専門家カテゴリーの細分化 – 1

文を書くときに、必ずバックスペースを押すれる点があり、どのような言葉を使いながら「私は – の専門家ではないが」という言葉を使う時、いつもそうである。

事実昔の私は無駄な消耗論争を避けるために、あるいは追加的な私の考えを共有する防ぐために(誰かコメントに対応する上私の思考がより明らかにされているようなもの)少し防御的手段では、どのような話をするたびに、私は少なくとも書籍や学者を直接かからない分野については、「私は-の専門家ではないが」という言葉を付けた。以前の記事を見ると、ほとんどこのような表現が多い。そうしたら文がジュンオン付言長くなって、私は伝えたいことも、あるいは重要な情報よりも私を守るための装置だけ増えてしまった。

事実、このような装置を使いながらも、私本当に好きではない聞いた。いや私は専門家でなくても、このような言葉することができませ…という考えが聞いた、最終的に私の言葉を打つされたのが、インターネット空間は当然のことながら。不特定多数が存在する空間だからだ。私はどうせウェブ上で書かれでも何でもすれば、どうせ公開されて共有されるものと思います友人公開文は極めて少なく、ほとんどが完全な情報開示である。あらかじめソンパン値気持ちというか?とにかく、このように完全な情報開示に文を書いてみると、本当に思わぬ人が来て、思わぬ話をしている場合がしばしばあるので、(これ必ず悪いことではない。ただしなんか、私の意図と予想の範疇から外れたというか)これに対応する面倒/大変/恥と/腹が立って/私恥ずかしく等、様々な感情がイルゴンた。

そうするうちに、最近の戦略を変えて「私は – の専門家ではないが」などのニュアンスの言葉を一切していない。なんか小さくてみると、対応するという意志の表明であり、大きく見れば、私リサーチをして文章を書くという考えであり、より大きく見れば専門家ではなく、異議文であっても、 十分な考察と洞察だけ存在すればそれなりに書かれても大丈夫文だと思ったからある。

最近、世界がそのようなことだ。世の中の変化の速度があまりにもに急速にイルダ見て、既存のものを学習して+新しいものを学ぶ。という一連の定石的なメカニズムが働くことができない。最近のメカニズムは、「従来のものの中で必要なものを学習して+新しいもののコントロール可能なものを学ぶ」という感じだと言える?あ、これについては、後で再グロー書く機会があったジョトゲトグン。ヨトン無知の領域には、完全に無知でナップおくほういっそよいほど、世の中の知識とコンテンツがあふれている。

しかし、逆説的にも、学者のようなこれらの知識とコンテンツは、その数が縮小した。知識とコンテンツの総量がパーク増えたためでもあるが、既存の分野の知識とコンテンツの「学位」の重要性が低下したためでもあるし、新しい分野には、「学位」が存在しないチェムンでもある。さらに、この「新しい分野」は、実際にどのような「分野」と決まっていないことすら多い。コンテンツと?ブランドと?いや実はコレ単語を書き留めておいてじっくり見ると、これが何を言っている!するほど曖昧である。しかし、定義下げるあいまいするだけで、それが何であるかは、みんな知っている。

(音まるで言語学を見ているようだ。私たちは皆、私たちがするのが何であるかを知っている、我々はすべてそれを説明することができがなく、何始発これどうなるんだ」としながら探求する学問…?)

なかなかそう、境界が曖昧で、その曖昧さが負のではなく、当然の現象である今、この世界では、「私は – の専門家ではないが」というコメントは、なんらかの必要なくなった。

もちろん専門家が必要としないでたらめでは絶対にない。なんか過去の非専門家 – 専門家の区分が、最近は、完全に興味のない非専門家 – 少し興味のある専門家で – 関心はかなり私がなって(勉強ちょっとした)軽く専門 – ある程度の専門家 – 専門家 – 神 – キンガトゼネラル様や抜ける。こんな感じだと言える?はい、 尺度が多様化したのだ。

なかなかこのような状況では私のような..うーん…..少し興味のある非専門家が使うさまざまな世間のものについての話もそれなり世界の知識とコンテンツを深めて豊かにのに助けにはならないかと思う。

まあ、急いで長かったので、私、最近「私は – の専門家ではないが」という言葉を使わない。

付言言うと、時々議論が強く出ることもある文等について私付ける言葉の一つであるが、そのコメントより効果が良いコメントは「ここで – の専門家でもない – に対して言うのねと言う世界遅れ分はないと思いする」というコメント。この文だけでも、検閲になって偽排気はあえて言葉をできず、実際の排気はありがたいことにコメントをつけてくださる。そんな本当の排気方の反応は私のセクションをし感泣してい!!!

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.