性(性)平等とフェミニズムの短い考え

城の歴史において、暴力性と強制的に綴られた、あるいは権力こと男らしあるいは家父長的イデオロギーについて、その不当性を、私は認めている。また、私は、女性が社会構造や感情的、慣習的な理由不平等な処遇を受ける弊害の問題意識を持っている。そして、そのすべての機能障害が浄化されて差別と不衡平が消える社会が到来することを願う心も併せて持っている。

それにもかかわらず、私は自分のフェミニストと称したい躊躇している。いやむしろ「フェミニストではない」と主張する。私はフェミニストと称する人々の主張に対してわずかに異なる考えを持ったし、また、それらから見られる実践と行動に汚れの疑問を持っているからである。男女平等、性の解放を支持が、それよりも、私は一つの人間として主体的オブジェクトとして人間を倒すウォンたら良いという考えである。性的相違にかかわらず、平等の権利と自由を持った人間としての尊厳を確保すること、それが真のフェミニズムではないかと思う。

些細な話だが、このような私の理由は、20代に見てきたいくつかの人物群像に起因したところ小さくない。当時梨大、新村などの大学街にはフェミニスト口四部類の人をしばしば接することができた彼らは路上でのボトルビールを手に持って歩いて飲んだり、タバコを堂々と喫煙する抵抗的(?)な態度を見られたが、それは彼らのフェミニズムを露出端緒と思っていたようだ。たとえ低レベルの事例であるいえがまた彼らの主張に内在された理由であることが否定されないだろう。この時、私は果たして男性性に対抗することがフェミニズムかという考えを持つようになった。自然は私の理由の世界では、当面の現象として、性差別とジェンダーの問題も重要ですが、これを解決することができる基本的な解法の根底には、性的解放に優先して、人間の尊厳の問題ではないかという気がし形成された。

そのために一度相違について認めなければならない。男性と女性は違う。当然の命題だ。男性と女性は、生理的、生物学的に差がある。その後、男性と女性が変わらないことを明らかにしなければならない。また、男のような女性は、女性のような男性がいることも認めなければならない。流行の言葉で無知で力強い男が力にすることで、キツネのように明敏な女性がそれに合う仕事をするというのが間違ってはないじゃないか?一方で男性よりも活動的で励むのが好きな女性がいることができる。その後、彼には、それに合った仕事が与えられればされる。男は女性は彼の性向と体質に合わせて生きていけばなるのだ。そして、その選択において自由でなければすることがあり、その結果において公平なければならない。この調子なら私はなぜ男性と女性を区別するか分からない。利用されやすい別の二分法であり、陣営論理だけであってだろうか疑問に思う。

慎重に話の外縁を拡大してみると性少数者等速のマイノリティ問題も同じ延長線上で理解すれば容易である。男と女、異性と同性愛の両方の人間の問題で出発することである。私は考えが、あるいは生物学的背景が少し異なる、私のような一部の人の話だとだ。そして、その解決策は、合意と心配のある私は信じる。特に、これらの問題について社会的合意とが容易に行われるはずで、だからますます解法としての結果は、エージェントして見えても、人類史的に発展してき人権の歴史を信じる。周知のように、私たち一人一人が主体として起きているの歴史は発展する。

 

PS)出産による経歴断絶とそれによる再就職の問題

出産による人的資源のリークや空白が会社組織を経営する問題点として認識されるのは当然であると考えている。そしてこれは、女性の社会活動を足を引っ張る最大の要因として作用していることも周知の事実である。それにもかかわらず、先のとがった解決策を見つけるのは容易ではない部分もあるが、これは、比較的非経済的な側面が強調されている複合的な意味での出産(もちろん出産と行為が経済活動と分離という話ではない)という行為が利益の最大化を追求資本主義企業活動との衝突で生じた問題である。

解決策はここ社会的合意にあるようだ。何よりもこれによる差別と不平等な待遇を防ぐ制度としての社会的合意と先に述べたように、相互尊重を根幹とする個人間の配慮が重要な問題であるようだ。そのためには、個人の問題を社会的合意の問題で受け入れる認識の転換が必要だが、果たしてそのため、労働力の損失と認識している雇用者の態度が変わることができるかはまだ疑問である。

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.