常に何かを形象化したかった。

ブランドかを深く見て、よりふとはアイデアを持って書いてください。

常に何かを形象化したかった。

その何かを形象化したがる熱望が私様々な道を導いた。

もちろん皮肉なことに、その形象化しようとする「何」は常に変わった。


最初は「本当の意味での教育」であった。だからこそ当時は、英語教育と国語教育に身を辞さ上げた。学部時代、5年生の頃に、英語専攻2個、国語専攻の4つの聞いた時代に、英語教授法の授業時間に頭をことごとく英語で回った直後に、10分後古典詩が授業を聞いたときの、その脳の混乱とは、まだ記憶する。それでもおかげでコードスイッチングがよくなる、頭がされたようだ。ヨトンこのような教育を追求し、塾仕事をするようになったが、まあ、思ったより塾日には、さまざまなメカニズムが存在した。本音を言うと純真なビジネスが存在した。結局ウォンミネラルウォーター=お金だった。もちろん、この言葉に否定したい気持ちはない。給料は土地パーサ出るのではないから。しかし、ほとんどの教育の仕事は、ビジネスに接続されることを知ることができたし、むしろおかげで私は考えている」正しい教育」に少しでも近づいて立つていた。 なろう」本当の意味の教育」をするには、ビジネスシステムと完全に結合させなければないかと思う。良い日であるほど良い代価があること。で

そして、その「正しい教育」に近づいて立ちながら、私の限界と私の不足を感じ、 今これは私がすることができのではないと知っ実現された。


その次は「思ったバー100%の損失なしに他人に伝達する方法」の熱望だった。これ行われた場合には、少しでも近づいたら誤解による悲しみは消えてしまいそうだった(当時の誤解が存在しない場合、戦争、悲しみ、不幸など、さまざまなマイナス要因が確認減るであろうと思う、世界を美しくだけ見る人だった)。

だからこそ、当時は言語学の修士課程に身を投げた。正確に言えば、心理言語学であり、認知科学の観点から眺める言語学であった。言語学であるが、定性的指標ではなく、定量的な指標を見いだし、言語直感ではなく、データを見つけるそのような観点であった。もちろん、既存のクラシックな言語学の基調である言語哲学、意味論、統語論(チョムスキー)、音韻論、音声学の両方面白かった、心理言語学をするとき素晴らしいアドバイザーの役割をこなした。ヨトン言語の層の上にについては、言語を眺める様々なviewを理解して小さく生実現され、思ったバー伝達しようとするときに考慮すべきいくつかのものについて知った。まだこの「知ったこと」を私の言語で正確に実装させモトハヌンゲ問題ではあるが…とにかく、溶体化されたべきか。習得したというか。 なんというか…言語は味があり、その味が何やらは説明できないが、その味がなぜ私は負けある程度言えるようになったしなければならだろうか。

さらに、認知科学の観点から眺める。ということのおかげで、統計について、だから「有意な差を見つけ出すこと」、それを「正しく分析して、正しく意味を抜き出すこと」について学ぶことができたし、知ることができた。 ほぼすべてのほとんどの社会現象の終わりは、有意な差があった。正しく分析ネトヌンガ。正しく意味を抜き出した。に続くことが分かった。おかげで私自身がもう少し深めることができた。世の中を眺める視点から「言語学」という眼鏡を小さくナマ得ただろうか。

そして「考えバー100%の損失なしに他人に伝達する方法」に近づいて立ちながら、私は私の思考の不足、経験上の不足を感じ、現実の障壁(勉強を続けながらアップをしながら生計を維持することは思ったより難しい。 )にぶつかりながら、 今これは私の終わりを見ることができのではないと知っ実現された。


そして、これは言語学を掘りドゥルドン中に起こったことだが、「完璧なデザイン」への熱望であった。これ行われたならば、人は何かを完全に認知こなすことができると考えており、その場合、これはまた、別の意味の「100%の損失なしに伝達すること」と思った。

ハードデザインについて食い込んは、直接編集デザインを少しでもやっているデザインのぴりっと、デザインの意味を少しでも知ることになった。当時のデザインに関する記事があれば、目に火をつけて読んで、様々な分野のデザイナーをフォローしながら、熱心に学んで出て行き、日曜日ごとにデザインスタジオに走って行き、鉄ヨンニムに熱心にいろいろなものを学んだ。せいぜい1年半ほどしたので、イラストレーターを扱うことを知るなったと、デザインの様々な分野に気づき区別することができようになった程度が全てだった。もちろん、もう少し虚勢を働かせ言えば、「 完璧なデザイン」とは存在せず、「目的に合ったデザイン」が存在するということを知ったべきか。

