春夏秋冬、そして春には、その永遠について

故ジョンテグァンさんの訃報に接し
彼の思い出で急いで文を書きます。
ご冥福を祈ります。


当時新村に行けば新村ブルース、春夏秋冬、そしてたち分極を満たすことができるという話が広がっていた時代だった。クリスタルデパート小劇場公演会場を中心に彼らの公演は後を絶たず、故キム・ヒョンシクのバックバンドだった春夏・秋・冬はギタリストキムジョンジンとドラマージョンテグァンを中心に新たにチームを設けた。

故ジョンテグァンは西江大学キーンインデックス出身だ。私の高校は道一つを挟んで西江と壁に直面していたので、私たちは、西江大学の00の高校付属大学と呼ぶほど親しくし、西江が繰り広げるデモは、私たちの短縮授業であり、彼らの祭りは、私たちの遊び場であった。 (もちろん、イデ祭りを好むものの)西江大祭りに欠かせないプログラムの一つがキーンインデックスの公演だった。大学歌謡祭やそのメディアから正常に名前を知らせる機会がなかったの大衆的にはよく知られていないが、キーンインデックスは航空隊のランウェイ、弘益大学のブラックテトラ、年代のライナス、建大のオクソンなどと一緒に、西江を代表するバンドであった。

春夏秋冬、あるいはジョンテグァンやキムジョンジンのフィルモグラフィーを一覧表示しようというのではない。ちょうど彼の善良な印象と出身学校の親密、そして彼の音楽の熱心と成果などにより、私には個人的な領域で非常に印象的であり、友好的なミュージシャンとして記憶している。何よりも私の妻は非常に好きなミュージシャンだからでもある。

恋愛期間が非常に短かった私たちに結婚する前の唯一の観覧したコンサートが世宗文化会館で行われたブラボーマイライフであり、最終的に彼を見件、発症する直前永登浦のハプジュシルであった。私は、芸能人のサインを受ける行為について理解することができないという態度を堅持していたにもかかわらず、妻のためにジョンテグァンのサインを受けて受けチョトオトと、妻はまだ非常に重要な書類と一緒に深く保管している。

高校を中退してイデ前のカフェを構えた友人がいた。店の名前はego(この。か。ああ)とし、梨大正から連帯陸橋の上下ってみると新村駅モトミチョ右地下にあった20坪余りのカフェだった。店名づけも深く関与していた私としては愛情が非常に多かった。何よりも、卒業を控えた大学4年生だったし、卒業後就職するまで私の余暇を責任を負ってくれた唯一の解放区だったからでもあった。

この店には、元の所有者から買収したLPが二百余枚あって、カフェの営業における音楽の重要性について完全に門外漢である所有者であり、友人に代わって絶えなくLPをプログラムは、仕事が私の主な任務であった。そんなわけで、ほとんどの時間は、CDを乗せたまま営業をしましたが、私はある場合には、主にLPをトゥルゲた。限られたLP量などの物理的な制限のためにリクエスト曲を受けることはできなかったでは、ちょうど私がねじれたい曲だけプログラムは、場合がほとんどであった。

この時、私は最も多くの枠組みた曲の一つが、春夏・秋・冬の「永遠について」である。事実この曲が私に与える特別な印象はなかった。特別なことのない曲の構造にチジルほどではないなぜか不平条歌詞、いくら早期といっても血気盛んな20代の青年にアピールすることがな曲ではなかった。さらに当時私は永遠を願うことも、そんな夢も見ない極めて現実的かつ合理的であり、実利的な青年だった。多分永遠については収録された4集アルバムが大衆的に大きく人気を引き付けない理由もあるかわからない。

永遠について

春夏秋冬

[歌を聴く]

夜遅く窓際に座って過去浮かび上がる
いつの間にか私アナタの道を残し

暗い夜道を過ぎなたウィンドウに書かれた
遠く浮かぶ思い出の星たち

暗い夜空の下君と二人きり
永遠を話しながらこの道を歩いて

時間は流れ流れて、永遠に向かって
愛は渦が止まらない法

その誰私の胸をタスイ撫で触れリオ
短いと甘い夢の中で見て君よ

時間が流れるも、忘れていた言わ真央
その言葉の中に、私たちの約束が飛んでいくかハオ

君よ寂しいも涙は流さ真央
涙の中懐かしさが洗い流さ行くハオ


とにかく春夏・秋・冬には距離の楽士、人々はすべて変わりてるみたいに、常に喜ぶ人、いくつかが夢、十年前の日記を取り出し、アウトサイダー、第十二十四等速の数々のヒット曲がありますが、私は永遠については、最初に浮上し、この歌には、梨大前地下カフェでうずくまっている一人の若者のイメージが投影されている。進学と就職の間で数回の就職プロクターに残念がっており、理想と現実の乖離を身にぶつかってケチゴた若者だ。

私たちは、多くの場合、いくつかの理由で永遠の話になる。まるで永遠のような時間に、永遠して欲しい愛や友情。このようなつまらない望みは多分永遠できない存在としての限界を超えてすい欲望の風かもしれない。しかし、一方で、永遠を望む人々にこのようなパラドックスはどうだろうかと思う。もし時間が永遠であれば、有限の存在としての私のすべての記憶と風は私のユハンハムが終わると同時に無限なるので永遠の地位を得ることなので、春夏・秋・冬の歌も故ジョンテグァンのドラムビートも私と一緒に、時代と永遠に無限になるというような想像した。

もう一度故人の冥福を願って、

この世で一緒にした故キム・ヒョンシク、故・ジェハとその場所でもまだ音楽と一緒にハシギル…


音楽はイメージだ。   音楽は、単に音だけでなく、ボール感覚の形のソースとして保存され、再生時に再そのボール感覚の形で記憶を召喚する。 私たちは、名前して、それを思い出と部 ルゴ、私に思い出は音楽をつければ活性化される画像ファイルとして保存されている。マガジン「その男の音楽喫茶店」では、音楽にまつわる極めて個人的なわずかな事情と思い出の画像を込めてみようと思う



Advertisements

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.