従来の忘れなかった

以前に私は歴史オタクであった。高校時代、だからまだ社会探求領域を4つの試験ていた時代に

(そう昔ではないと思った今見ると昔勝ったようだ。10年前だから)

私は近現代史、世界史、国史をした。当時存在していた歴史の類の授業をすべては巨大だったからオタだった。このように三つを聞く友人を見て「お前まさか三思ドゥトニャ?(三つの歴史の授業を聞くでしょう?」ドラゴンた。

休み時間には友達同士が集まってよ(笑)1884年に起こったのか知っている?それ甲申政変じゃないの? ㅇㅇ迎え、10年後に甲午改革であり。甲申政変が3日天下それと、下位の間の性格。甲午改革が上から下に行った性格なんと。 1970年は何だったのが? 100億ドルを達成したしなければ。このように遊んだ。

冗談だけど、本当にそうだった。国史 – 近現代史をアオルので(当時近現代史をどの時期からノンかしたら、おそらく1884年甲申政変からは近現代史時期だ。とノンたようだ。高校のカリキュラムのレベルで論じリングサイドだったから確かなのはなくても、ある程度通用する用語だと思うもちろん東学農民運動があった1894年と言う人もいるが、まあとにかく「近現代」が開始された時期は、その頃だと思う。)


ヨトンそう話しながら、多くの歴史的事実の「年度」を覚えられた。年度を覚え、その意味を理解して覚え、それどのような影響を及ぼし、その歴史されるようにされたこと。国史、近現代史、世界史をそれなりだ接続させて理解しようとしたが、かなりの助けとなった。そう自ら連携して勉強ハンドクに今歴史的事実については、多くのことを思い出す。 (でも私は、韓国史の試験4級である。多くの知る、多くの知らない感じだ…)

4.19革命(1960)、5.18光州民主化運動(1980)と6.10民主抗争(1987)をたくさん勉強していたことを思い出す。特に光州民主化運動は、映画を通じて多く接したりしたし、いくつかの歴史的史料を通じて接したりして、より心の中にいるようだ。

個人的には、原因と結果を接続犯し、その影響と理由と意義などを接続して考えていることのように、歴史はこのような過程をはるかに明瞭にしてくれて良いようだ。加えて、個人の人生経験を通じて蓄積される傾向があるが、歴史はこの経験を本当に…その得られた結果に比べると非常に安く伝えてくれる。他の人が流した血を、私は文章一行得ていくのだから。


今日タクシー運転手を見て、私は忘れていたものについて思い出させるされた。

一人の人生は完全にその人の分け前か?

みんなそうだと思う。私そうだと思いし。

僕の人生は私の分け前である。私の勉強して、私の探求で私はお金を稼ぐために私の理由で、私は通信する。
誰も私の人生を取りまとめてくれず、私の体は、私は世話して、私のことは、私は世話する。

当然そうである。

ところで時々このような気がする。私は今、このタイプしているノートパソコンはどこから始まったのだろうか。そして、今、私の隣で私の好みの音楽を再生してくれているiPhoneはどこから始まったのだろうか。

もちろんこれは私のお金を与えてサンゲツ正しい。私の指先で始まったんだ。

ところで、このノートパソコンが一瞬にしてぴょんし現れたのか。 、iPhoneの技術力とデザインが一瞬にしてぴょんし現れたのか。

ではない。まあもちろん、このものはLGという会社が。アップルという会社が資本主義体制の中で作られた物品はあるが、このような形を整えるまでに、多くの人々の経験と考えと犠牲がついて出てきたのだ。

ノートパソコンが出てくる前にパーソナルコンピュータ、PCが出てきたものであり。それ作り出すために、誰かが船をゴムおり、研究に没頭したものである。 PCが出る前にアニアクが出てきたものであり、明確な前後関係はわからないが、とにかく映画「イミテーションゲーム」のアラン・チューリングのように、「新たに出てきた技術で、人間の生活(戦争)を比較検討しなければならする」状況もあっただろう。

私は今住んでいるこの生活の中で、完全な私のこの生活の中で私は味わうすべてのものだけのために出てきたわけでもなく私が作ったものでもない。私はすでに存在している技術や考えなどを適当な価値を支払って事実上「レンタル」しているだけ。(私が作っネンゲではなく、私は100%理解しているのがない場合は、お金を払って買っても、それ完全に自分のものだろうとは思わない。私の人生の期間中に貸与することであって)