このように「完璧なデザイン」には本当に一歩動かしながら、私は "純粋な意味の訓練」の不足を感じました。(デザインを上手というのは、最終的には作業をどれだけしてみたか。どれだけ見たか。どのように鋭く考えてみたかの意味で開始するように見えた」)不足を感じ、 今これは私があえて言及することができない領域がというものを実現した。


その次は「人への理解」だった。より薄暗い本音を明らかにおくと、「私は人の行動。行動の理由。根拠。モチーフ。世界の流れ。トレンド。トレンドを触発させる者などに対して先取りし、理解を確実にするなら、人々は無条件「これ」するしかないんじゃない」という熱望だった。いくつかの言葉が長く文章が変たが、簡単に言えば「私は設計したとおりの人がこの製品/サービスを購入/利用しないだろうか」だった。

そのため、オンラインマーケティングを開始した。私の設計のように、人々がついてくれて、反応し、製品を購入までならあまりにもぴりっとするようだった。子供の頃からTVや遊び場ではなく、コンピュータと親しかっやだったので、色々なオンラインプラットフォームで「生きてきた経験」が大きな助けになった。見栄よりブリョソ言えば、私は一昨日見たの、今日のトレンドであり、私は良い押しカニ、今日のホットアイテムであり、私の心に入っていたところが、今日のホットプレイスであった。オンラインで過ごした時間だけ、私はオンラインそのものと非常に身近に過ごしていたのだった。ウェブの流れはいつも同じだった。もちろん恥ずかしい発言であり、虚勢いっぱい発言であり、世間知らずのような発言だ。しかし、私のアップについて堂々と自信を持って言えば、私は少し読むことが分かった。(もちろん右に半分。トゥルリンゲ半分だった。)

オンラインを構成するさまざまな世代と集団を認知し、彼らの行動を見て理解するのが大きな助けになった。影響力の大きい集団だけに言えば、「トレンドをしばらく前に行くトレンドセッターたち(これらはすでに周囲の環境が、チャンネル自体が「似たもの同士」であり、「見ることを知っている目のせいで、これらを楽しむこと自体がホット何である) 」があり、「そのトレンドを楽しむ一般ユーザーたち」があり、「トレンドとは無関係に、本人のものだけ追うGeekたち」があり、(皮肉なことに、彼らの文化がすぐにいくつかのトレンドになる。非常に頻繁にそうきた)、 「トレンドに関心なく本人のものも従わないが、周辺沿って移動これら」があり、「常に一歩遅れてトレンドを取るこれら」があった。簡単にこの程度の5集団程度が主に購入をし、オンラインマーケティングのターゲットらしいた。

そして、これらとは別に「アップを率いるリーダーたち」集団があり、「アップを導くこれら調べ、それら追うこれら」があり、「アップを導くこれら調べたと勘違いしてホトジトをしている、これらの「があった。最後集団軍は言い換えれば「サザエさんを気づかずに追うこれら」と言うだろう。この程度の人々が常にオンラインの市場を、アップの現場を実際に「変えた」程度で話言えるだろう。最後集団軍がどんな力があると変えかいたいのですが、実際に世界は賢明なこれらの賢明ではない、これらの相互作用に大きく変化する(正方向であれ否定的方向でも)。賢明なこれらのがあれば、ただ極度の発展のみ、または、極度の現状維持だけいただろうかである。そして、私はこのような極限の発展や極限の現状維持が健康とは思わない。さらに…普通はきちんと知っている人たちのスタミナよりも何も知らない人のスタミナが優れている。正しく知る者は、私は本当に何も知らない。しばらく目覚めたと思っている人々が99%だ。(これは自信を持って、自尊心とは別個である。宇宙を開いた者は、本人がどのような位置で何を見ていることを確認するまでは、むやみに行動をしていないようだ)

他の言葉長くなったが、ヨトン上部に述べた5集団がAと、その次に述べた三つの集団がBであれば、超え四壁のC集団が存在する。ところで私はこの人にうっすら嵌まる取れ、会ったことがなくてよく分からない。これらの人々は、オンラインでその存在もなく…この人は私にいつも間接経験だけだった。

なんかA集団が「購買力のある集団(ex。クパンなどに存在するもの。特価で出てきたもの。SNSバイラルされたものを購入)」であれば、B集団は「市場のメカニズムを変える集団(ex。インスタグラムのショッピング機能を触発させたこれらの。インフルオンソという概念を発足させたこれらの1人メディアの力をあらかじめ調べたこれらの)」であり、Cの集団は、まあ…「世界のメカニズムを変える、時にはパラダイム自体を変えてしまう集団」とすべきか?

