ+解釈チョンダ+解説チョンダ+論点提示チョンダ+論旨発展チョンダが同時になる感じ ?笑ふふふ私これ大学院で起きたというよりは、塾で子供たちに教えたり、何かを説明する際によく裂けるようになった。何か私自身にとって一段階低い状況で負担がドルヘその能力がカモ起きたのかと思うもして….

4.良いリスナーになる。

– 特に大学院で聞くには非常に重要である。相手の話をよく聞いて、最後まで聞いて、刻んで聞かなければならない。ただ一言言っゴド実際にはどのような学者のいくつかの理論を包括して言ったこともあり、先ほど述べた文章がとても意見が多くホット物語のどの陣営視点をとって言った可能性があります。だからよく聞いて、最後まで聞かなければならない。だから、このようなリスニングがあまりにも面白い。リスニング自体だけで、自分の検証がされて、フィードバックがされ、さらに、複数のイメージ的/精神的/学術開発が行われます。クルジェム….特に準備ができている良い発表を聞く時間は本当に天国とも同じである 。振り返ってみると私はそのような発表をしていないたのがとても残念だ。他人の時間に迷惑をかけた感じだねㅠㅠㅠㅠ

失ってしまうこと…?いや揺れることと表現してみよう。

1.身体的健康

– 私は仕事をしながらだからそんなことか思ったが、フルタイムスチューデントにされる方も同じだもの見…大学院の研究をすると、健康がアジャクシオ私ようだ。もし周りに知り合いが大学院に通いながら健康までなら本物の自己管理ゲチョ市は分のだ!!!!!日までとそれが本当の超人である!ヨトン私大学院+日コースを踏まえながら、健康が非常に好きではないした。すぐ今日帰りにヘルス切断だ。

2.メンタル

– どのようなどこにでもメンタルないターリーところがあるのかだけは、大学院はいくつかの異なる方法でメンタルがターリーはそうだ。なんか尊重ながら毛しまう。だから….国は人自体はよく尊重されているが、私は勉強したこと、あるいは、私の発言したもの、あるいは私が思い付いた結果についてのフィードバックを受けるとすべきか?これすごく自分自身に役立つものですが、多くの聞く軽くメンタルが崩壊なったりする。なんか….人は「君はゴミだ!」と聞くことも熱心にして思いついた答えが5であるが、「音なぜ5と思いましたか?うーん…それはここでこうこうあのすれば何でしょう? 3ないでしょうか!?そう、その部分が不足しました」こんな聞けば、より自分自身のために失望が大きくなるようだ。これは私の性格のせいかと思ったりして。私シルムン思い室ふわふわ団結こんな感じ。

3.友達

-失うこともなく揺れることもなく残念だ 。友達に会う時間がない。これワーキングアワーが決まっていないので。友達に会う時間はありますが…実際にその時間に勉強をしてもよい。そして、その研究では、だから調査に終わりがない。したがって、時間があったりするが、実際にないのだ。事実映画を見に行く時間あり、お酒を飲みに行く時間あり、友人に会いに故郷下がる時間ですている。ところがない。心が不安すれば、本一文字でも多くなければならない。より準備しなければなら、より鍛えなければという考えが頭の中を支配する。もっと悲しいことはこれの世話を、本でも見ればされるが、最終的に本も見られない友達も満たしていない、中途半端なまま一日を送った時、自分好み巨大な自己恥辱感である。

事実上のすべての話…とは関係なく、大学院は本当に良いところである。調査を論じる者が集まっているところとは。その意義からは魅力飛び出るところである。ただし、お金は分かってよく稼いオドンガよく得なければならない。だから….ある程度の知識の章あるいは知恵の場に飛び込ん生きるのは、ある程度の経済的安定性を伴っていなければならない。まあどの分野でもないそうなのか!希望として。

ヨトン私は今論文を書かなければならない。今日の発表をもなかった。次の機会に。次の機会にしたが、。これで、次の機会は一度しかない。自らの失望しないようにオフによくなくちゃ。いや、よくなくちゃではなく、上手だ。ただならない。

ああ、最後に思いついたものだが、やはり、学位は重要でない。学位という「資格orライセンス」が重要なのではない。

私果たして修士という学位を受けるに値する資格があるかこの問いに対して、自ら堂々か否かが重要である。

そして今、私はすごく堂々していないのでゾラ熱心にしなければならない。


Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.