そのレンタルも今の体制が資本主義であるため、「お金」を支払ってレンタルが可能なものである。この資本主義も、誰かの血と汗で行わジョトだろう。

そして私たちは、実際にこのような技術と資本のレンタルについてもよく知っている。そして、これらは私が苦労したもの(働いている)と比較して「交換」するにふさわしい?を取れてコストを計算して、購入の決定をして生きていく。


資本主義はグロハンデ、民主主義はどうだろうか。

時々私たちはしばしば忘れて生きる事実だが、「生まれた時からぴょん!誰かが私の生活の中で、F10キー押して環境設定に入って持って経済体制:資本主義。社会体制:民主主義に設定してくれて行ったヨン> _ <!その状態で開始したヨン笑これは当然ではないかヨン笑」と思っているのだ。

上記の列挙した内容のように、まるで資本主義のように、民主主義も、誰かの血と汗と考えと技術からなるものである。そして資本主義よりも長くなったの。資本主義は、財貨の爆発が起きつつ、だから「余剰財」が表示され、本格的に開始されたシステムだから。それに対して、民主主義は、より古くから開始された。誰もが知っているかのように、ギリシャで始まった(と私もそう知っている。)

このように、両方のシステムの両方の個人の生活のために現れたのではなく、個人の人生積み重ねであり、示されたものである。人類の知識と、すべてのものが積まれて現れた。人類の遺産。 レガシー(legacy)。

(私はこのlegacyという言葉が、そのどのようなものよりも、私は表現しようとするのをよく表現する語彙と思う。もちろん、私は韓国語と英語版のみ分かってそんなこともあるだろうが)

私たちの生活の中で、個人の生活の中で、この従来のを積み上げ進むべき+続きいくべき義務があると考えている。

再び私はこの生活の中で多くのことを「ありがたいことに」「著作権料なしで「多くのことを「レンタル」したまま生きているから。誰かの苦しみと試行錯誤で行われたこの建物。この電気この技術を私は「今の時代の第値」だけ経るば一生レンタルすることができるのだから。がどれだけ感謝したのか。


個人の人生は完全な個人のものであるが。だからお前の人生なんて勝手が合う言葉だが。

もう少し考えてみると、この従来のように多くのものの個人の生活を占有していると考えている。

すぐに思いつくものだけを列挙してみると

資本主義、民主主義のようなパラダイムたち。多くの古典的なたち。多くの人々に星になってくれている哲学 。生活を楽簡単にしてくれる科学技術 。世界の本質を理解するのに役立っている基礎科学 (先験的科学も含めて話をしているのだ)。人間が人間と生きていくときと考えて守るべき礼儀正しくマナーたち。安定した国家体制など?

事実国家というのはどのようなカテゴリに置かれたか、どのような視覚的に配置されたかによって変わるのそこ含ませるか年末たが、一度入れてみた。国家というのも一つの単一の項目として見れば、明らかに、従来のいずれかから。

上記のものを個人の生活の中でどれだけのパーセンテージを与えるのかは、個人の選択だろう。個人の領域を除いたすべてに合わせて1%だけ割り当ててもよい。しかし、0%になってはならないと考えている。

あんなレガシー領域のものを勉強して探求し、住めば本当に素晴らしい人生だが(私の基準であんなことを探求するのは本当に素敵だと思います。いずれにせよ、個人の生活に焦点をより割り当てることができますが、その限りではなく、住んでいる人だから)、これらすべてのあんなもの追っながら生きることができないということもよく知っている。


個人の生活は、本人の生活に集中しても大変な人が明らかにあり、その人が間違った人が絶対ではない。

事実 '正しく生きるすべてのこれら正しい」という命題の開始は、「正しく生きろ」というよりは、「すべての個人は正しい。」で始まったのだから。その人がどのような生活をサルドゥン、本人の立場では、正しい人だから。 「正しく生きろ」は、明らかに個人の領域じゃない、社会の領域、あるいは、従来の領域に属する。

しかしながら、すべての人々が「個人の生活」だけ生き始めると、その私たちが培ってきた、維持してきた従来の誰も気にしない起動すると、そのレガシーが徐々に熟し入り崩れ落ちて行く始める。