ヨトンこれらの集団が存在することを知ることができるようになり、それらの流れを見ていていなんて今」どのようなコンテンツが受け入れられるか」がある程度見えた。もう少し誇張して、 ちょうど明日の流れについて少しベットすることができる程度とするか。そしてそれをもとに、設計を行うことができたというか。私は私が見たものを証明したくて、だから私は人のためにすぐに理解をしていることを知ってたくて、関連するコンテンツをすぐに作成降りた。

しかし、「人への理解」について近づくにつれて、コンテンツを作成して降りてするほど、私は不足を感じ限界を感じた。不足は私の不足」のデザインの実力」であり、さらに不足しているのは、「著作権」、「リファレンス」の書き移植の部材と、大変なことは、代理店らしく、クライアント社ふさわしくせず単一的ではない」要求」であった。顧客の心を捕らえ取ろうというのがではなく、代表の心を捕らえキャッチ。 B2Bの立場から後のBに属する事業主の心をとらえ取ろうというのがではなく、ただ粗く作られた高い数値との偏差が大きいグラフを介して前のBに属する代表の心をとらえジャプリョすること。理解できなかった。そして何よりも、そんな「君の気持ちに挙げ、顧客の心にも入って、人々がこれを見た瞬間膜社に行き、これ本代表も膜心地よく、これ見事業主も膜心地よく、膜ともにWin-Winしているようにビール一杯チャンチャンする良いコンテンツ」などは存在しなかった。存在はずがなかった。それぞれの目的が違う、集団の目的と行動の根拠は違う、単独でそのすべてを満足させようとしたら。私はいろいろ不足を感じ、 今これは私がこの場で行うことができないものとをわかった。


形象化したい、何かのおかげで、私はいつも発展し、改善され、絶望した。そして、いつもそう欠乏を感じもがいもがい動くれた 様々な場所での不在に直面することができ、さまざまな場所で堂々とした自分自身を見ることができ、さまざまな場所でしばらく不足して愚かな私を見ることができた。

実際には、私はいつも思っていた、「今の私はできないんだ」と思っていたものは、することができなかったのではなく、その時点での私が作った最高の、最高の結果だったよかと思う。目的を持って行動をとるし、その目的に合った結果を得ただけてたかと思う。 ができなかったではなく、その時、当時の経験線での「多たもの」だった。

思わず宝石を作ったものだった。

そのそれなりの様々な宝石が集まるされた。

私の大きな利点。高いランニングカーブ。このおかげで、それなりの宝石をある程度少しずつ削れことができるようになり、今ではこの集まった宝石を見ることができる心の余裕ができた。

この宝石を見ながら入る考えはただ一つだ。

これらをそう集め、私の総体を入れたいくつかの「何」を形象化したいとのこと。私共感できる、私は同意することができる、任意のことを認めて受け入れながら、私のすべての知識と知恵と愛情を注いで注いで、そのいくつかの「何」を作成して、いや設計したい。


そして、これは最終的には、私は合ってきた言葉で言うと、

「良い教育が行われる「 プラットフォーム」を作成したい。」

「考えが100%の損失なし渡される通信」手段」を発見したいです。」

「人の認知過程に完全に準拠している「デザイン」をしたいです。」

「人を完璧に近い理解して、それらの行動を「予測して設計」したいです。」

であり、

これらは、最終的に、最近の言葉では、 ブランディングであった。

最後に、私は、私は共感することに、私は同意すること私込めて 、そのいくつかの「何」を、つまり、どんな「製品やサービス」を形象化させたかったものであり、そのことが本当に完全に目的に合致した美しさと魅力をジニョトたらしたのだった。

10年バリバリ生きてきた結果、私が欲しかったのは、最終的に、 ブランディングであった。


Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.