実際には、敬語ということは私にデフォルト値である。

なぜそうなのか分からないが、韓国語(※ハングルありません。口語的な韓国た!)には、基本的にはタメ口と敬語が存在する。これより探してみると、ジョン空 – 親疎語システムとして、敬語 – 尊重語 – ピョンオ – ナトチュムマル。このように区分がされ…(簡単な参照:Wikiの https://goo.gl/jSDhgu )まあこちら論じるつもりはなく、一度楽に見て、通常タメ口or敬語である。

ところが、本当に不思議なことに韓国語はタメ口がデフォルト値である。私たちは、すべての言葉が丁寧でない言葉が基本であり、敬語は「特定の状況」の中だけで使う形である。いくら考えても本当に不思議である。実は、私たちは生きながら敬語を使うことが多いでしょうか?いろいろ見ても敬語がデフォルト値ではないかたい…

考えてみると、私たちの生の初期の韓国語環境がそれほど作用たようたいでもある。 (脳ピショルです)

親の意に沿って、大人に会うときのような「特定の状況」が発生すると、「敬語」を使うようになる。しかしながらここで保育園や学校を行って、「ピアグループ」を満たす場合に当然のことながら「タメ口」を使うようになる。黙ってみると、親のコントロールが存在するところでは、「敬語」を、自分自身がコントロールを開始するところでは、「タメ口」を使うようになる。

おそらく自分自身がやすい環境での書き込みに「タメ口」が自然にそれぞれの頭の中にデフォルト値に設定されてないかと思う。さらに、大人のような「特定の状況」より、「ピアグループ」と似合う時間が学生時代には、はるかに多いしね。

ヨハガンこうなってみんな「タメ口」が当然のことながら、デフォルト値である。これ成人になった後に、だから「ピアグループ」ではない、これらを満たすことが、より多くの時期にも「タメ口」をデフォルト値にしたまま生きていくことになる。だから当然、大学内でも同期の間では「タメ口」。新たに出会った後輩たちにも「タメ口」をすることになる。

まあ、実際にこれといった問題はないが、実際に問題があったりする。タメ口にピョンオもあり、ナトチュムマルもある。ですから、自然下「近い間」で発生するタメ口ではなく、「上司が目下」にすることから発生するタメ口もできるようになるだろう。こんな入り込んでいる見て、ぞんざいな言葉をするこれらの。特に自分より「年齢」が若い人々に、まるで「ボスが目下」にするため口が発動されてなんか、別名「ラメ質」が始まることになる。

これは本当ジューシー面白いのだ。口語で格式的にあり、非格式的なことがあるのに、非格式的にデフォルト値になってしまい、それが格式的でなければならない状況(aka「ピアグループ」を確実に残している二十歳以降の「社会」生活)ですら浸透入っ格式的でなければならこれらに(後輩でも何でも大人である。ㅇㅋ?)ビギョクシクジョクに接するなんて。これは何なのか。

これよりさらに会社でさえ適用されることもゾラ面白いのだ。上司が下の人にそろそろタメ口撮影。言葉になるか?道でも、店頭でも適用する。顧客がそろそろタメ口ハヌンゴ?職場の先輩や店頭先輩が後輩にそろそろタメ口ハヌンゴ?

誰定めボスであり、下の人か?

あんな状況では、ボス – >下の人に発生する「タメ口」が先行しなければならないよではなく、お互いに「遠い間」で発生する敬語が先行されるべきでするのが当然のことだ。当然ではないか?互いに遠くの間じゃなかったっけ?そうするうちに、より親しくなれば、やっと「近い間」で発生するタメ口(このような時は、お互いに年齢問わずタメ口をだろう。友達になったんだから。)をしたり、またはお互いを高めてくれる、目下 – >ボスで発生する「敬語」この出なければするのが当然のことだ。

(実際には韓国語では目下、ボスの概念が全く曖昧あいまいなのに一度超えていこう。私もこの概念は、真の気に入らない。)

これ言語が事故に影響を及ぼし」も「する。

私たちは、私たちも知らないうちに定めた「タメ口」のデフォルト値が。あれこれ適用され、あれこれラメになって、あれこれ余計な社会的コストを発生させるのがないかと思う。

私は、うーん…いや、ここまで文章書いてから「私は実際には敬語がデフォルト値ですハハッ」のがちょっと笑う長いのに、私は尊敬語がデフォルト値である。常にそうではなくて、20代半ばからそうなったようだ。おそらく対外活動の多くを開始するようになってから。だから私は、以前の後輩たちには初めての挨拶するときだけ敬語。人事以降いくつかの単語分けすぐタメ口をしたら、後半には目を覚ました場合、できるだけ敬語しようとした。しかし、これがまたみんなタメ口状況で自分の後輩たちに敬語ので何か異常よ。だから後半の後輩の皆さんとは、ほぼ会話をはなかった。しくしくタメ口vs敬語状況で話にならない出た。事実だ環境ㅈカ私の考えは間違っていない。し敬語ながら生きなければならが、その時はあまり勇敢できなかった。

なかなかそうするうちに、卒業後には確実に敬語をデフォルト値に生き始めた。初めて会った場合、無条件に尊敬語であり、多くの会っ親しくなれば、親して敬語だった。私はこれが本当に良かった。敬語をする愚かな言動も少なくなる。自然、敬語自体が格式を表にされているもの。

26歳? 27歳?後に会った人には、すべて~~~敬語をした。私は塾で出会う学生にさえ「〜なければならない。 〜しました?」無条件敬語だったから。真良かった。もちろんある程度親しみを表現するために、誰誰と呼び、よくアンチンた学生には誰誰学生の代わりに、「友よ〜これなきゃ〜」このように話をした。

うーん..なんか特にジプオソ話す大変だ、敬語で生きていく人生は本当に良いです。いくつかの無意識的な状況でも、敬語が飛び出す私本当に良いもして、そしてありがとうございます。大丈夫です。わかりました。このような良い言葉も思わずたくさんになるようで…

ヨトンそうだ。

敬語をデフォルト値として生きていく人生。悪くない。

Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.