私たちが当たり前のようにしてきたが、お金を払って何を買う」という概念が、「私の意見が社会に反映される」という考えが。 「長者曰く私の蝶のか蝶が私であることを知らずに地> <!」という非常に考え見ごたえ考え、「謝罪は低下します。なぜなら、地球には、ゾラ重力重力重力んですよ!」という基礎科学に該当すると考えが、崩れて消えることになる。

これらが消え、私たちの生活は、もはや「個人の生活」を完全に生きて維持することができなくなるということは、明らか事実。それゆえ、私たちは、この従来のにいつも関心を与えなければならない。 すべての「人」であれば、1%でも割り当てしようということである。

私は今日、このタクシーの運転手」ギムサボク」を通じて、そのレガシーを守る人を見ることができた。ギムサボクさんには、個人の人生に重要だった。娘を育てなければならず、送ったワイプの最後の遺言を、また守らなければならないから。そこで彼は、人類に与えられた、従来のを守ることができなかった。それ0%であっないハヌンゴだった。 0.0001%であっアンヘトドンよう見せたなるか分からない。しかし、ギムサボク氏は光州を訪問したが、ただの考えの足でそのレガシーを守らなければならないことを改めて認識し、従来のために急いだ。 「お父さんがゲストを置いて来ました。お父さんがなければならないことがあり」を介して。おそらくそのレガシーの回復は「どのように人が…」という考えで始めたであろうと思う。

どのように人が

どのように人が理由もなく人を撮影することができてい

どのように人が病気の人を知っ助けることができてい

どのように人がそのようにお金だけ受け終わることができてい

どのように人がそのように嘘をつくことができませ

このような考えにすべてのレガシーから起きるたのがない。考えが先に表示され、それらが発現される過程で自然に、当然のことながら、従来のを経て、人類の遺産を守ろうが目的となるようだ。

当初から、従来のというもの。 人類の遺産って。人間が人間らしくなり積まれたものだから。人間なら人間が以来はずだと思ったらたまったものだから。人の人生の本質を探りながら積もったものだから。風変わりなものでもない。ただ人だから。

従来は揺れる瞬間を目撃した瞬間、それのために急いだ。

それ揺れてはならないものであることは本人も知っていたから。

いくら個人の人生の重要な人であっても、従来の重要性を知っていたから


私は途方もない愛国者でもなく、巨大な民主主義闘士でもなく、膨大な資本主義の信奉者、あるいは資本主義批判者でもない。特定の哲学を守護する離島ではなく、特定の領域でこれ無条件の権利。という人もない。

しかしながら、今日ギムサボクを介して、私は、従来のをとても忘れ買ったのはじゃなかったっけ気がする。

絹デモ。集会だけでなく、科学の発展に。思考の発展に。人々のコミュニケーション。よりよい世界のために、その何に。それらのために私は何もしていアンウンゲないかと思った。

私は、この従来のを非常に興味深いし、感謝申し上げ行を知らなかった。

私はこの従来の者で世に私の話を伝え、いざそれらの足を考えてみた。

私はこの従来の者のおかげで興味深い人生を追求して生きていくことができながら、それ敷かれた血の重さは考えてみた。

当面は私の個人的人生の領域が少なく、多くのレガシーを守ることはできないが。

常にこれら思いなければならない。


従来の最初の意味が死んだ人の遺産。第二の意味は、過去の遺産であるという点で。

私はこの最初の意味を「禁輸私の道」で二番目の意味を「史跡」のみと考えていたのはなかったか振り返って見ることになる。

従来の最初の意味は「その人が生きてきた道であり、その人の個人の生活の痕跡であり、彼は第二の意味のために行ってきた飼いならす」を言うものであり、従来のの第二の意味は、「そのように、私たちが守って守って引き続きいくべきもの」ということを、いつもドゥェセギョヤう。

ギムサボクが妻のレガシーを守り、本人のレガシーを守ったという点では、非常に素敵な人でなかった気がする。果たして私はそのよう偉大な人生を生きることができるか。

映画の最後のシーンでは、タクシーの乗客が「光化門であり」と言われたことを聞いて、ギムサボクとレガシーは切っても切り離せないなと思いもした。


私は、従来のために何をしているのか。

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.